サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

アクションカメラ SJCAM製 SJ6 LEGEND を購入してみた件

      2017/07/03





どうも最近物欲が止まらないたけぼーです。自転車を買うと(過去記事1過去記事2)健康増進してやる気がみなぎるせいで物欲もみなぎりますw

そんな私が自転車につけるためにアクションカメラなるものを買ってみましたのでレビューしようと思います。アクションカメラといえば有名なのはGoProですね。

アクションカメラ界の王者で、画質やサイズ感、防水機能など最高性能です。故にお値段も王者ですw




私の自転車につけるにはもったいないスペックなので(価格が一番の問題なのは秘密w)、安めのアクションカメラを探していました。そうするとどうやら中国製のカメラが安めでそこそこ性能が良く、コストパフォーマンスに優れているということでした。

ということで色々悩んだ結果、、、

こいつをサクッと買ってきました。SJCAM製 SJ6 LEGENDです。名前が中2っぽいですw 自分でLEGEND(伝説)とか言っちゃうあたりwww

お値段は台湾で購入したのですが、4600元でした(1元3.7円換算で17020円。結構高いw)。台湾あるある何ですが、表示される数字が日本より小さいので、なんか安く感じてしまうんですよね。でもレートで計算すると案外高いんですw

まあ日本のアマゾンで同じものを買おうとするのとそれほど変わらないので買ってしまいましたw

物欲怖い。。。




で、どんなものかと言いますと、4K画質の動画が撮れます(ただし24fpsで少しカクカク)!わお。そして1080pというフルHD画質だと60fpsというかなりなめらか画質が撮れます!!

どういうことかというと、4K画質の場合静止画にした際の解像度はめちゃくちゃ綺麗なんです。ただし1秒間に24枚の映像しか撮れないので、なめらかさは少し不得意です。1080pだと静止画の画像は4Kに劣りますが、1秒間に60枚の映像が取れるので、ぬるぬる動く映像が撮れます。(ユーチューブのアクションカメラの画像はだいたいフルHDの60fpsか30fpsですね。)

で、そのスペックがどのくらいのもので、SJ6がどんなものかを簡単に説明すると、「GoProとほとんど同じカタログ性能で、価格は3分の1」というところでしょうか。まぁスペック上は似ていますが、センサーなどの違いでGoProの方が明るく綺麗に撮れたりします、、、でも私が自転車につけてダラダラ撮影するぶんには十分なスペックです。

嬉しいことに自転車につけるためのアクセサリなんかも最初からついていますので、買ったらすぐに自転車につけることができます。さらには防水ケース付きなんです。台湾の海に行く時に是非使ってみてレビューしてみようと思います。




早速ですがSJ6 LEGENDを少し使ってみました。自転車に直接つけて走ってみると下のような動画が撮れます。(音が出るのでご注意ください。あとmacのQuickTime Playerなので再生できない方がいるかもしれません。私が技術を習得していろんなフォーマットで貼付できるようになったら汎用性が高いもので貼ります。すみません。。。あと、動画の重さは55.6MBです。スマホで見る方はデータ通信量にご注意ください。)

ちなみに私は1080pの60fpsで撮影していますが結構ブレもなく綺麗に撮れました。個人的にはドライブレコーダーをかなり綺麗にした感じでしょうかw(例えがしょぼくてすみません。。。)逆光でも結構綺麗に撮れている気がしますね。

もうこんなただ走るだけの動画が撮れるだけでもかなりウキウキもので、テンション上がりました。今後はいろんな景色の場所を走って編集して楽しもうと思います。趣味がまた一つ増えたようでたまりません。

他にもこのカメラはスマホから操ることもできます。カメラの画面をスマホに移して見ることもできて、遠隔操作で録画開始することもできるので、色々な用途に使えそうですね。良いか悪いかは置いておいてw

しかもこのカメラ、GoProと大きさが合わせてあるということで、GoProでたくさん出ている付属品がそのまま使えてしまいます(もちろん完全に問題ないかの保証はありませんが。。。)。アクセサリが豊富なのは色々拡張する予定がある方には良いことですね。




さてこんなに良いおもちゃな訳ですが、欠点もありましたのでそちらについてもきちんと書いておこうと思います。

欠点1

内蔵バッテリーの連続撮影時間は約70分!!

これは私が想定しているより短かったですね〜。調べればわかったことなんですが、勝手に3時間くらい行けると思ってました。。。でもGoProでも撮れて90分とかみたいなので価格相応ですね。70分だと自転車で遠出すると全然たりません。そう言った長時間撮影の用途の場合はモバイルバッテリーに繋げることで対応できます。なので長時間撮影する場合バッテリーはモバイルに頼るのが良さそうです。

電池外してモバイルバッテリーだけ接続しても使えますから、使用中高温になって内蔵バッテリーを劣化させる心配もありません。内蔵バッテリーはここぞという時にとっておいて、通常運用時はモバイルバッテリーにするのが良さそうです。

ちなみにモバイルバッテリーで動かすことについては別の記事で書いて見ましたのでよろしければご参照ください。

欠点2

防水ケースをつけると音声は取れない!

これは自転車で突然の雨に対応するためにできれば防水ケースに入れておきたかったんですが、音声が取れないことが判明しました。音声がないとつまらないですからね。。。まぁ自転車との接続は三脚用のネジで固定しているだけなので、雨が降ってきたらすぐに外すという対応予定でむき出しのまま使ってますw

GoProは単体でも生活防水くらいの性能があるので、さすがに価格相応ですね。。。




欠点3

4K画質を取ろうとするとメモリ容量を結構食う。

これは別にこのカメラが悪いわけじゃないんですが、事前に調べていなかった私としては盲点だったんです。。。(どんだけ事前調査なしで買ってんだって話ですがwww) 4K動画だと一瞬で16GBとかいってしまいます。ちなみにフルHDの60fpsは約18分で4.3GBあります。。。なので私は4K対応の64GのmicroSDを使用していまして、こいつが4000円くらいで結構高かったんですよね。。。

という事前調査すればわかったことばかりで恐縮ですが、以上が弱点かと思います。でも総合的に17000円くらいで結構遊べるカメラが手に入ったので満足です☆GoPro1台かうならこいつら3台買っていろんな方向から取ると幸せになれるかもしれませんね☆

以上本日は最近買ったアクションかめらについてのレビューでした。本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。



 - オススメモノ, 台湾オススメ, 自転車