サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾でGIANT(ジャイアント)の固定ローラー台 CYCLOTRON FLUID ST(サイクロトロン フルードST) を安く購入したのでレビューしてみる件

      2017/09/27






どうも台湾在住のたけぼーです。本日は台湾が誇る自転車メーカーが作る固定ローラー台についてレビューをしてみようと思います。こちらを購入するに至った経緯については先日の記事をご参考にいただければと思います。

さて、少しおさらいですが、このGIANT製の固定ローラー台のCYCLOTRON FLUIDE STですが、日本で購入しようとした場合、定価は35000円(税抜き)です。

おそらく店舗で購入する場合10%程度の値引きがつくと思いますので、35000円の10%引きの消費税8%とすると34020円です。それが台湾で購入すると、定価8600元(1元3.7円として、31820円)です。しかも税込。こちらが店舗割引さらに10%ついて、最終的に7740元、28638円で購入することができます。

その差額は5382円。差額分で105のスプロケが買えそうですねw という感じでさすがGIANTのお膝元台湾と言う感じ、安く買うことができます。そして購入したものがこちら。重さが15kg程度あるため、家に持ってくるのに苦労しました。。。

GIANTといえば青色。大きな箱に入っています。上の段ボールは後で説明する前輪置きです。



そして箱の裏にはこんな感じの説明書きがあります。

さて、この箱少し凹んでいる部分があって、まぁ多少凹むのはしょうがないよなーと思いながら、凹み部分をよく見てみると、、、

いや、おもいっきり蹴っとるがなw 店員さんもう少し丁寧に扱ってよ。。。まぁ台湾クオリティです。外箱のダメージなんて気にしてたら台湾ではやっていけません(適当に言ってますw)。

実際、箱の中身はがっちり発泡スチロールで固められているため無傷でした。そして解梱したものがこちらになります。

おぉ、モノトーンでまとめられてかっこええやないか☆しかも作りはかなりがっしりしているので、ちょっとやそっと雑く扱っても壊れなさそうです。こちらは最初から完成した状態で梱包されており、出して足を少し広げるだけで完成です。そして、付属品としてスチール製のクイックリリースが付いてます。これをつけずにアルミ製クイックリリースを使うと破断する可能性があるらしいので面倒くさがらずに付け替えましょう。




そしてまずはローラー部分についている黒いバルブを開き、ローラー部分を外に広げましょう。そして自転車の後輪のクイックリリースをローラー台の軸受け部分にはめ込みます。軸受けは片方がレバーになっているので、レバーを開いてから軸受けに挟み込みます。(言葉で説明するの難しい。。。)

そして軸受けにセットできたら先ほどのローラー部分のバルブをタイヤに向けて倒していきます。タイヤが少し凹むくらい押し込みましょう。

ちゃんと押し込む方が滑りが発生しにくく、滑る時の発熱も減ってカスが出にくいようです。

そして全体的にセットしたのがこちらになります。





軸受けの左側にネジがあり、最初の1回だけ左側のネジを調整して、ローラーの中心にタイヤが来るようにセットします。2回目以降は右のレバーを開いてタイヤをつけたり外したりします。

そして後輪を固定ローラーで支えると、少しタイヤが浮いた状態ですので、このままだと前かがみになってしまいます。

それを防ぐための道具がこちらです。

GIANT謹製の前輪置きです。いろんな向きに前輪を置くことができ、置く場所により高さを微妙に変えることができます。低ければ前傾に、高ければ登りのようなポジションになります。ちなみにこちらは元値が400元で、値引き後350元でした。だいたい1300円です。純正品と考えると安いのではないでしょうか。

こちらはアマゾンでにたようなものを探すと、1箇所だけのポジションのものでこれくらいの値段になります。




さて、それらを含めて準備を整えた写真がこちらになります。

さぁこれで準備は整いました。あとは扇風機をつけて、zwift起動して乗るだけです。試しに少しだけ乗ってみたところ、少し驚きがありました。

「あれ?漕いでもほとんど音しなくない??」

です。

もともとミノウラ製の3本ローラーを使っていたのですが(これもまた別の機会にレビューですかね)、


さすがに3本ローラーの場合漕いでるとローラー滑り台を滑る時の音がなるんですよね。滑り台よりマイルドですがw 乗ってても音がなることに簡単に気づくレベルなので結構うるさいんだと思います。




それが、このGIANTの固定ローラーだと、漕いでてもチェーンの音の方がうるさいんじゃないかと言うレベルです。変速したら変速の音の大きさにびっくりするレベルです。そして漕いでる感覚もかなり実走に近いと感じました。個人差はあると思いますが、誰が乗っても結構満足できる乗り心地じゃないかと思います。

音については床が鉄筋でしっかりしているから振動などが少ないという影響はありそうですが、それにしても静かです。夜のトレーニングも考えていたので嬉しい誤算でした。そしてこれを使っていよいよ本格的にzwiftトレーニングを始めようと思います。

以上本日はGIANTのお膝元の台湾で固定ローラー台 CYCLOTRON FLUID ST を購入した話でした。これから使い混んで行った際に気になる点、いい点があればまたレビューしたいと思います。

今のところ「買ってよかった」という気持ちでいっぱいです。これからトレーニング頑張ってクライマーになろうと思います☆

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - オススメモノ, 台湾オススメ, 比べてみよう, 自転車