サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾おすすめお土産のスマホ用カメラについて紹介してみる件 〜思ったより本格的で、写真の比較してみました〜

   





どうも台湾在住のたけぼーです。本日は台湾おすすめお土産を紹介したいと思います。以前にも台湾おすすめお土産を紹介していますので、よろしければこちらも合わせてご覧ください。

台湾で買いたい格安アイテム「iPhone用充電ケーブル」について

台湾の安くて喜ばれる(笑われる)お土産について 〜若い人向けだけど〜(Tシャツ)

さて本日のおすすめお土産は、台湾でよくある夜市で売っているスマホ用カメラレンズです。台湾の夜市には数え切れないほどの雑貨屋台があり、だいたいスマホ用カメラレンズは置いてあります。そちらを一つ購入してきましたので紹介します。まずは外観写真から紹介です。

結構かっこいい箱に入っています。こちらは屋台で購入するときに少し値引きしてくれて、285→250元です(1元3.7円としてだいたい925円。35元の値引きなので、約130円引いてくれました。謝謝!)。ちなみに値引きの際の中国語は「ピエンイー イーティエン」です。ニュアンスとしては「ちょっと安くして〜」って感じです。この一言で屋台のものなら少しくらい値引いてくれることがあるので恥ずかしがらずに言ってみましょう。



アマゾンで同じようなものが売っていましたので参考までに紹介しておきます。

さて、箱の中身を紹介していきたいと思います。本体は下の写真のような感じです。

もともとレンズとクリップが別々に入っていますので組み立てると写真のようになります。(組み立てると行ってもねじ込むだけの10秒w) あれ?意外にでかいw でも、意外にかっこいい☆ レトロレンズのような見た目で結構かっこいいです。思ったより高級感があります。(1000円弱と言うことを考えると、ですが)



そしてこのレンズをクリップでスマホに装着して使用します。

レンズの存在感、ぱねぇwww スマホにつけると思ったより大きい感がさらに際立ちます。一応全体はこんな感じ。

クリップでつけるだけですが、クリップ部分にちゃんと滑り止めが付いているので簡単には落ちません。(ちょっと写真は埃だらけですが、ちゃんと機能しますw)

そして気になるレンズの性能ですが、素人なりにちょっと比較写真をとってみました。このレンズは広角、マクロ機能があると言うことです。よくわかりませんが37mm、0.45Xと書いてありますw



マクロ機能の試しということで、まずは普通にiPhone6sのカメラでギリギリボケない程度に接近して写真を撮ったのが下の写真です。被写体は最近私の中で流行りのアロマオイルです。瓶が陽の光を反射して綺麗なんです。

まぁ普通の写真ですね。

そして、レンズをつけてボケない程度にギリギリまで接近した写真がこちら。

ちょっと大きく取れていることがわかるでしょうか。わずかではありますが、接近して写真が取れているんです。一応並べた写真が下になります。

左がレンズなし、右がレンズありです。レンズありの方が接近できていることがわかるでしょうか。これをいつ使うかと言うと、ブログを書いている方であれば、紹介アイテムを拡大して詳細を紹介することができるかと思います。そして、接近して撮ると、周りがいい感じにボケて紹介するものがより魅力的に見える効果もありそうです。ボケが出ると言うのがいい感じですね。

続いて広角レンズの性能を試してみようと思います。こちらは同じ距離から被写体を撮影して、どれくらい背景が映るかを確認しました。撮影方法はこんな感じ。

おっさんが一人でアロマオイルの撮影会というシュールな絵ですが、まぁこんな感じでローアングルから写真撮ってましたw まずはレンズなしで撮った写真はこんな感じです。

これが標準ですね。続いてレンズありの写真がこちら。

背景がかなり増えたことがわかりますでしょうか。わかりやすくするためにこちらも並べてみてみましょう。

左がレンズなし、右がレンズありです。レンズありの方が同じ距離でとってもたくさん背景が入っていますね。つまり広角で撮影できていると言うことです。(ちょっとレンズありの方が陽の光が入って神々しく見える分不公平かもしれませんが、魅力的に見えます)



この広角レンズがいいところは、自撮りの際に手を伸ばして撮影する場合、同じ人がとってもより広い範囲が撮影できるということです。背が低い人は自撮りで取れる範囲が狭くなりがちですのでこちらを使うことでよりたくさんの人が、物が、背景が取れるということになります。

ただ、少し注意が必要なのは、広角レンズでたくさんの範囲を撮影するがゆえに、画面の4隅が歪んでしまいます。広角レンズなので仕方ないのですが、端っこ部分を綺麗に撮影したい場合はご注意ください。中心に撮りたいものを置く場合は、歪みも魅力を増すための味付けになるかと思います。

以上より細かいものを撮りたい方、たくさんの仲間と自撮りをするような方におすすめなのかなと思います。ほぼカメラのレビューになってしまいましたが、こうしたスマホ用レンズが台湾の夜市で山ほど売ってますので、皆さんも好きな形、性能のものを選んでみてはいかがでしょうか。



大方のものは日本の半額くらいで手に入れることができるかと思います。中には100円くらいで買えるようなものもあります(性能はわかりませんが、また安いものもレビューしてみようかと思います)

台湾にお越しの際は自分用に、そしてお土産用にスマホ用レンズ、いかがでしょうか。安くて便利、意外性もありつつ、自分ではなかなか買わないというお土産としての要素を全部盛りですw

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, オススメモノ, 台湾オススメ