サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

アロマの香りがする万年筆用インクを自作してみようとする件

   




どうもアロマと万年筆が好きなたけぼーです(自転車も好きだけど今日はお休みw)。本日は私の趣味のいいとこ取りをしてみようとした話を書いてみようと思います。

みなさん万年筆のインクメーカーの「J.HERBIN」というものをご存知でしょうか。こちらは万年筆のインクに色々な香りをつけたものを販売しているメーカーです。例えばこんな感じのものを売っています。

万年筆はあくまで書く道具ということに異論の余地はないのですが、そこに遊び心をプラスしたおしゃれアイテムと言えます。万年筆に興味を持ち出した頃はインクに匂いがついていることになんの興味もなかったんですが、最近アロマに興味を持ち出してからすごく気になり始めました。人の興味の移り変わりって早いですねw

さて、この「J.HERBIN」社製のインクですが、いろんなラインナップがありますが、概ね色と香りのイメージを一致させています。そうすると、青色だけどオレンジの香りをつけたい、とかいうことはできないわけです。

そういう細かい調整をしたいと思うと既製品では無理な場合がありますね。そういう時は、やはり自作です。とりあえずやってみたい派の私は早速試してみるのでした。



準備をするのはこちら、アロマオイルとインク、そして試し書き用の万年筆です。

ちなみにインクは知り合いにもらった「Golden Green」という緑色のインクを使います。それに合わせるのは「ユーカリ」のアロマオイル。さっき色のイメージと匂いのイメージに違いを出したいと言った矢先ですが、手元にあったのがこれだったんですw 信じてくださいw

そしてインクのブレンド作業です。まずは単純にアロマオイルをインクに投入してみます。

正直これで完成するのであればもっとたくさんのメーカーからたくさんの種類が発売されていてもいいんですよ。なのになぜそうならないか。。。

はい、このように分離するんです。アロマオイルはオイルというだけあって油なんです。そして、油と水は混ざらないということは日本人なら誰でも知ってる常識ですね。それがばっちり当てはまっただけの話です。



ではどうすれば混ざるのか。通常水と油を混ぜるためには「界面活性剤」と呼ばれるものが必要です。代表的なものとしては石鹸や化粧おとしのクレンジングオイルなどです。この海面活性剤というのは、世の中に数多に存在していまして、どんな種類をどれだけ使用すれば万年筆のインクにうまく混ざるのか。。。そういった部分がノウハウであり、素人や企業が真似できない部分な訳です。

さて、できない理由はこれくらいにして置いて、できないならできるようにあがいてみようと思います。実は界面活性剤以外にも水と油を混ぜる方法があります。それが「アルコール」を使う。というものです。

アルコールといえばお酒の成分「エタノール」などが有名です。エタノールは薬局で消毒用などとして売っています。アルコールは水にも油にも溶ける実はすごいやつなんです。

アマゾンで売っているのは少し意外でした。便利な世の中になりました。

ということで早速買ってきましたw

日本では「エタノール」として販売していますが、今私が住んでいるのは台湾。なので表記も漢字で「酒精」です。その前の「優質」というのは「品質がいい」という意味なので、エタノール = 酒精 です。 褐色のビンに「酒精」と書いて入れられると物々しい雰囲気になるのが不思議ですw



さて、アルコールの使い方としては、まずアロマオイルをエタノールに混ぜ、それを水と混ぜるという手順になります。理由はその方が混ざりやすいからなんです。順番を間違えると混ざるのに時間がかかるので注意です。

そしていきなりインクを使って試してもいいのですが、勿体無いので水を使って実験です。

「水」と書いたものをインクとみたてて、「油」という部分にアロマオイルとエタノールを入れます。そしてアロマオイルとエタノールを混ぜたものを水に入れていきます。試しに比率はアロマオイル:エタノールを1:1で入れて、それを水(インクの代わり)に1:4(水が4)で混ぜてみました。

するとどうでしょう。

がっつり濁りました。

そう、失敗ですw

だめかー、やっぱりそんな単純にはいかないか〜。

まずはこの比率ではうまくいかないということがわかったので、他の比率で試すとともに、界面活性剤にも手を出してみようかなと思います。なにやら化学実験のようになってきました。まぁ私、化学科出身ですしねw そのうちいい比率を見つけて自分好みのアロマオイルで香りをつけたインクを作ってみようと思います。(そしてそれを販売して、、、w)

先は長そうですがまた進捗があればご報告させていただきます。もしオススメ界面活性剤はこれだっ!みたいなのがあれば教えていただけますと幸いです(ニッチすぎますがw)。

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, アロマオイル, 文房具