サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中でゆったりとした時間を過ごすなら「国立公共資訊図書館」がオススメ 〜雑貨もあるよ〜

   





どうも台中在住のたけぼーです。本日は台中に旅行に来た方だけではなく、住んでいる方にもお勧めの場所をご紹介したいと思います。

それは「国立公共資訊図書館」です。台中の大きな図書館ですね。場所はこの辺り。

先日記事にしました台中駅からの散歩のゴール地点だった場所です。営業時間は以下になります。

月曜 休館
火〜土 9:00〜21:00
日 9:00〜17:00

平日と土曜は21:00まで開いているのがありがたいですね。

こちらはかなり大きな図書館で、ゆったり見て回るもよし、じっくり腰を据えて本を読むもよし、マルチメディア視聴関連も豊富なので映画を見るもよしの「いとまほろば」です。(いとまほろば:とってもいい場所。という意味。なんとなく使って見たくて。。。)

で、色々と写真で紹介していこうと思います。まずは図書館の外観から。(ちょっと写真に黒い枠が入ってしまいました。。。)

美術館のような建築です。まずは外観から楽しめますね。




色々ある入り口の中でも、建物の下のトンネル付近から入ると、本の返却コーナーがお出迎えです。

完全自動化されており、本を返却する人はこちらの機械に本を入れます。

奥はこんな感じで、本を色々チェックして、集荷場所へと運ばれます。こういうところの自動化は中華圏が進んでいるイメージですね。すごいぞ台湾。

この自動返却装置の近くに雑貨コーナーがあります。

台湾オリジナルのクオリティ高めのノートや、

マスキングテープなどが置いてあります。

台湾オリジナルで種類が豊富なので、お土産にも使えそうですね。他にもTシャツや革細工など、本当にちょっとした雑貨屋さんくらい色々置いてあるので楽しめます。しかもみんなお洒落☆ お値段は日本の雑貨と変わらない値段ですね。




そして雑貨屋さんを過ぎて入り口に向かうと、

天井にキラキラしたオブジェがあります。これが図書館の入り口の目印です。ちなみにこのオブジェ、いろんな文字が天井からつるされています。漢字の中にひらがなも入ったりしてます。親日の感じが本当に暖かいですね。

で、ここから入場します。

図書館は4階建で、1階はエントランスと返却ゾーン、子供用の図書スペースになってます。子供用スペースがどっかのアトラクションみたいで豪華です。




で、上にあがりますと、図書と学習スペースがあります。この辺りで学生さんたちが勉強してたりします。

こちらの図書館は全体的に落ち着いた中にお洒落な感じがちりばめられています。こういう空間で色々な考え事をするのは楽しそうです。もちろん図書館ですのでみんな静かにしています。マナーもバッチリです。さすが都会。

図書はかなり古い本もちらほらあります。日本だとこういう本は書庫に入ってしまいがちですが、自由に手にとって調べられます。

すごく昔の台中の写真だそうです。こちらの本は台湾に来た欧米人が執筆したものだそうです。実はすごく歴史的に貴重なものなんじゃないだろうか。。。

やはり図書館の本分は図書にあると思うわけです。その中で、こうした古い本がたくさんあるというのはいい図書館といえるでしょう。もちろん最新の本もたくさんあるので、調べたいことがあればこちらで足を使って調べるのはとても楽しそうです。

よーく調べると日本の漫画もちょっと置いてあったりします。是非探してみてくださいw




そして上の階に進むに連れて、一般書籍、専門書籍の新しいものになっていくイメージです。特に上のフロアに行くとスペースに色々と手が込んでいて楽しいです。

こちらは雑誌コーナー。種類の多さもさることながら、ディスプレイが綺麗です。趣味から専門雑誌まで色々揃っています。自転車関連ももちろん常備!

こちらは野球に特化したスペースです。台湾での野球人気が伺えます。台湾ではバスケットボールも人気ですが、バスケットのスペースは見当たりませんでした。まだ野球の方が人気なんでしょうか。

そしていたるところにこうした作業スペースや、勉強机がありますので、そこで本を読んだり、PCを開いて作業したり。。。

私はここでブログを書きながら、こういう生活したい。。。毎日こんなことしたい。。。と強く願ったのでした。




こちらの図書館はとにかく大きくて、本好きならいくらでもいることができます。もちろん本は中国語ですが、デザインの本を見たり、いろんな本の表紙を見たりするだけでも相当楽しいです。それ以外にもいろんな展示コーナーがあるので、ゆっくりみて回ってください。

また、静かで開放的な空間なので、クリエイティブな活動をするのにもすごく向いていると思います。ここで中国語の勉強をするとものすごく集中できてお勧めです!気になった本があればそれを翻訳してみてもいいでしょう。

個人的には自転車の雑誌を定期的に観に行くのと、中国語の勉強のためにこれからちょくちょく利用していこうかなと思ってます。そしてここでブログを書くのがまた楽しい。たまらんです。

ということで本日は台中のお勧め図書館について紹介してみました。皆さんもよろしければご来訪ください。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。



 - その他, オススメモノ, 台湾オススメ