サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾の台中に一年住んでみたので必要な生活費について書いてみる件

   





どうも台湾は台中に在住のたけぼーです。私は2017年7月に台中にやってきまして、もう一年と少しが経ちました。自転車にはまったり、登山にはまったり、いろんなことが起こった一年でした。

そんな一年について、健やかに生活するために支払ったコストについて振り返って見たいと思います。日本と比べて安いのか、高いのか。どう言うところにお金がかかるのか、について確認して見たいと思います。

もう早速ですが、かかった費用について、表にまとめて見ましたのでご覧ください。

台湾は電気代、ガス代、水道代が2ヶ月に1度の支払いになっています。なぜかインターネット代だけはまとめてくれずに毎月です。

それぞれ見てみます。まずは電気代についてどんな状態かを説明しますと、

・台湾の夏は暑いので家にいるときはエアコン付けっぱなし(寝るときも必ずつける)
・冬も電気ストーブを使うことがある
・毎日洗濯ものは乾燥機で乾燥させている(一年中)

という条件で生活しています。




部屋は20畳くらいのリビング一つにエアコン2つ付いていて、8畳くらいの寝室にエアコン1台です。夏場はほぼフル稼働です。設定温度は27度くらいでやや高めですが、27度に下がることがあまりないため常に冷気が出る状況ですw

そんな夏場の2ヶ月の最高が4379元。1元3.7円として考えると、16202円。1ヶ月あたり8101円。一人暮らしで1ヶ月の電気代が1万円弱と言うのは少し高い気もしますが、エアコンつけっぱなしにしないと死んでしまう台湾なので仕方ありませんw

冬場はエアコンを使わないため、2ヶ月で1800元くらいですね。1ヶ月900元、約3330円。んー、リーズナブルなんじゃないでしょうか。

続いて水道代です。こちらはもうごみみたいなもんですね。水道の使用状況を説明しますと、

・洗濯は2-3日に1度
・毎日シャワー。夏場は1日に2−3回浴びることもザラ
・料理はしない
・トイレは人並み。。。

という感じですかね。やはりお風呂にお湯をためないと言うのが安くすんでいる理由な気がします。月にすると大体100元。370円くらいですね。安い。台湾の水安い。。。




続いてガス代です。ガスの使用状況はといいますと、

・お風呂(というかシャワー)は毎日。夏場は温度低め設定、冬場は高め設定
・料理はほぼしない。たまにお肉を焼くくらい

という感じです。シャワーのお湯作りがメインの仕事のため、冬場が若干高くなります。とはいえ平均すると毎月200元くらい。約740円くらい。安い。

最後にネットです。私は台湾の中華電信と契約していまして、下り100MB/s、上り40MB/sの契約です。こちらは毎月1000元強。3700円くらい。ネットの契約としては日本とほぼ変わらない気がします。

と、いうことでざっくり総評しますと、

・台湾の電気代は日本とあまり変わらない(夏場のエアコンが高い)
・水、ガスは安い(こっちは冬場に高い)
・ネットは日本と変わらない(プランによるけど)

大体こんな感じでしょうか。一年の総支払額はざっくりと38000元程度です。1元3.7円として考えると、合計 140600円 です。毎月の高熱費は1万円くらいといえるでしょう。




台湾(の台中)で生活をする場合、家賃+1万円(約3000元)程度あれば割と快適に生活ができそうです。皆様台中に住む場合はご参考にしてください。もちろん私のようにエアコンをガンガン使わずに扇風機で耐えたり、洗濯ものはちゃんと干したり、シャワーは冬場でも温度を高くしなければコストダウンは可能です。

もし台中に来て起業するぞと言う方は、家賃が毎月1万元としてそこに3000元の光熱費で13000元/月くらいの金額を覚悟してください。二年で起業するとしても、最低30万元強。日本円にして110万円程度必要になります。(食費抜き!)

今回初めて自分の状況を確認してみましたが、私が名古屋で一人暮らししてた時の方がもう少し高かった気がしますね。やはり総合的にみて日本より物価が低いということでしょうか。(でも台湾人と年収の水準が違うので台湾の人にとってはかなり負担だろうなぁと思います。)

最後にまとめるとするなら、日本人にはイージーモードだけど、台湾人にはハードモード。というところでしょうか。次の一年もちゃんと記録をとって次はばらつきも考慮した精度の高い情報を出せればと思います。

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, 比べてみよう