サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中の美味しいお店、夜間部爌肉飯が火事から復活(画像あり)したので行ってみました

   





どうも台中在住のたけぼーです。本日は美味しいお店の紹介です。実は本日紹介するお店は、2017年6月に火事になってしまい、しばらく閉まっていました。でもこのほど再開したようですので行って見ましたので記事にしてみようと思います。(ちなみに火事の前からあることは知ってたんですが、行ったことはありませんでした。)

まずはお店の場所はこちらです。

営業時間は17:00〜2:00 
月〜日曜営業

夜ご飯に非常に便利。
飲み屋の締めにも使えますw(量多いけどw)

そして外の看板はこんな感じです。夜間部というのが目印です。(爌肉飯はカオロウファンみたいな発音です。)




こちらのお店は、ほぼ路面店という感じで、外との壁がありません。なので夏は暑いです。だいたい外観はこんな感じです。

こういう感じのお店にしては綺麗です。火事で作り直したというのもあるかもしれません。。。そして台湾あるあるという感じですが、事故や事件の動画はガンガン流出します。なんならテレビもガンガン放映します。そんなワンシーンがこちら。

めっちゃ燃えてるーーー。

怪我人などはなかったようで何よりです。




さてそんな瀕死の状態から不死鳥のように復活した夜間部についてそろそろ紹介を始めようと思います。まずメニューはこちら。

この黄緑のメニューが中で食べるようで、持ち帰りようは黄色のメニューです。

メニューの右上にご飯類。その下は弁当(持ち帰りに便利)、その下は単品。左側は上からスープ類、おつまみ。という感じです。このメニューの食べたいものの横にチェック(複数の場合は数字)を記入し、レジでお金を払って注文します。メニューの右上と右下に番号が書いてあり、注文後、お店の準備ができたらこの番号で呼ばれます。

今回私(私たち、男三人)が注文したのは、爌肉飯(大 2人前)、魯肉飯(大 1人前)、魯豆腐(味付き豆腐)、白菜魯(白菜の鍋物みたいの)、湯青菜(茹でた野菜、3種から選べるが空芯菜がうまい)、小黄瓜(きゅうりの漬物)、大腸盤(ホルモンの炒め物)というラインナップでした。これらまとめて310元。1元3.7円換算で1150円くらい。やっす。

そして出来上がったのがこちら。

上がサイドメニュー類で、メインの爌肉飯はこんな感じ。

ただのiPhoneの写真が飯テロ写真に早変わりw めっちゃインスタ映えしますよ!私はインスタグラムやってないですが、台湾旅行にきたインスタ厨(disってない)は是非どうぞw



そして最終的な全体写真はこんな感じ。

このお店に限らず、台湾のお店は飲み物が準備されていないことが多いので、飲み物は準備するか、スープを注文するなどして水不足に備えましょう。幸いというか、こちらのお店は隣がコンビニ(セブンイレブン)なので、ご飯前に飲み物調達してきました。

デブの元、コーラです。ただしZERO。これ飲めば太らないと盲信しているたけぼーですw

そしてお味はというと、クッソうまいです。正直何食ってもうまい。私はホルモン焼きを激推し。きゅうりの漬物も、台湾ではなかなか食べられない日本的な味で良かったです。豆腐と白菜もこの辺にしては日本人好みの味付けです。たまりません。

そして何より爌肉飯がうまい。お肉がほろっほろで、味も醤油ベースでしっかり味付けされてます。ご飯にもタレが染み込み、米が進む進む。これで1杯60元(約230円)ってやばいっしょ。これ1杯だけでもかなり幸せになります。本当に美味しくて、コスパも最強で、旅行に来たら是非食べていただきたいです。(ちなみにここはまだ都心部なので、もっと郊外や田舎に行けば値段が安くなります。おそるべし、台湾。。。)

きっとこんな感じで台湾にはまだまだ安くて美味しい店が眠っているんでしょう。徐々に掘り起こして、お勧めの店はどんどん記事にして行こうと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - オススメモノ, 台湾オススメ, 台湾グルメ