サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中に有名パイナップルケーキ店 Sunny Hills(微熱山丘) ができたので行ってみた件 〜三越12階のお洒落店舗〜

   





どうも台中在住のたけぼーです。本日は兼ねてより楽しみにしていたお店が台中にできましたので行ってみた話を書いてみようと思います。

今日紹介するお店は、台湾の有名パイナップルケーキ(鳳梨酥:フォンリンスー)のお店、その名も「Sunny Hills」です。中国語表記だと微熱山丘(ウェイラーシャンチュー)です。

こちらは台湾の南投というところに本店があるお店なんですが、その美味しさと包装などの可愛さから超人気のお店です。今までこのお店は、南投の本店と、台北の支店しかなかったんですが、2017年9月から台中の三越に支店ができたんです。

台中住まいの私としてはめちゃめちゃ嬉しい出来事なので、早速買い物してきました☆



一応台中のお店の場所はコチラ。三越の12階です。

三越の12階フロアのちょうど真ん中くらいに行くとこんな感じのオブジェが目に入ると思います。

そしてそこがパイナップルケーキの人気店 Sunny Hills です。




結構お洒落な感じですね。お店の前で商品の棚を見ていると、店員のお姉さんが新商品やパイナップルケーキの試食を持って出向かえてくれます。本店だと試食にパイナップルケーキ1個くれるらしいんですが、私が台中のお店に行った時は新商品のラスクを1つくれました。ありがたや〜。

お店はそんなに大きくなく、少しイートイン(試食スペース?)もありそうです。お店の外側のショーケースには新商品のラスクやカステラが置いてありました。そちらも美味しそうでしたが、目当てのパイナップルケーキを探します。

するとお店の中の机に展示されてました。

味も何種類かあるようで、オリジナルが「原味:ユエンウェイ」です。みたところ「老梅:ラオメイ」という梅味も売ってそうでした。が、ここは原味ですw(老梅は別の機会に)





本店だと10個、15個、20個という大きな包装で売っているようですが、台中では配る際に嬉しい5個入りが売ってました。お値段は5個入り220元(約820円)。10個入り300元(1110円)でした。日本で買うと10個入り3000円らしいです。。。(日本で買えるんかい!というツッコミはおいといて、、、)

ちなみに日本だと新東陽(シンドンヤン)のものが手に入りやすそうです。台湾でも有名ですが、定番中の定番といったところでしょうか。

さてSunny Hillsの方に戻りますが、下の写真は上の箱が開いてるやつが5個2段で計10個入り。その下の箱が5個入りの箱です。可愛らしいですね。

そして私は5個入り4箱、10個入り2箱を購入しました。購入の際に、一箱一箱を麻の袋に入れてくれて、取っ手をリボンで縛ってくれました。お洒落ですね。この袋も何かで使えそうです。

5個入りは無地の袋なんですが、10個入りはSunny Hillsのロゴ入りでした。

奥さん曰く、この袋がめちゃ可愛いとのことです。お土産として購入される際には、あんまり値段も変わらないので10個入りをお勧めしたいですね。



ちなみに裏側も模様が入ってます。

Happy moon festival と書かれているので、中秋節という、台湾で月が綺麗に見える時期のお祝い行事仕様の限定版かもしれません。こうやって袋でも楽しませてくれるのはありがたいですね。袋が変わることでお土産に何度も使えそうです。

ちなみに味の方は、サクッとした柔らかいクッキーのような記事に、ほんのり甘いパイナップル味の餡(少し硬めのジャムのような)が入っていてとても美味しいです。コーヒーや紅茶、緑茶にもよく合います。牛乳という手もあります。絶対うまい。

友達や家族のお土産にもっていって、その場でお茶うけとして食べることもでき、台湾のお土産話に花が咲きます。あと、賞味期限は常温で3週間と、そこそこ持つのも嬉しいですね。旅行の早い段階で買ってもちゃんと持って帰ってみんなに配る時間がありそうです。台湾土産に是非おすすめですので皆さんいかがでしょうか。

台中には他にも有名なパイナップルケーキやさんがあるので、そちらもまた記事にしてみようと思います。

以上本日は台湾おすすめのお土産、パイナップルケーキの超有名店、Sunny Hillsのお話でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。



 - オススメモノ, 台湾オススメ, 台湾グルメ