サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中駅から市内を散策観光すると美味しいものあり、綺麗な景色ありで楽しくてオススメな件 〜散歩のススメ〜

      2017/12/16





どうも台中在住のたけぼーです。私は台湾の中心くらいにある台中という都市に住んでいます。台湾では2番目に人口が多く、日本でいうと名古屋くらいの都市になります。

そんな私、台中に住み始めて一年半経ちますがあまり台中をうろついたことがないことに気づきました。意外に台中の中でも中心部分しか知らないので、本日はあまり知らない台中駅周辺について散歩して来た記事を書こうと思います。写真をたくさん撮って来ましたので皆さんも散歩してる気持ちになって読んで見ていただけると幸いです。

出発は台中車站

さて、本日の旅の起点は「台中車站」です。

皆さんよほどのことがなければ台中には新幹線(台湾高鐡)で来ると思いますが、新幹線の駅とは全然違う位置にあります。ここに来るためには高鐡の駅から火車(ホーチャー)と呼ばれる電車にのって2駅ほど行かないといけません。バスだとここが終着になるので、台中市内からバスを使ってくることになるかと思います。

台中車站(タイゾンチャーザン)は写真の中心の古い建物です。これは旧駅で今は観光地になってます。写真左奥に見えるのが新しい駅です。規模がでかい。

で、この台中車站から西側が台中の市内という感じで、メインストリートになります。本日はその逆側。東側を散歩してみました。

ざっくりこんな感じのルートです。

地図でいうと、台中駅から左上がメイン市内という感じです。今回は旧市街というか、ちょっと昔ながらの景色を残した台中を散歩してみます。




と、その前に、まずは荷物をたくさん持っている方のためにロッカーの紹介です。台中車站の中には便利なロッカーがあるのでご利用ください。

こんな感じでたくさんあります。大きさもしっかりあるので大荷物でも安心です。写真でディスプレイが見えると思いますが、そこで操作をします。

国旗を選択すれば日本語も対応です。ありがたやー。

一応普通の説明もあります。簡単に説明すると以下のような感じです。

①はディスプレイでロッカー番号選んでください。

②暗証番号6桁入力してください。

③お金を入れてください。(ロッカーによって値段違いますが、50元前後です)

④レシート出てくるからちゃんと保管してください。

⑤ロッカーの蓋が開くので、荷物入れて締めてください。

という感じです。開けるときも同じ手順です。お金は先払いなので出すときは不要です。(あんまり長いこと入れると追加料金あるかもですが、、、)てか日本語対応なので、ここまで説明はいらないかもしれませんね。。。

さて、荷物を置いたらいざ散策です。



まず速攻買い食いならレモンケーキ

台中駅の南側にでて、右側に向かってあるくと、よくある台湾の道を歩きます。

いろんな店舗の軒下を歩いて行くので、お店の中をガンガン横切るイメージです。みんな気にしませんのでガンガン歩きましょう。

少し歩けばこんな看板が見えてくるかと思います。

一福堂。休憩の一服とかかっているんでしょうかね。(日本語じゃないから違うかな。。。)こちらのお店はレモンケーキのお店でして(いや、知らなかったんですが、歩いてたら見つけました。)、台中駅からも近いのでお土産にもいいかもしれません。

ちなみに場所はこの辺りです。

レモンケーキというのはこんな感じです。

ふかふかのスポンジケーキにレモンクリームチョコをコーティングしたものになります。レモンクリームチョコが爽やかな酸味と甘さでクセになります。こちら1個35元なので、だいたい130円くらいです。こちらを一つ購入し、早速買い食いです。

一個買うとこんな感じで包んでくれます。

行儀が悪いですが、道端で買い食いです。食べさしですみませんが、こんな感じで中はスポンジケーキです。うまい。コーヒーや紅茶に合いそうです。でもやっぱり子供の味覚の私には牛乳ですかねw

そしてまた南に向かってウロウロします。私が歩き始めたのは11:30頃だったので、お腹がすいてきました。買い食いした後ですがいきなり昼ごはんにします☆



台中駅近くの牛肉麺(ニョーロウミェン)のお肉が絶品

先ほどのレモンケーキやさんのほぼ向かいくらいに台湾名物の牛肉麺(ニョーロウミェン)屋さんがありましたので、早速腹ごしらえしました。

場所はこの辺です。

お店の外観はこんな感じです。

お店の中はテーブル席です。台湾でよくある規模のよくあるお店な感じです。地元民しかいません。

注文は入り口でこんなメニューをもらって、右上の内用桌號というところに机に貼ってある番号を記入します。そして食べたいものにチェックか数字を入れます。(二人前なら2とか)

メニューはこんな感じで写真表示してくれていますので選びやすいですね。「招牌」とピンクで買いてあるのが看板メニューです。これはどこのお店も共通なので覚えて損はないです。

で、看板メニューがあるならそれに行きますよね。

こちらが精墩牛肉麺(ジントンニョーロウミェン)です。精墩の意味はわかりませんが、ごつい牛肉が入ってます。牛肉麺といえば四角く切った牛肉が多いのですが、こちらは細長く切られています。

牛肉は結構大きいです。そして、食べてびっくり、、、

 

なんだこの柔らかさ!!これ牛肉!?

 

って感じです。会社の食堂でも牛肉麺が出ることはあるんですが、牛肉が硬くてゴム食べてる感じなんですよね。それに比べてこのお店の牛肉、箸でも切れるし、そもそも持ち上げるのも難しいくらい柔らかい。

なんぞこれ!?

