サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾の台中で日本料理に恋しくなった時にオススメのお店「すず家」を紹介する件

      2018/03/09





どうも台中在住のたけぼーです。私は単身赴任で台中に住んでおりまして、基本的にご飯は台湾料理を食べています。例えば前に紹介したような「夜間部」や「一人鍋屋さん」のようなお店をローテーションしています。

これはこれで美味しくて安いので重宝しているのですが、たまにどうしても日本食が食べたくなることがあります。おそらく海外に駐在されているかたや、長期で旅行に行っている方ならわかる感覚かと思います。

そんな時にめちゃめちゃいいお店を本日は紹介したいと思います。それが、台中にある「すず家(すずや)」です。場所はこの辺になります。

日本人が多く住むマンションの近くにあるので日本人が多いです。日本人が泊まるようなホテルの「金典」や「52hotel」からは歩いても行くことができます。



お店の基本情報です。

毎日営業で、営業時間は

昼の部 12:00〜15:00
夜の部 17:30〜22:30(ただし、木、金、土は夜0:00まで営業)

という具合です。

では早速紹介してみましょう。外観はこんな感じです。(夜なので少し目立たない。。。)

こちらのお店は、居酒屋兼定食屋という感じです。居酒屋として使用する人もいますし、昼ご飯や晩御飯を食べに来るだけの人も多いです。(イメージだとご飯に使う人の方がおおいような。。。)

そして中はこんな感じになってます。

L字型のカウンターと、大きめの机が2つです。机は分解して2人用とかにしてもらうこともできます。また、こちらのお店の強みとして、店員に日本語が通じます。日本人相手に本気だしているので、ほぼ全員日本語対応可能です。これは心強い。

そしてここからメニューの一覧です。一気に行きます。




という感じです。

この中で個人的にオススメは唐揚げ定食(280元)です。1元3.7円換算で1036円。ちなみにサービス料というのが10%取られますので(お店いわく日本語対応できるようにしてるから、従業員の給料が高くなるためだとか。)308元。1140円。まぁ日本の定食屋とあまり変わらないですね。

台湾の食費からすればはっきり言って高いです。でも、私は味やお店の使いやすさから考えると妥当かなと思ってます。もう一つ注意なのは、無料の水がありません。台湾ではよくあることなんですが、ご飯の時に飲み物が欲しい方は注文するか、水のペットボトルなど持ち込みましょう。(水は持ち込み禁止ではない。お酒はだめかも。。。)

うな重やミルフィーユトンカツなど、台湾であまり見ないメニューがあるのも差別化できてますね。

そして、居酒屋として使用する方のためにお酒も置いてます。

ビール、日本酒、焼酎などが置いてあります。メニューを見ればわかりますが、日本の居酒屋にあるようなメニューもたくさんあるので、一人でしっぽり飲んだり、みんなでワイワイ飲んだりできます。

私は行ったことないですが、二階に団体席があり、そこで宴会することもできるようです。



さて、基本情報はこの辺にしておいて、いよいよ実食です。私オススメの唐揚げ定食がこちらになります。

ザ・唐揚げ定食☆

小鉢2品と味噌汁がついてます。唐揚げも日本の味で美味しいです。(台湾の唐揚げは概ね台湾味なんです。。。)味噌汁もちゃんと日本の味でたまりません。(台湾の味噌汁は味噌汁という名前の台湾料理w)

そして私が一番ありがたいのがこちら

唐揚げについてるサラダのドレッシングが日本のごまドレッシング。そして、サラダの横に乗っているマヨネーズが日本のマヨネーズ! 日本のマヨネーーズ!!

大事なので2回言いました。

台湾のマヨネーズははっきり言って日本人は受け入れられないと思います。なんせ甘いから。。。(私は慣れましたw) そんななかこちらのお店ではちゃんと日本のマヨネーズをつけてくれるんです。これがでかい。(お店の偉い人が日本人で、鈴木さんという人。だから日本味。だからすず家w)

唐揚げにマヨネーズというデブまっしぐらのコンビネーションですが、たまにこういう日本成分を取り入れないと心が持たないんです。。。

小鉢の煮物もがっつり日本味なので、日本の味に恋しくなったら是非オススメのお店です。

台湾の一般的なご飯からすると高いですが、その価値はあると思います。台湾で日本料理が恋しくなったらこちらへどうぞ。(こんなに宣伝してますが、お店からは何ももらえませんw)

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。

別の日本食屋さん「小野食堂」はこちら




 - 台湾オススメ, 台湾グルメ