サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾で購入したメッセージ性溢れるTシャツを購入し、着てみた感想について

   





どうも台湾生活に慣れて着ましたたけぼーです。2016年7月に台湾に住み始めました。生活に慣れてくると、いろんなことが台湾に馴染んでくるものです。そう、例えばファッションとかw

先日台湾の台中という都市にある逢甲夜市というところでオシャレが効いたTシャツを3枚ほど購入しました。簡単に説明するために写真を載せるとこんな感じですw

まぁ簡単にいうと、やばいTシャツですw




ちなみに漢字のシャツの意味は「我也是膵了:私も酔っ払いました」と、「不太想上班:仕事に行きたくない」です。酔っ払いの方は、賑やかな場所に着ていけば、なんかいきったやつがいるなwと思われるでしょうし、仕事行きたくないTシャツは、ただの本音なので礼節を重んじる日本人は外で着ちゃダメですw

日本人が日本語が書いてあるTシャツを着ないのと同じで、台湾人が中国語の書いてあるTシャツを着たりしないんです。でも、よくみてください。一つ日本語のTシャツがあるじゃないですかw

これならいけるwww

ということで、実際にこのTシャツを着て街に繰り出してみましたw

やばいTシャツを着たときあるあるなんですが、誰も私の服に興味なんかないことをわかっていても、みんなに見られてるんじゃないか、、、笑われてるんじゃないか、、、と、ドキドキしますw(ならやめときゃいいのにw)




そして、恥ずかしさを隠そうとして、思い切っておしゃれな場所に行って見たりしてしまいますw

そう、台湾人に人気の、若者のおしゃれスポット、スターバックスですねw もう店員さんの視線が気になって気になって、、、気持ち良かったですw

ちなみに豆知識ですが、スターバックスの単価は日本より2割程度高めです。台湾人の初任給が日本人の3分の1相当なので、同じものを新人大卒社員が買った場合の価値は3.6倍ですw つまり私が買ったダークモカチップフラペチーノは170元だったので、日本円にすると約630円。台湾人の相対的な価値にすると2268円w 台湾の人どんだけ高級なコーヒー飲んでんだよという話です。(でも台湾人にめちゃ人気。この辺の価値観が日本人と違いますね)




いや、今日の記事はあくまでシャツの記事なのに脱線してしまいました。

このシャツは3着で500元だったので、1着あたりは167元、つまり620円程度です。そんなお値段なのに、このシャツの文字はアップリケとして縫い付けられています。きっちりと縫い付けられているわけではなく、一部縫製がグダグダなところもありますが、

この価格にしてはしっかりとした作りになっています。

しかし、

しかしですよ、、

私はこのシャツを着て気づいたんです。。。

文字の裏、めっちゃちくちくする。。。って。。。




その原因がこちら

裏の縫製雑ぅぅぅ。。。

なんだこの紙みたいなものはw

こいつが割と固めの紙みたいな材質で、ちょうど胸のあたりをこそぐってきます。いや、こそぐるを通り越して引っ掻いて着ます。着心地は最低ですw これを着て小一時間待ちをウロウロしたんですが、帰って脱いだら胸が赤くなってましたw

こいつぁインナーが必須ですね。みなさん台湾出やすいTシャツを買う際は、裏側の縫製に気をつけてください。下手したらこれみたいに1枚では着れない代物かもしれません。。。

まあ内側にインナーシャツを着ておけばいいって話なんですがね。これでおっぱい、、、いや、胸を守ります。

こういうことは着て見ないとわからないので、誰にも求められてませんが勝手にレビューして見ました☆

ちなみに台湾は暑いので、涼しくするためにTシャツを買って着ようとしてるのに、着心地を確保するために重ね着しなければならないなんて、悲しすぎます。。。みなさんご注意を。(そういう意味でプリントTシャツはいいんですが、私のは中国語プリントなんで着る勇気がね。。。)

ということで本日は豆知識的な情報でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, 台湾オススメ