という感じです。この牛肉は衝撃だと思うので是非食べてもらいたいです。ちなみにお値段150元なので、560円くらいです。

で、麺はこんな感じの太麺で、結構柔らかいです。日本人がラーメンと思って食べると全然味が違うので注意してください。例えていうなら、醤油ベースの鍋をした後の締めのラーメンみたいな感じです。それを薄くした感じ。。。ちょっと例えが下手で申し訳ないんですが、最初は少し慣れない味かもしれません。

でもそれを補えるだけのポテンシャルが牛肉にあります。この牛肉食べるだけでも価値がある気がしますので、是非チャレンジしてみてください。ちなみに台湾味に慣れた私にはめちゃくちゃ美味しかったです☆

お店を出る際にお会計を済まし、お腹いっぱいになったところで腹ごなしに散歩の再開です☆



台中の道をただ歩いているだけなのにフォトジェニック

散歩なので目的もなくブラブラすると、なんやかんやいろんなものがあって楽しいのがこのルートです。私が目についたものをぼちぼちあげていって見ましょう。

 

まずはアート作品。

ほんと歩いていたら突然出てきました。屋外タンクにいろんな人が絵を描いた作品が展示されていました。それぞれ個性があり、みんな上手くてすごいです。

よ〜くみると結構パンチのある作品もちらほら。

犬の迫力ありすぎぃぃ〜。

 

どうした!何があったんだw

いやー、ここ結構面白かったですね。常時展示しているのか、期間限定なのか不明ですが、場所はこの辺りでした。

散歩と言いながら全然進んでませんw



アート作品を過ぎたところの橋。

日本ではあまり目にしない植物が鬱蒼と茂る川。台湾のただの川なんですが、やはり日本とは違うなぁと感じる一コマでした。

その辺の修理工場のむき出しのエンジン。男なら機械萌え。無骨な鉄の塊がたまりません。

台湾の一般的な市街。密集してます。隣の家の生活音とか気にし出したらやばそうです。

ずっとまっすぐ歩くだけではなく、ちょくちょくメインストリートから入っていってみるとこんな感じの風景がたくさん見れます。散歩の際はとにかく寄り道しまくりましょう。

そしてさらに進むと、あれ、ダイソー、、、ではない。

突然現れたダイソーのようなお店、「GANSO 元祖」w こういうところはザ・台湾です。ちなみにこちらのお店は、

どら焼きやさんでーすw 少し歩いたのでまた買ってみました。そう、、、

アイス餅をねw(どら焼き関係なーい)




ちなみにこいつ、ガッチガチに凍っているので、この写真を撮った後また箱詰めして後で食べました。1時間くらい解凍にかかったでしょうか。先に食べた写真がこちら。

餅がしっかり分厚くて、あんこが負けてる感じはありましたが、美味しゅうございました。こいつはお茶が正義。1個45元でした。170円くらい。割に高い。

おっと、また寄り道してしまいました。でもいいんです。目的はないのでw

でもまぁこんなかんじで30分くらい歩くと大きな公園が出てきます。その公園にはなんと、、、

公園に戦車がある風景

散歩で適当に歩いていたら公園に来ました。あとから調べたら新榮公園という名前の公園でした。

で、この公園には戦車が置いてありました。正確には戦車と対空機関砲です。

説明の石碑が置かれていました。

右が戦車で500馬力。乗員4名で時速72キロで走行可能。76mm戦車砲を搭載。左が防空自走砲。同じく500馬力。10mm防空砲を装備。など書いてあります。昔の主力だったぽいのと、歴史的意義があるので陳列しているみたいなことが書いてあります。

せっかくなのでいろんなアングルから。

現代ではこの機関砲で落とせる戦闘機はいないでしょう。対ヘリなら使えるかも。

昔は現役だったんでしょうか。形をみると最近の戦車に近いものがありますので、終戦後にできたものではないかなと思います。

戦車は後ろ姿。と所ジョージさんが言ってたような言ってないような。無骨でかっこいい。

キャタピラは男のロマン。

かつてその砲身はどこを向いていたのか。。。

なんか最後は戦車ばっかりになってしまいましたのでちゃんと景色も。

大きな公園に大きな木。都会の中に落ち着いた雰囲気でなかなかいいです。この日はちょっと雨だったので人がいませんが、あったかい日には家族連れが散歩するのに良さそうです。

そして今回の散歩はこの辺りで終着とします。



ちょうどいい所に「国立公共資訊図書館」がありました

先ほどの公園は台中の国立公共資訊図書館の近くにある公園でした。こちらの図書館はかなり大きく、建物も綺麗です。

台中でも最大規模の図書館です。こちらについては別途レビューとしたいと思います。ひとまず散歩はここまで。

台中駅からここまでまっすぐ歩いて30分くらいです。寄り道しまくって2時間弱という所でした。台中は夏だと30度超えて外を散歩する気になりませんので、この冬が散歩にとってはいい季節だと思います。

ちなみにこれを書いている12月9日の気温は約17度。少し肌寒いですが、それほど着込むことなく散歩できます。

最後はこちらの図書館で散歩のまとめを書いてました。もう少し晴れてたらなぁ。。。

散歩で心がリフレッシュできた気がします。

みなさんも近くなのに意外に行ったことない場所があったら散歩してみてはいかがでしょうか。普段と違う世界が見えるかもしれませんよ。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。



 - その他, 台湾オススメ, 台湾グルメ