サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

亀山ラーメンがカップ麺になって登場していたので食べてみた件

      2016/05/08





どうも生粋の三重県人かつ元亀山市民のたけぼーです。そんな私が三重の有名買い物スポットのベルシティで「サッポロ一番 亀山ラーメン」なるものを見つけたので、ノンストップで購入、そしてどんなものかレポートしてみたいと思います。(サッポロ一番の亀山ラーメンって地名がカオスw)

ちなみに亀山ラーメンとは、

亀山商工会議所が提案するラーメンで、B級ラーメングランプリという大会でグランプリを受賞したこともあるラーメンだそうです。

定義としては、

  1. 亀山ラーメン会のオリジナルブレンド味噌を使用した牛骨ベースのスープであること
  2. 面に三重県産の小麦「ニシノカオリ」を使用していること
  3. 具材には三重県産のきのこ「はなびらたけ」「はたけしめじ」「ひらたけ」を使用していること

だそうです。長年亀山に住んでいましたが、こう言った活動がなされていることは知りませんでした。でも同郷のラーメンが出てればそりゃ買いますよという話です。

さて、購入したラーメンの外観はこんな感じです。

160220_亀山ラーメン1

三重とか亀山とか、マイナーな地名が激押しです。さらにおもて面の右上には亀山の中でもさらに田舎の関宿の写真なんかもついてます。関はもともと亀山市ではなかったのですが、合併で亀山市になったことで、タッグを組んでいる感がすごいですねw

さて、そんな亀山ラーメンの中身ですが、オーソドックスに乾麺、かやく、液体スープからなっており、アクセントにふりかけが追加されているようです。

160220_亀山ラーメン2

なんか蓋をよく見てみると、亀山にちなんだ豆知識みたいなのが書いてありました。個人的にこう言ったどうでもいいところに趣向を凝らすのは好きですね。

160220_亀山ラーメン3

ただこれを読みたいのはお湯を入れて待っている時なんですが、その時は蓋をしているので読めません。おもてに書くと商品名と合わさってごちゃごちゃするし、ジレンマですねw わざわざ別シートにして入れてしまうと、主張が強すぎてうざいですし、ゴミにもなりますしね。やはりここら辺が落とし所なんでしょうかw

そしてお湯を入れた調理後の写真がこちら。ふりかけはかけたんですが、その後さらっと混ぜてしまい、気づいた時にはふりかけの存在は消えてましたw

160220_亀山ラーメン4

正直チャーシューはイマイチです。あくまでおまけ程度に考えてもらえればと思います。で、本題の味なんですが。。。

うまい☆

牛骨を入れているということで、豚骨とは違う独特の匂いがあるのですが、それが他のラーメンと差別化できて、オリジナリティを出しています。簡潔に言うと肉の香りがする感じです。

そして、亀山といえば味噌押しなので、味噌味もあるんですが、牛骨との相性がいいみたいで、しっかりこってり味に仕上がってます。こってりうまい☆

面は中太縮れ麺で、コシが強めです。麺自体の味もしっかりしていて、全体的に強めの味付けですが、どれも負けずに主張してくる感じです。総合的に見て個人的にかなり好きな味でした。

この亀山ラーメンですが、アマゾンでも購入することができます。

アマゾン 亀山ラーメン

個人的に三重県民なら話のネタにでも試してみてはいかがかと思います。牛骨のラーメンって珍しいですし、美味しいですよ☆

本日は最後まで読んでいただきありがとうございました。

今後とも宜しくお願いします。



 - その他