サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

ブログの記事作成効率を上げるために今更ながら「かな入力」を練習し始める件

      2017/02/05





どうも遅筆ながら少しずつブログ記事を書いていますたけぼーです。こちらのブログは2017年2月時点で記事数22の弱小ブログな訳ですが、今後も長く続けていこうとする時にふと考えたことがありました。

今後100記事、200記事、500記事、1000記事と書いていく時に、1記事あたりの入力時間を短くすることができれば、同じ時間でたくさんの記事が書けるのではないかと。

当然ブログに書くネタがあっての話なのですが、もしもたくさん書くことがあるのに、書くのに時間がかかるからなかなか気乗りしないとなった場合にもったいないですよね。今後書きたいことがたくさん出ても困らないように生産性を向上させておくのは重要かとふと思ったわけです。

私の場合だいたい1記事あたりに1000〜2000字を書きます。内容にもよりますが、なんやかんや1記事スムーズに書いて1時間(60分)くらいかかるわけです。この1記事あたりの時間を1割でも2割でも短くすることができれば、記事の内容確認に当てる時間が増えたり、より魅力的なレイアウトに変更したりすることができると考えました。

具体的に計算しますと、1割はやく書くことができれば、1記事54分です。100記事なら5400分。600分(10時間!!)の節約です。これが1000記事になったら6000分(100時間、約4日)の節約です。2割の生産性向上ならさらに倍!




当然こんなに計算通りに時間ができるわけではないでしょうし、できた時間が有効に使えるとも限りません。しかし、1記事を書く時間が減ることで、気軽に執筆できるという心理的メリットも付属してくると思うので、ちょっと真剣に考えてみようと思いました。

ではどうやって生産性を向上させるか。

170201_キーボード

ブログはパソコンで書きますよね(スマホで書く方はすみません。。。)。入力は当然キーボードを使いますよね。そして多くの方はローマ字入力ですよね。そう、これをかな入力にすることで高速化を図ろうというわけです。今書いている記事も当然ローマ字入力で書いています。

ローマ字入力をかな入力にするだけで、打つ文字数が減ります。それが記事作成スピードの向上につながるわけです。当然今のローマ字入力のブラインドタッチをさらに極めるという方法でも生産性の向上はできるかと思います。しかし、劇的な向上を目指すのであれば、思い切って入力方法を変更してみた方がいいと考えました。




正直1からの練習なので時間はかかるかと思いますがここで練習方法や、上達度合いを記録として残すことで、一般人がかな入力でブログが書けるまでにどれくらい要するのかを書いていこうと思います。(ということでこの件はシリーズ化決定ですw)

目標は「同じ文書をローマ字入力とかな入力で入力して、1割以上かな入力のほうがはやくなる」と設定します。それまでどうか皆さん私の七転八倒をニヤニヤしながら眺めて頂ければと思います。

あと個人的に、かな入力を使う人って周りにいないと思いますので、かな入力を使えるってことが一種のステータスみたいになればいいなと思います(目立ちたがりなのでw)。

とりあえず今日から適当にフリーのタイピングソフトを探して、初めてタイピングを練習する時を思い出しながら奮闘したいと思います。

今日は宣言だけの記事になってしまい申し訳有りませんが、志を同じくする方がもしいらっしゃいましたら一緒にコメント蘭で研鑽しましょう☆

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。

以下シリーズのリンクです
ブログの記事作成効率を上げるために今更ながら「かな入力」を練習し始める件 〜タイピングソフト導入〜
ブログの記事作成効率を上げるために今更ながら「かな入力」を練習し始める件 〜練習3日目〜




 - かな入力