サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾で自転車のケーブルが切れてGIANTで直してもらった件 〜その2〜

   





どうもケーブルが切れたことについて、新たな話がありますので書いてみようと思います。

先日私の自転車のシフトワイヤーが切れてしまったことについて、記事にしました。

その話をまとめると、自転車を購入してちょうど半年くらい経った時に、リアのギアチェンジがおかしくなりました。シフトをアップしようがダウンしようがいまいち動きが悪く、ギアが一気に2枚変わったり、全く変わらなかったりという感じでした。

そして調整が悪いのかなと思って家でアジャストボルトをイジイジしてたら、ぱつーんとワイヤーが切れたのでした。。。初めてのことだったのでディレイラーが壊れたのかと驚きました。ちなみにそのときの写真はこんな感じです。

そして私はGIANTに修理に出して、2日かかって300元で直してもらったのでした。安くてラッキーと思いました。





そして今日の話ですが、私の同僚の自転車の話になります。私の2週間ほど後に自転車を購入したのですが、同じようなタイミングでギアチェンジがうまくいかなくなったとのこと。その一言で私は強くGIANTに行ってみてもらうことをオススメしました。

次の日、自転車をもってGIANTにいき、状況を説明します。私がやったようにGIANTの店員のお兄さんがアジャストボルトを調整してみます。すると、どうやらワイヤーが切れているということがわかりました。私と同じですね。。。てか同じタイミングで購入して同じタイミングでワイヤーが切れるなんて、ある意味品質のばらつきの少なさに驚きますw

そしてGIANTのお兄さんが、「ワイヤー切れてるし、修理するから1時間後に取りに来て。」とのこと。

あれ?私の時は同じくらいの時間に持って行って、明日休みだし、次の営業日までに直しておくからって感じだったのに、、、 まぁ今日はお客さんも少なそうだし、そういうこともあるのかな。という感じで一旦店を出ました。

〜1時間後〜

ご飯を食べてお店に戻り、その修理の結果を確認します。まぁ私と同じようにワイヤーを交換して、リアディレイラーの調整をやったとのことです。1時間で対応してもらえて羨ましいなーと思っていました。

でも、事件はその後起こります。





以下セリフ形式でお届けします。

同僚「いやー治ってよかったです。修理代はおいくらですか?」

GIANTお兄さん「あぁ、お金はいらないよ」

私「!?」

同僚「!?え?なんで?」

GIANTお兄さん「なんかワイヤーの取り付けが悪かったかもしれないし、まだ買ってそんなに経ってないしね」

私「(いや、俺も一緒!!という心の声。ただ、中国語で話せない。。。)」

同僚「え?いいの?そっかー、ありがとう」

GIANTお兄さん「いいよ。またきてね」

ですってw

いやいや、ちょっと待てよと。

おれも同じ状況で、300元取られたぞと。

購入後の期間はほぼ同じですよ!

てか同僚にこのお店を紹介して自転車買わせたのは私ですよ!!貢献してますよ!!!

なんで俺から300元とって同僚からとらんねん!

という話ですw





こういうとこ台湾っぽいというか、適当なんですよね〜。そして当事者がいる前でサービスのばらつきを見せるあたり、日本ではなかなか経験できませんね。しびれますw

まぁこれは300元(約1000円)だからいいけど、1000元くらいの話になってたらちょっと心が痛かったよ?まぁ同僚がタダになったんで、良しとしますけどね。

シフトワイヤーもそんなに高いものではないですし、ばらつきの範囲内ですかねw

なぜか同僚の自転車修理でもやっとした気持ちを持って帰ったのでした。

なぜかその日の夜はちょっとだけペダルを踏み込む力が強かったような、、、そんな1日でしたw

ということで、本日のまとめは、「GIANTの修理とかの代金は結構どんぶり勘定だ!気をつけろ!(でも大体安い)」ですw
皆さんもこういうことがあっても心を乱さないようにシミュレーションに使用していただければ幸いです☆

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, 修理, 自転車