サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

無印良品の万年筆 アルミポケット万年筆を手に入れたのでレビューしてみます

      2018/01/08





どうも最近万年筆収集がはかどるたけぼーですw

先日とあるイオンの無印良品で改装前セールということで50%割引セールをやっていました。もちろん人気商品はほとんど売れていたのですが、文房具は割と在庫があり、物色してみました。すると、万年筆があったんです。無印良品が万年筆を出しているとは知らず、すぐさま手に取りましたw 価格は定価で1500円。これでも十分安いのですが、セールでなんと750円。これは買いだと思いまして、さっそく購入してみました。以下にレビューを書いてみたいと思います。

まず外観の写真はこんな感じです。

IMG_0267

キャップをした状態の大きさはかなり小さく、男の人の握りこぶしの横幅分くらいです。この小ささゆえにポケットにすんなり収まるところから命名されている気がします。

そしてキャップを開けたらこんな感じ。

IMG_0268

ペン先側の軸のお尻側にキャップを付けないと小さすぎて持てないかもしれません。キャップをお尻側につけたら下のような感じ。

IMG_0269




一般的なスリムタイプの万年筆と同等レベルの大きさになります。かなりスリムで、スタイリッシュに仕上がっています。

ペン先部分のアップは下のような感じ。

IMG_0273

ペン先には太さの「F」と、「IRIDIUM PONT」の刻印があります。1500円のペン先にしてはお洒落な感じに仕上がっていて、所有欲を満たしてくれますw

そして分解すると下のような感じ。

IMG_0271

最初に1本カートリッジが入っていました。カートリッジの予備は無印良品のネット販売で手にはいりますが、2本で100円と割高で、かつネットストアでは送料が800円近くかかるため現実的ではありません。なくなる前に近くの無印で取り寄せてもらって買うのをお勧めします。

また、こちらの万年筆自体はOHTOというメーカーのOEM品なので、そちらのカートリッジも使用できるかと思います。OHTOのカートリッジは一般的なヨーロッパ規格を採用しているとのことで、ペリカン等のカートリッジも使用できるようです。(私は試していないので、また買って試そうかと思います。) ちなみにOHTOのカートリッジは10本で200円なので、コストパフォーマンスは高いですね。AMAZONなどで取り扱いがあるので送料無料で手に入れられます。(プライム会員なら。。。プライムじゃないなら近くの文房具屋さんで取り寄せでしょうか)

さて、そんなカートリッジを取説に従い装着し、いざ試し書きです。

IMG_0272

ペン先はF(細字)ですが、外国製のペン先(ドイツのSchmidt製のようで、高級路線のペン先には名前が入っていますが、こちらはIRIDIUM POINTの表記のみ。でも柄が同じなのできっとSchmidt製。あ、シュミットと発音するみたいです。)なので、Fでもかなり太い印象です。PILOTのCOCOONのF対比でやはり太いです。

でも太いおかげかかなりサラサラ書けます。インクのフローもよく、ペン先つけて悩み事したら大変なことになりそうなくらい潤沢です。私が使用しているLIFEノートでは裏写りしませんが、一般的なルーズリーフや、コピー用紙だと裏にくっきり文字が浮かび上がりそうですのでご注意ください。

こちらの万年筆。鞄なんかにこっそり忍ばせておくと、急にメモなどが必要になった際などに便利です。むしろ小さすぎて入れてることを忘れるレベルかもしれません。RHODIAのA8サイズメモなんかと合わせて持つとお洒落感が倍増しそうです。私のような外見から入るミーハーにはたまらない一品ですし、書き味もこの価格にして素晴らしいレベルなんじゃないかと思います。

みなさんもサブペンとして1本持ってみてはいかがでしょうか。あるいは友人への些細なプレゼントなどにもいいかもしれません。仕事の打ち合わせなんかでRHODIAのメモとこの万年筆でメモとってたらできるやつ感が結構出るんじゃないかと思います。(仕事で万年筆使う人ってめったに見ないので新鮮でしょうし)


以上新たに無印良品の「アルミポケット万年筆」のレビューでした。最後まで読んでいただいてありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。




 - 文房具