サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中のガイドブックに載っていないオススメ小籠包屋さんを紹介します

   





どうも台湾の台中に住んでいますたけぼーです。

先日日本に一時帰国して、台湾に戻ってくる時に、空港のチェックインカウンターで対応してくれたお姉さんに「日本のご帰国予定はいつですか?」と聞かれて「え?私が聞きたいですけど?」と真顔で答えてお姉さんを困らせたたけぼーです。(冗談ですよ、冗談。。。台湾の仕事を終えていつ日本に帰れるんでしょうかね。。。)

おっといきなり関係ない話をしてしまいました。本題に入りましょう。本日は台中にあるオススメ小籠包屋さんです。

台湾といえば「小籠包」みたいなイメージの人は多いんじゃないでしょうか。実際小籠包は台湾でメジャーな食べ物ですし、安くて美味しいものが食べられるのでオススメです。

その中でも台中にあるガイドブックにはあまり載っていない超オススメ小籠包屋さんがあるので紹介して見たいと思います。

そのお店がこちら。

はい、写真がひどいですね。。。すみません。こちらのお店の名前は「饕之郷李姐的店」と言います。中国語の発音だと「タオジーシャン リーシャオジテダディエン」です。「タオジーシャン」が名前で、それ以後は「李お姉さんのお店」という意味になります。

場所はこの辺りです。

営業時間は以下になります。

月〜日 11:00〜23:00

割と遅くまで開いてくれているので便利ですね。



さて、お店の写真を色々と紹介していこうと思います。

看板の下はこんな感じです。ほぼ外で小籠包蒸してますが、こんなのは台湾では日常茶飯事です。驚いたら負けですw

店内の座席を撮り忘れてしまいましたが、目立つところはこんな感じになります。

このような小菜と呼ばれる小皿がたくさん置かれていますので、食べたいものがあればとってください。あとから請求されますが、どれも20〜30元くらいで安いです。オススメはキュウリの漬物ですw

奥には飲み物も置いてありますので、そちらも適当に自分で持って言ってください。あとから請求されます。

注文の方法は台湾ではよくあるメニューに記入してレジに持って行く方式です。

こんなメニューに書き込んでいきます。右上に机の番号を記入します。今回は5番でした。メニューの一番上の小籠湯包が日本でいう小籠包です。1セイロあたり85元。320円くらい。餃子の王将で餃子頼む感覚ですねw

他にも水餃子、ゴマだれ坦々麺、炒飯、青菜(野菜の炒め物)、きゅうりの漬物などを頼みます。今回はビールも缶で2本ほど飲みました。3人でこれだけ食べまして、確か600元弱でした。日本円にすると2220円。3人なので一人700円くらい。激安です。



そしてメニューへの記入が終わりましたら、レジに持っていきます。

こんな感じでレジの前にいる人にメニューを私ます。支払いは最後なので、渡すだけでOK。

しばし待ちますと料理が運ばれてきます。が、その前に小籠包のタレ作りです。お店の奥にタレを作るゾーンがありますので、そちらで自分好みのタレを作成します。

基本は生姜山盛りに、醤油、酢、好みで唐辛子やラー油です。私はラー油入れまくり。これがうまいんです。

そしてタレを作っていると料理が運ばれてきます。この時私は写真をたくさんとったのですが、なぜかデータが残っておらず、メインの小籠包しか残ってませんでした。。。ちくしょう。。。

でもメインは残っててよかった。

みなさんお待ちかね、小籠包はこちら。

1つのセイロあたりに末広がりの8個!85元なので一つ11元弱!40円くらい。台湾にしてはやや高めですが、日本からすれば安い!

こちらを一つつかみとり、レンゲに乗せてかわを破ります。

そしたら当然のスープ。熱々のスープ。

こいつをすすったあと、タレにつけて食します。破らず熱々のまま食べてキャッキャしてる人がいたらその人は日本人です。間違いない。

台湾人は熱々のまま食べたりしません。まじで熱いので。。。みなさんお気をつけて。

私はこのレンゲに小籠包を乗せて、タレのついた生姜を山盛り乗せて食べます。はっきり言ってオススメです。

まぁ1人1セイロは軽く食べれますよね。この小籠包と台湾ビール。もう最高にして至高。安いしうまい。台湾に来たら是非食べて欲しいグルメになります。

特に台中のこちらのお店は美味しくてオススメです。



ガイドブックにはよく「鼎泰豐:ディンタイフォン」というお店が小籠包の名店として書かれていますが、お値段はそれなりにします。こちらの「饕之郷李姐的店」なら半額以下で思いっきり楽しめますのでオススメです。

お店の雰囲気も台湾人を相手にしているお店というだけあって雰囲気満点です。台中にお越しの際はここで小籠包食べて日本に帰って自慢しましょう。まるで台湾通ですw

小籠包がうまいので、水餃子も普通に美味しいです。あと台湾といえば「肉操飯:ルーザオファン」というご飯に肉味噌みたいのをぶっかけたご飯もありますので、そちらもお召し上がりください。うまいし安いのでw

こちらのアクセスはどこからくるかによりますが、バス以外はタクシーで行くのが無難です。バスなら「向上精誠路口」というバス停を目指してください。5、89、290番のバスで来れます。

こんなに安くて美味しくて、地元の人で賑わっているのにあまりガイドブックに載っていないなんて、ガイドブック会社は何やってんだw って感じです。台中に住む日本人は結構知っているお店なので、そう言った人たちが口コミで広げている感があります。

みなさん台中にお越しの際は是非行って小籠包を味わってください。という話でした。
以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - オススメモノ, 台湾オススメ, 台湾グルメ