サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

義理のお兄さんのスマホを更新してあげた話 〜と言いながら自分も、、、〜

   





どうも元携帯乞食のたけぼーです。携帯乞食関連は今まで別のブログで書いていたんですが、今回は義理のお兄さんのスマホ更新を手伝うという乞食関係ない案件なので、こちらで記事にしてみようと思います。

今回はお正月で奥さんの実家に帰省している時の話です。色々ありましたのでちょっと読んでみてくださいw

まず現状ですが、奥さんの実家の家族は四人で、月の支払いが15000円くらいなんです。両親は携帯の安いプランなので、かかっても二人で3000円ってところです。残りの12000円くらいを奥さんと、義理のお兄さんで分けているようでした。

奥さんは以前私が機種変更を手伝ったのでプランを把握しており、その支払いは月に5000円くらいです。すると、残りの7000円くらいをお兄さんが使用しているということになります。

で、お兄さんはどんなスマホでどんなプランを使っていたかというと、、、

いつ買ったのかわからない京セラの3インチくらいのディスプレイの3Gスマホ、、、

プランは今は亡きパケット定額プランで、月額7000円弱。。。

なにやってんすか。。。

義理のお兄さんはがっつり養分様だったわけです。ちなみにその義理のお兄さんは、結構倹約家な面を持っているのですが、なぜここは放置している。。。という感じでした。

今時3G回線しか接続できないスマホに月額7000円払うメリットは皆無でしょう。よっぽどその機種に思い入れがあるとかであれば別ですよ? 例えば昔の彼女の形見とか、十年後に再開を誓った友人との通信手段とか、もうこのデザインだけでご飯10杯いけるとか、、、

一応それを確認するために、この機種じゃないとダメな理由を聞いてみたところ、「特にない」とのご回答。

OTL…

でしょうね。知ってたw




もうこの状況を知ってしまった以上私がやるしかない!という謎の義務感を持って貴重な日本の一時帰国休暇を消費して義理のお兄さんのスマホを更新することにしました。

更新の条件を確認すると、
・キャリアは家族がauなのでひとまずau(正直この考えが一番厄介)
・スマホの種類はなんでもOK
・プランなんでもOK

だそうです。つまり、なるべく安く機種変更をして、なるべく安いプランにすればOK。

そうと決まれば話は早い。早速準備に取り掛かります。

元携帯乞食の私が安く機種変更をするために実施すべきたった一つのこと、

そう、

カスタマーセンターでMNP番号(モバイルナンバーポータビリティ番号:電話番号そのままでauからドコモやソフトバンクに移行するための番号)を取得しようとしてもらう。ですw

あくまで「取得」ではなく、「取得しようとする」ですw

なぜか。

まぁこの記事を読んでいる方ならご存知でしょうが、一応説明しますね。

お兄さんはゴリゴリの養分さまで、11年もauの正規料金をきっちり払ってこられたお方です。そのauにとって最上級の上客をauが手放したくないことは想像に難くありません。

そんな上客がMNPでドコモやソフトバンクに行きたいといえば、auはこんな提案をしてきます。

「ポイントつけてお得に機種変更できるようにするんで考え直してください」と。。。

そうすることでポイントをもらえることができ、機種変更をいくらかお得にすることができます。

もちろんみんながみんなもらえるわけではありません。長く契約するとか、いいプランを契約しているとか条件はあるはずです。そんな中義理のお兄さんはデータ使用量が少ない3G回線契約で、支払額は最高クラスの7000円/月をざっと5年以上は払い続けているということなので、私はポイントがもらえることを確信していましたw

お兄さんにカスタマーセンターの質問と回答を事前に準備して教えて、実際に電話してもらうこと15分。無事15000ポイントゲットですw 15分の電話で15000ポイントならやらない手はないですよね。分給1000円ですよw

電話が終わった時のお兄さんの「こいつなんでこんなこと知ってんだ」的な目が刺激的でしたw

あとやっぱり一般人からすると「何か悪いことをしている」感がすごいらしくて、なんども違法ではないことを説明しました。(むしろお兄さんが今までがっつり毟られ(むしられ)てたんですよ)

で、ポイントを携えていざauショップへ。



お兄さんと私が一つの窓口に座り、家族グループでもないたけぼーがごりごり契約内容を進めて行くところをみて店員さんは何を思うのでしょうかwww

お兄さんに5000円以下で機種変更ができる機種3種類(AQUOS SENCE、QUA PHONE、リフレ)を見てもらい、AQUOS SENCEに決定。端末にほとんど月サポつかないのでピタッとプラン一択。簡単なお仕事でした。

そしてサクッと機種変更を済ませてお兄さんに新しいスマホを手渡したらようやく実感がでてきたのか笑顔もちらり。やってよかった☆

こんな簡単なことで月額使用料を減らしつつ、機種もタダ同然で更新できるのに、、、 やはり今のスマホの複雑な契約事情がこういった潜在的な養分様を増やしているんだろうなと思いました。

で、ここから続きがあります。

義理のお兄さんが契約をしている最中、私も乞食の血が騒いできまして、auショップで一括0円機種を色々探しました。そしたらGalaxyS8が一括0円ということで、、、

はい。契約してきましたw

私のメイン回線が1回線ドコモで眠ってましたし、解約月ということもあり、円満MNPを実施してきました。今は1台でも一括0円にしてくれるんですね。これってもしかして乞食再開できる!?

とりあえずお兄さんが契約している横でドコモのカスタマーサポートに電話してMNP番号を取得し、その場でMNPして端末をもらって帰る私。そんな私を見るお兄さんの目は何も語らずとも

「こいつまじ何やってんだ? 8万するスマホを、しかも台湾に住んでて使えないスマホを、契約?」

と、雄弁に表現していましたw

そして支払いの際に私が1円も払わずに帰ろうとして、

「え?お金は?」

ってなってたところを私がニヤニヤしながら、

「いいんですよw」

と、言った時の義理のお兄さんの狐につままれた顔は今回の一時帰国の一番の報酬でしたw





ちなみに義理のお兄さんはAQUOS SENCEというGalaxyS8対比でグレードが下がる端末に5000円払っているので、なおのこと意味がわからない感じでした。

こういう時に乞食やっててよかったと思う次第ですw

久しぶりのアンドロイド端末なので、SIMフリー化して台湾で色々使ってみようと思います。

Galaxyは食わず嫌いでずっと避けて多ところはあるんですが、これから色々と使い込んで見て、レビュー的なものも書いてみようと思います。(今更感w)

ということで今回の記事は、義理のお兄さんのスマホを機種変更していたら私自身がムラムラしてMNPしてしまいましたw というお話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, 携帯、スマホ