サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾といえばGIANT、台湾でGIANTの自転車を安く買うという話 〜その2〜

      2017/07/03





どうも台湾で自転車を買いたいと思っているたけぼーです。自転車をみに行った件については先日記事にしました。そして早速ですが写真をご覧ください。ついにやりました。自転車を買いました☆

170115_自転車購入

写真はGIANTのTCR Advanced2というモデルです。先日記事にした際にはTCR SLR2というモデルを見ていましたが、TCR SLR2はアルミフレームなんです。そしてTCR Advanced2はフルカーボンフレームという違いがあります。(ギアなどコンポーネントと言われる部品類は同じ)

まだ初心者の私にアルミとカーボンの違いはわからないかもしれませんが、色々ネットを調べるといずれカーボンにしたくなるというものをよく見ました。また、コンポーネント(ギアとかブレーキとか)は簡単に変えられるけど、フレームをフルカーボン製に変えるとなるとそれだけで10万を超えたりすると。。。ならばフレームは最初からいいものにしていた方が、、という貧乏症からグレードをあげることにしました。




ちなみにTCR SLR2はお値段約35000元。(1元 3.5円換算で約12万3千円) そしてTCR Advanced2は元値が49800元(1元3,5円換算で174300円)で、値引きは15%にしてくれました。なので42330元(1元3.5円換算で148155円)になります。

TCR SLR2との値段差は2万円強といったところです。

正直初心者にこの2万の投資は必要だろうかと悶々と悩みましたが、最後は現物の色を見てやはりTCR Advanced2にすることにしました。見た目は大事です。

あと、もしかしたらお気付きの方もいるかもしれませんが、なぜかTCR SLR2は2016年モデルなのに対して、TCR Advanced2は2017年モデルを売ってもらうことができました。お店の商品の力の入れかたなのか、新しいモデルを売った実績が欲しかったのかわかりませんが、ありがたい話です。

TCR Advanced2は2016年モデルだとテカテカで明るい青色なんですが、2017年モデルはつや消しで落ち着いた青色になってます。このつや消しってのがものすごくカッコイイんですよね。

2016年モデル

170115_自転車2016年モデル

2017年モデル

170115_自転車2017年モデル_青

と、個人的に思っているのですが、お店の人曰く「客の90%以上は黒を選んでいくよ。たけぼーのサイズ(MLサイズ)でこの色はまだ台湾で3台しか出てないぜ☆」という褒め言葉なのかセンスを疑われているのかわからないコメントもいただきましたw

2017年モデルの黒色バージョン

170115_自転車2017年モデル

確かにかっこいいんですよ。黒。でも同じ人がいっぱいいるよりも、特別な色で周りと被らない方がいいですもんね(涙目w)

ということでついに私の愛車が決まり、いざ購入することに。コンビニのATMで現金を山ほどおろして、(台湾のATMは1回で2万元までしか下ろせないので、3回もお金を下ろす羽目にw)いざGIANTショップへ。




購入が決まった後は、股下の測定や、細かなオーダーの確認をします。特に日本で自転車のブレーキは、右側が前で、左側が後ろなんですが、台湾はその逆です。なので、オーダーの際にブレーキを逆にしてくれという事を忘れないようにした方がいいです。(逆でも問題ないかもしれませんが、意外に違和感があるので慣れるまで危ないかもです)

そしてお金を払い、納車まで三日ほど待ちます。この待ち時間がすごく楽しくもあり、もどかしくもあるんですね。納車が待ちきれずGIANTショップに行って進捗確認して苦笑いされるほど楽しみにしてました。

そしてついに納車です。(最初の写真も納車時の写真です☆)

170115_自転車購入_2

いやー、これから長くお世話になる予定なので大切にしていこうと思います☆ 今回自転車購入に際して気づいた事、良かった事につてまとめてみますと、

いい点
・為替の影響もあるが、台湾で自転車を買うと日本より安く買える(台湾メーカーだけだが)
・GIANTのショップは台湾のいたるところにあるので在庫確認や、現物確認が容易
・細かなオーダーにも対応してくれるし、値引きも交渉次第で対応してくれる

気づいた点
・日本語が通じないので、英語か中国語を自分で話すか、話せる人がいると心強い(私は中学英語くらいでなんとか乗り切りましたがw)
・ブレーキは日本と違い左右と前後の対応が逆なので購入時に日本と同じにしてと言うとよい
・為替の影響があるので常に安いわけではない。台湾ドルで支払う場合両替手数料が必要だったり、クレジットカードで買うにも為替手数料が必要な場合があるのでそこは注意が必要
(現金の両替は台湾の空港で両替が圧倒的に安くておすすめです)

というところでしょうか。
引き続き自転車に関する記事は書いていこうと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

次の記事はコチラ
前の記事はコチラ
シフトワイヤーが切れてしまった話はコチラ




 - 台湾オススメ, 自転車