サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

中国アウトドアブランド 「NH(Nature Hike:ネイチャーハイク)」のテントと寝袋を実際に使ってみたのでレビューしてみます

      2018/01/01





どうも台湾在住のたけぼーです。本日は以前紹介した中国アウトドアグッズブランドの「NH」(Nature Hike,
ネイチャーハイク)のテントと寝袋を実際に使ってみた感想を書いてみようと思います。

購入した経緯についてはこちらの記事を参照頂ければと思います。

ざっと説明しますと、0度まで対応の寝袋が約2000円で1.1kg。2人用のテントが約10000円という価格で、重量1.7kgというハイコストパフォーマンスになっています。しかし、安かろう悪かろうでは無いかということで少し疑っている部分もありましたので、実際に使ってみた感想を書いてみようと思います。

まず、使用した環境ですが、台湾の合歓山 北峰 です。テント場の標高はおよそ3200mで、最低気温は10度程度という環境でした。台湾では高度3200mでも最低気温10度ってすごいですよねw



テント場にテントを張った写真を紹介します。

見た目はMSRのテントに似ています。特に色使いがそっくりですねw

ただ、NH(Nature Hike)は価格が大体4分の1ですw そして中の空間はこんな感じ。

写真の手前に靴が置いてありますが、ここはフライシートできちんと隠れるポジションのため、雨が降った時に靴を濡らさないようにできるスペースがあって便利です。このスペースがあるのと無いのでは雨の時の快適性が全然違います。まぁ今回雨は降らなかったんですけどねw



そしてもう少し中を見て見ましょう。

テントの中に、マットを敷いて、傍にリュック(モンベルのトレッキングパック80L)を置いても、まだ若干荷物置き場に余裕があります。

しかし、テントの中にマットは1つが限界ではないかと思います。一応テントは2人用とされていますが、実際2人寝ると荷物を置く場所は無いと思います。実質1人と荷物用というところでしょう。

ここにまたNH製のシュラフ(寝袋)を置いて寝ることにします。

そして実際に夜を過ごした感想ですが、「とにかく寒いw」の一言でした。

天気予報を確認すると、朝方4時〜5時くらいで気温は10度くらいということでした。寝袋の限界気温は0度にもかかわらず、めちゃめちゃ寒かったです。もともと限界温度は死なないレベルということで、快適ではないということですが、実際のテント場の気温は10度、、、

いや、快適温度より5度も高いのに、全然快適ではありませんでしたよ。。。



寝袋に入る前に、フリースなどを着込んで、ダウンジャケットやレインコートをシュラフの上にかけてギリギリ寝れるくらいの暖かさでした。やっぱり化繊でかさばる割にあったかく無いんでしょうかね。。。

ちなみにテントについては、風でどこかが壊れることなく、結露もしっかりとフライシートで受け止めて、中は自分の呼吸からくる湿り気以外の水分は入ってなさそうでした。テントは優秀です。

テントは写真からもわかるように、フライシートがぴったり地面につかず、少し隙間がありますので、風が強い時はさらに寒くなることが予想されます。雨には十分強いけど、冷たい風には少し弱いのではないかと思います。(私が泊まった時はほとんど風がなく、抜群のコンディションでした。)あくまで3シーズン用として使用することをお勧めします。

ということで、今回のNH製品の実際の使用についてまとめると以下のような感じです。

・テントは値段の割に優秀で、使い勝手もほぼ問題無し。ただし、二人用といいながら一人用に使うのがベスト。また4シーズン使用するには防寒性能が不足していると考えられる。3シーズン用なら文句無し。

・寝袋は値段相応で、明らかに保温性不足。シュラフカバーやインナーを使用することで暖かさを確保する必要あり

という感じでしょうか。

実際使って見ないとわからないところがあると思いますので、皆さん購入を考えられているのであれば、その参考になれば幸いです。

ちなみにこのNHですが、テント場で絶大なる人気を誇っていました。それがわかる画像がこちらです。

このテント場の白いテントと、青と黄色のテントは全てNH製のテントです。そして一部にdecathlonという台湾の総合スポーツ用品店の安いテントという感じ。それだけで9割を占めます。

あとは少数派のMSRなど本格的なテントという感じです。MSRは特にNHと外観も似ているためほぼNH製に見えてしまいますw とにかく台湾では安くて軽くてお手軽なテントとして人気があるということがわかりました。

そんな中国アウトドアブランドのNH(ネイチャーハイク)のテントと寝袋、皆さんもおひとついかがでしょうかw コストパフォーマンスはなかなかで、超本格的な登山でなければ概ね使用可能です。よろしければ一度検討してみてください☆(別にネイチャーハイクの回し者ではありませんw)

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - オススメモノ, 台湾アウトドアグッズ, 比べてみよう