サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

エルゴラピードリチウム(ZB3013)のバッテリー交換にチャレンジする話 〜その3〜

      2017/11/28

どうもこのシリーズもようやく本格化してきましたたけぼーです。一応以前の記事について参考のリンクを貼っておきます。 エルゴラピード・リチウム(ZB3013)のバッテリー交換にチャレンジする話  エルゴラピードリチウム(ZB3013)のバッテリー交換にチャレンジする話 〜その2〜 さてこれまでのあらすじは、エルゴラピードのバッテリーを交換すべく、掃除機の分解及び、リチウムイオン電池の購入までを済ませていました。

今回はついに半田ごてを使ってリチウムイオン電池の交換を進めていきます。

※こちらはあくまで私の体験談であり、同じことをしても安全が保障できるものではありません。各位自己責任のもと、メガネなど最低限の保護をしないといけません。というかやらないほうがいいです。

まずは掃除機を分解した状態の写真です。こちらの開け方は過去の記事を参照にいただければと思います。分解すると下の写真のようになります。 エルゴラピード・リチウム(ZB3013)のバッテリー交換にチャレンジする話  160313_1 分解すると中には電池、基盤、モーターなどが見えます。これらのものを取り出す順番としては、まず基盤中央部の爪部分を開いて基盤を外します。

その後モーターをゆっくりと上に外せば分解できます。 この時、基盤と本体オレンジ部分の充電端末に配線されていますので、勢いよく外そうとし無いように注意してください。

基盤の配線が外れる可能性があります。基盤を外した時の写真が下のようになります。外すといっても隙間ができるくらいと考えてもらったほうがいいかもしれません。 160313_2 さぁ分解はこの辺にして、電池のハンダ付け前準備を始めたいと思います。使用する機器はこんな感じです。 160313_5 半田ごて、はんだ、ハンダ用ペースト(ハンダの乗りを良くする助剤)、電池を固定するクランプ(地味にすごく役立つ)です。ここに載ってませんが、紙やすりも用意してます。

半田ごてとはんだは実家にあるものを使いました。100Wの結構強力な半田ごてです。クランプと紙やすりは100円均一で購入し、ペーストはホームセンターで250円程度でした。半田ごては普通半田ごて台があるのですが、なかったのでサバ缶に濡れティッシュを入れて代用しましたw

練習に家にある単三電池を準備しました。この単三電池の半田付けしたい場所を紙やすりでゴシゴシと削り(表面を荒らして半田が乗りやすくするためです。やりすぎ注意)、ペーストを綿棒で薄く塗ります。そして電源入れて5分程度おいた半田ごての先を電池に3秒ほどおき、素早くはんだをとかしてのせます。 160313_6 少しわかりにくいですが、こんな感じで端子の先にはんだがのります。これをやっておかないと後の半田付け作業が超絶技巧を要しますので重要な作業です。しかもこうやって使い古しの電池で練習することで本番の成功率が上昇します。

さぁいよいよ購入したリチウムイオン電池で挑戦です。実際はこんな感じで作業します。この時クランプを強く締めすぎると電池表面に傷がつき、ショートして火花が出るので注意してください(実は少し火花が出て焦りました。最悪発火、破裂につながりますので本当に注意してください。布とか挟むと安全に出来ると思います。) 160313_7 同じことを両面に施します。 160313_8 この辺は半田なれしてる人がみたら半笑いで下手くそと言われるレベルですが、実用性はなんとかありますので良しとしましょうw 全部の電池にやすりがけ→ペースト塗布→半田付けの手順を繰り返して以下の写真のようになります。 160313_9 一番右の電池がクランプ挟みすぎて火花がでたもので、絶縁テープ(ただの黒ビニールテープ)で傷を隠しています。本当に火花が出るとびっくりするので注意してください。

さぁこれで準備は完了です。と、本日は長くなりましたのでここまでにさせていただきます。また続きを書きますのでよろしければごらんください。 以上最後まで読んでいただきありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。

続きはこちら

エルゴラピードリチウム(ZB3013)のバッテリー交換にチャレンジする話 〜その4〜

 - その他