サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

Amazonプライム会員にお得になるためにいろいろと考えてみた件

   




どうもAmazonプライムが気になって仕方ないたけぼーです。どうも私が契約しているdTVという動画視聴アプリの代替ができそうで、かつ安く、さらにいろんな付帯サービスもついてきそうということが判明したためです。

まずはアマゾンプライムとは何ぞやを説明する必要があるでしょう。なのでAmazon大本営の説明分を拝借します。

Amazonプライムは、3,900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、さまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。

だそうです。

これまでアマゾンは様々なアイテムを「送料無料」で送ってくれていたのですが、ここ最近では無料をやめて一部送料をとるようになってしまったんです。。。悲しい。。。

でも、Amazonプライム会員になればそれを回避することができ、さらに様々な特典を付けてくれるっていうじゃありませんか。これはもう鼻息荒く調べてみるしかないわけですよ。そしてここでもAmazon大本営の説明より抜粋し、どんなサービスがあるか確認してみます。サービスは10個あるのですが、特に気になったものだけ記載します。

  • 無料の配送特典Amazonプライム会員は、対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料でご利用いただけます。詳細は、お急ぎ便についてお届け日時指定便についてをご覧ください。
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になります。詳細は、特別取扱商品についてをご覧ください。
  • プライム会員先行タイムセールタイムセールの商品を、通常より30分早く注文できます。詳細は、プライム会員先行タイムセールについてをご覧ください。
  • プライム・ビデオ映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。日本国内のお客様のみが対象です。詳細は、プライム・ビデオについてをご覧ください。
  • Prime Music追加料金なく、100万曲以上の楽曲やアルバム、プレイリストを広告の表示なしで、楽しむことができるサービスです。詳細は、Prime Musicについてをご覧ください。
  • プライム・フォトAmazon Cloud Driveに写真を容量無制限で保存いただけます。詳細は、プライム・フォトについてをご覧ください。
  • Kindleオーナーライブラリーの利用

この中でもことさらたけぼー的注目は「Amazonプライム・ビデオ」です。

映画やTV、アニメなど様々なジャンルのものが無料で視聴できます。有料のものもあるので、そこから無料のものを選ぶのが少し面倒ですが、ざっと見た感じ結構よさげなラインナップでした。特に子供向け特撮や、アニメが充実して、無料なところがいいですね。

こういったサービスの使いどころって、子供と遠出するときの車中や、子供が暇を持て余して駄々をこねだした時かなと思うわけです。そういった使い方なので完璧なラインナップは不要で、無料でいくつかの中から選べるくらいでちょうどいいんです。本気で見たいならfuluとかabemaTVとか本気視聴アプリにすればいいわけです。ながら使いで、安く使うならAmazonプライムはとってもいいと思います。

さぁそんないいとこばかりのプライム会員ですが、一つ難点があります。そう、年会費がかかるんです。。。まぁこんだけいろいろやらせてくれて3900円は良心的と言えるかもしれませんが、どうせなら安く使いたいですよね。ということで安くする方法をいろいろ調べてみましたので書いてみたいと思います。(前置きが長くてすみません)


 




Amazonプライムにお得に加入するための方法とは、ずばり「Amazonゴールドカード(クレジットカード)を作成する」です。カードの年会費は10800円です。(カードカッコいいw)

はい、ここで結局お金払ってんじゃん!と思って諦めそうになった方、少しお待ちください。まだこの先があるんです。

この年会費ですが、初年度から半額近く減額することが可能です。クレジットカードのサービスの一つである「リボルビング支払いを設定する」というものです。リボルビング払いとは、月額の支払いを一定にすることができるというものです。例えば1か月の支払いを1万円に設定し、3万円の買い物をすると、3か月かけて返していくというイメージです。直近でお金がない人がどうしてもほしいものを買うときに使うようなものです。

実際にはものすごい手数料がかかるので全くお勧めできません。が、リボルビング払いを普通の一括支払いのように使用する方法があり、それをするならお勧めできます。リボルビング支払いの限度額を上げるというものです。リボルビング払いは、月に払うと決めた額を超えたら次に持ち越しというルールなので、持ち越さないくらいの額を設定すれば結局一括支払いと変わりありません。例えばリボルビングの限度額を20万円に設定すれば、20万円以下の支払いなら一括で支払うことになります。この手間が少しかかりますが、これで年会費5000円引きです。

リボルビング支払いの内容理解と、実際の作業に1時間かかったとして、5000円の値引きが得られるなら時給5000円と思ってください。ほら、やる気が少しでたでしょうw

さらに、WEB明細支払いという設定にすればさらに月額1000円引いてくれます。なので2年目からは年会費4000円ということですね。

今の状況をまとめましょう

・初年度はリボルビング支払い設定にして年会費5000円

・2年目以降はさらにWEB明細にして1000円引きの年会費4000円

という感じです。

さあここでまた少し話をもどして、Amazonプライム会員になる場合を考えると、年会費3900円ですが、そのプライム会員の権利がついたゴールドカードの契約で年間5000円の支払いです。ゴールドカード作るほうがまだ1100円程度高いですね。

そこで最後の殺し文句、契約時のポイント還元です。Amazonゴールドカードを契約すると、Amazonから3000ポイントのAmazonポイントを付与されるのです。現金でないところが少し惜しいですが、これも利益のうちなので、そちらを5000円から引くと、年会費実質2000円です。

amazon

ふぅ、やっとここまで来れました。以上の方法を使えば初年度年会費2000円でAmazonプライム会員になることができ、ただプライム会員になるより約2000円分お得に契約できることになります。これだけやって2000円かぁと思うかもしれませんが、なんせこれはゴールドカードなんです。海外旅行の保険や、空港ラウンジ使用などのサービスもついてきます。このあたりの+αをさらに教授できるかたならいい話だと思います。また、AmazonゴールドカードをAmazonの支払いに使うと、通常のポイントの2倍のポイントが付きます。

例えば年に5万円の買い物をAmazonでした場合、通常だと1%で500円の還元になります。でもAmazonゴールドカードなら倍の2%で1000円の還元が得られます。500円ほど得をする計算です。これも年会費に充てれば2年目以降は年会費実質3500円くらい(Amazonでどれだけ買い物するかによって変動する)になります。Amazonをかなり使う方であれば結構な値引きができるかもしれません。

という感じでいろいろ考えた結果、結構いい話だし、Amazonゴールドカード、契約してみようかと本気で考えているわけです。最初Amazonプライム会員になるという話からいつの間にかAmazonゴールドカード会員になるという話にそれましたが、結果は同じです。

ゴールドカードの年会費でAmazonプライム会員になれて、ゴールドカードの付帯サービスも受けられる。さらに使えば使うほどゴールドカードの年会費が下がり、安くAmazonプライム会員になっているも同然。といういいスパイラルが発生します。これはもう、行くしかないでしょうw

私もこれから契約しようと思いますので、また契約で気づいたことや、実際に使ってみてのレビューをしてみたいと思います。一応言っておきますが、こちらの記事はAmazonさんから何かもらえるわけでもなく、私の身内がAmazon関係者というわけでもない、完全に個人的にいいと思った話です。(でも広告みたいになってるのでもはや広告ですw)

また続きも書いてみようと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。



 - オススメモノ