サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

30半ばのおっさんが台湾でアロマオイルに目覚めるかもしれない件

      2017/09/03





どうも台湾在住のたけぼーです。いきなりですが、目覚めてしまいそうです、アロマにw いや、台中にはアロマというスナックがあるんですが、それとは別の香りのする普通のアロマオイルの方ですw(スナックのアロマはまた別の話w)

さて何でこんなことを言い始めたかと言いますと、全ては職場の台湾人部長のせいと言って過言ではないでしょうw ある日、私の職場の部長からある日いい匂いがしていることに気づきました。実は昔からしていたんだそうですが、私はある日突然気づいたんです。

そして部長からいい匂いしますね。と言ったところ、そうか、わかるか、実はな、、、といって作業着の中からペンダントの様なものを出してきて、これにアロマオイルを入れているんだ、という説明をして来れました。

それだけならただ「ふーん、いいですねぇ(棒)」で終わるところだったんですが、たけぼーも興味があるんだったら貸してやろう、といって部長がアロマ関連の本を2冊渡されましたw


てっきり中国語の本かと思いきや、バッチリ日本語で驚きました。そして、その本にはいろんなアロマオイルの効能や使い方が書かれていました。(そして至るところに部長の書き込みがw)



例えば有名なラベンダーはリラックス効果が期待でき、睡眠の質を高めるなどの効果がある。とか、ヒノキには血行を促進する効果があり、冷え性やむくみに対して効果がある。などが記載されています。

色々なアロマオイルがあり、それぞれ違った効能をもっているので、 まるでRPGのアイテムのようです。そう思うだけで集めるのが楽しそうだなぁと思えてきます。また、それぞれの効能を足し合わせることもできるそうです。例えば先ほどのラベンダーとヒノキを足して寝る際に使用すれば眠りについた時に血行が促進され、疲労回復効果の向上が見込める、などです。

実際ヒノキとラベンダーは混ぜるとそんなにいい匂いにならないのか推奨はされていませんが、アイテムを調合する感覚でいろんなことができそうです。

本には感覚的な話だけではなく、化学物質名まで書かれているものもあり、元化学課の私としては胸が高まるものがありますw

何だか本を読んでいるとアロマオイルって楽しそうと思えてきました。30半ばのおっさんがアロマなんて、、、そう思う人が大半かと思いますが、アイテムとしての効能、調合する楽しみ、コレクション性があるというところがカードゲームなどと同じ感覚ではないでしょうか。(カードゲームやらないんですがw)




よし、何となくおっさんがはまっても仕方ないという言い訳ロジックもできたし、これから新たな趣味として初めてみましょうかね。アロマオイル。

ちなみに中国語でアロマオイルは「精油」と書いて「ジンヨウ」と読みます。日本語ならそのまま「せいゆ」ですね。いままで1mmも興味がなかった分野ですが、せっかくブログで始める宣言をしますので、しばらくはまってみようと思います。

本を読んで知識を貯めつつ、細々とお店で精油を集めてみようとおもいます。そしてそれを実際に使用した場合のレビューなんかも。もしみなさんでアロマオイルについて知りたいことや、オススメのブレンドなどあればコメントいただけると嬉しいです。

こちらもシリーズ化して少しずつ書いていこうと思いますので、またよろしければご覧ください。

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。

次の記事




 - アロマオイル, オススメモノ, 台湾オススメ