サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

ドイツブランドロードーバイクCANYON(キャニオン)の自転車フレームは台湾で作っているという情報について

   





どうも台中在住のたけぼーです。本日は台湾ならではの自転車ネタについて書いてみようと思います。とってもニッチなネタですみません。よほどの自転車好きでなければこの記事より台湾のお土産とかの記事読んでる方が有意義かと思いますw

私の知り合いで、新しい自転車を探している人がいて、その人が買おうとしている自転車が「CANYON」というブランドの自転車でした。

このCANYONという自転車は自転車好きならよく知られているメーカーですが、ロードバイクに乗らない方はまず知らないメーカーかと思います。

CANYONとはドイツの自転車ブランドで、販売店を持たず、インターネット販売で価格を抑えて高品質のものを供給するというスタイルで成長してきたブランドです。どことなく中国のスマホメーカー小米(Xiaomi)を連想させるスタイルですね。今の流行りでしょうか。

ちなみにCANYONのサイトから参考画像を貼りますとこんな感じです。

めちゃくちゃかっこいい!



しかもこの参考にあげた自転車は、シマノ製ALTEGRA Di2といういいパーツや、マヴィック コズミックというそれだけでも10万超えてくるホイールなどを履いた状態で45万円という価格です。

自転車に乗らない方からすればなんて高い自転車だと思うことでしょう。しかし、この装備でこの価格ははっきり行って破格です。特にホイールがいい。通常もっと悪いホイールを履いた上で、さらにこれより高くなるんじゃないかと思います。

この辺りが販売店など中間マージンをカットしている所以でしょうか。まぁとにかく高品質で、安い。まるで台湾のGIANTみたいな感じです。

さて、前置きが長くなりました。

で、このCANYONの自転車ですが、インターネット販売しかしていないので、販売店がなく、メンテナンスをどうするのかが心配でした。そしてCANYONの自転車をメンテナンスできるかどうかを台中の自転車屋さん(GIANT)に聞きに行ったんです。



そして店員に、「これから知り合いがCANYONって自転車買おうとしてるんだけど、メンテナンスとかGIANTでできる?」と聞きました。

すると店員さんが

「あぁ、CANYONね。これフレームとかGIANTとMERIDAのOEMだから結構構造は似てるよ。もちろんできるぜ!」

だそうですw まじで!?

てかCANYONの自転車フレームはGIANTとMERIDAが作ってんの?驚きでした。まぁ自転車のフレームについては他の高級自転車類も台湾でフレーム作っているので、実は台湾は世界一のフレーム技術と生産力を持っているんですね。

あとでCANYONのフレームをどこで生産してるか調べて見たら、「台湾」と記載されている記事は見つけましたが、どこで生産してるとまでは書いてありませんでした。今回GIANTで作っているという有力な情報がありましたので書いて見た次第です。(ただ、あくまで店員が言ってただけなので、判断は皆さんで。。。)

まぁこの情報を知ったところでなんなんだって人も多いと思うんですが、結構自転車好きはどこで誰が作ってるというのも気にするもんなんです。

自転車乗らないかたは何言ってんだって感じですよね。。。すんません。。。今日はちょっとニッチな領域に対しての記事になってしまいました。まぁたまにはこんな日も、ね。

ということで本日はCANYONと台湾GIANTの意外な関係についての記事でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。



 - その他, 修理, 自転車