サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

四日市のコーヒー豆屋さん 珈琲豆ハッピーに行ってきました

      2016/05/08





どうもコーヒー大好きたけぼーです。本日は1号線沿いにある前から気になっていたコーヒー豆屋さん、「珈琲豆ハッピー」さんに行ってきましたので感想を書いてみたいと思います。

160205_コーヒー豆ハッピー_1

お店の外観は元コンビニを思わせる佇まいです。地酒屋さんも兼ねているようで、ちょっとカオスな雰囲気があります。個人的にこういうお店大好きです。

国道1号線に面していまして、ちょくちょく通るのですが前から気になっていたんです。なにせインパクトのある名前w インターネットを調べると珈琲豆ハッピーさんが作成したサイトに当たるのですが、あまり珈琲についての情報がなく、やはり自分で確認するしかないと今回決意した次第です。

さて、それではみなさんをご案内いたします。まずは店内に入ってすぐコーヒー豆のコーナーがありました。それ以外は全てお酒関連です。コーヒーとお酒、両方欲しいひとには持ってこいです☆ 写真の豆がこのお店のラインナップでした(お店の方に許可とって撮影いたしました。少し後ろ姿が写っているのが店員のお兄さんです)

160205_コーヒー豆ハッピー_2

160205_コーヒー豆ハッピー_3

写真に載っている謎の缶飲料が気になるのと、反対側のお酒コーナーとのコントラストがなんともカオスな感じでしたw(いい意味で)

店員さんにコーヒー豆の好みを伝えると色々と考えてくださりました。今回のオーダーは酸味が楽しめるコーヒー(抽象的すぎるw)というものでした。そして勧められたのがこちら。モカ・シダモ。華やかな香りが楽しめるそうです。

160205_コーヒー豆ハッピー_4

ちなみにこちらのお店では焙煎は直接やっていないのか、店員さんに豆の焙煎日を聞くと、5日程度前とのことでした。何日まで保管するかは聞いていませんが、焙煎直後じゃなきゃヤダというかたは注意が必要です。(とはいえ焙煎日に行けば直後のものが手に入るはず)

本日はこちらの豆を200gほど買い、1140円でした。金額としては普通かなぁと。きちんと真空パックにして渡してくれるのは嬉しいところでした。




豆を注文して色々物色している時に一番気になったのはこちら。

160205_コーヒー豆ハッピー_5

世界で最も高いコーヒーと言われる「コピ・ルアク」です。私が行ったことがあるお店で初めて見ました。インドのジャコウネコがコーヒー豆を食べて、そのう○ことして出てきた豆がこのコピ・ルアクです。(説明下手かw) なんせ生産量が少なく、貴重な豆として有名です。

味を店員さんに聞いてみたところ、「コーヒーが飲めないひとが飲めるコーヒーです」とのこと。

それっていいのかわるいのかw なんにせよこちらのお店で購入すれば試すことができるということが重要です。ちなみにお値段は40g 2500円。 わぉ。

私はコーヒー1杯あたり豆を12〜15g程度使うので、約3杯で2500円かぁ。1杯800円。。。まぁお店で飲むと1杯2500円くらい軽くしそうですし、そういう意味ではコスパ良いのかもしれません。

なんか話が買った豆ではない豆にそれてしまいました。誕生日にでも買って飲んでみたいと思います。ちなみに購入したモカ・シダモは、焙煎5日後とはいえ全然風味に問題なく、適度な苦味、舌に爽やかな酸味を感じてそのあとの鼻を抜けてすっと消える飲みやすいコーヒーでした。個人的にお勧めです☆

ということで本日はコピ・ルアクの話でした。うそですw 四日市の気になるコーヒ豆屋さん、珈琲豆ハッピーさんに行ったお話でした。



 - 三重のコーヒー豆屋さん