サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

新たな趣味として「仮想通貨マイニング」を始めるために自作パソコンを購入してみた件

      2018/01/25

どうも台湾在住のたけぼーです。個人的な事ですが、現在単身赴任にて台湾に駐在しています。独り身なので割と自由な時間があり、いろんな趣味に奔走しています。 例えば台湾に来てから始めた趣味として、 ・自転車 ・登山 ・文房具探し ・アロマオイル ・日本人に有名じゃない観光地探し などです。 そこに新たな趣味を追加することになりました。そう、「マイニング」です。 マイニング?なんだそれ、うまいのか??という人に簡単に説明します。

(仮想通貨の)マイニング マイニングとは、仮想通貨「ビットコイン」の生成(新規発行)を行い、その所有者となることである。「マイニング」(mining)は「採掘」にあたる英語である。 ビットコインはP2Pをベースとした通貨流通システムであり、通貨価値を担保したり新規発行を行ったりする中央機関を持たない。ビットコインの新規発行量は期間および流通量により自動で制御される仕組みになっており、専用アプリケーションを用いた分散処理に参加してビットコインを生成すると、報酬としてビットコインを得ることができる。ビットコインマイニングは個人でも参加可能である。 〜weblioより引用〜

まぁ正直これ読んでもピンと来ませんよね。そこで私のイメージで説明すると、仮想通貨は世界中のみんながパソコンを使ってビットコインの帳簿をつけています。その帳簿をつけるのをお手伝いすることで、お駄賃としてビットコイン(だったりその他のアルトコイン)をもらえる。という仕組みです。

つまり、「マイニング」 = 「帳簿をつけるバイト」 みたいなもんです。そしてそれをやるのはコンピュータであり、パソコンですね。 マイニングをやるためには以下のものが必要になります。

  • マイニングのためのコンピュータ(パソコン)
  • マイニングのソフト
  • やる気

です。最後のは無理矢理感ありますが、実は重要だったりしますw   このマイニングというものは、結構昔から行われていることなんですが、ごく一部でしか流行っていませんでした。その理由は、

  • 難しそう(情報が少ない)
  • 初期投資が必要な割に利益が少ない(もしくは赤字)
  • やる気がない

というところでしょうか。やっぱり最後やっつけ感出ちゃいますねw   なんかいろんなサイトを見ても利益が出ないみたいなものが多い割に、パソコン関連の知識がいるというのがネックなようです。が、2017年も終わり頃になると、「マイニングで利益でます!」みたいなブログがちらほら出て来ました。

中にはむしろ稼げるぜ!みたいなものも。 正直どの情報が正しいのかはやってみないとわからない状況です。そこで、単身台湾で身軽に動けるたけぼーがやってみようじゃないか!と思い立ったのが(この記事書いてる)3日前ですw なんかいざやろうと思ったらいても立ってもいられなくなり、、、   パソコンの部品まとめて買ってきましたw(後でちゃんと紹介します)

もともとパソコンの自作経験があったので、台湾のパソコンショップで情熱的なボディランゲージで買いたいものを伝えてきましたw ちなみに台湾でもマイニングは流行って「いた」ようです。

私が購入するパーツをみて、店員のお兄さんが「お前マイニングやるのか。そうか、遅すぎだぜ☆」って言ってました。台湾ではすでにブームが来て、みんなが始めてるそうです。マイニングはやる人が多ければ多いほど仕事が減るので、稼ぎも減るようです。それにみんながいいパーツを買いあさった後だからマイニングに向いたパーツが手に入らないということもあります。

だがそんなことは気にしない。ないならあるもので組む。遅いかもしれないけど自分で確認する。という強い気持ちでパソコンのパーツを購入。パーツは台中の秋葉原的スポット、NOVAで購入しました。 場所はこの辺です。

営業時間は11:00〜21:30 遅くまで開いているので会社帰りでも買いに行けます。 それでは早速購入したパーツの紹介です。

全体はこんな感じ。電源だけ個別の写真を撮り忘れたのでまずここで説明。 電源は上の写真の左上の白い箱です。

LEADEX製 SF-1000F14MP  1000W platina  6000元(22800円高い!) 電源はマイニングにはかなり重要で、安定した電力供給と、できるだけ発熱の少ないものを選ぶ必要があったので高めのものを購入しました。店員のお兄さんが、「俺、マイニングでこれ使ってるぜ!」っていうからオススメなんでしょうw 参考までに同等品のアマゾンリンクはこちら

  続いてパソコンといえばCPU。 Intel Celeron G3930 1100元(4180円) お店で取り扱っているCPUで最も安いものをチョイス。マイニングでCPUは飾りです。(実際にはCPUも使えることがわかりましたが、それはまた別のお話。。。)
  続いてCPUの相棒、メモリ Transcend製 DDR4 8GB 2700元(10260円、割と高い) まぁよくあるメモリです。張り切って8GBを購入しましたが、4GBでもよかったかなぁと思ってます。
  パソコンの屋台骨マザーボード ASUS(エイスース)製 STRIX B250 GAMING  3500元(13300円) こちらはPCI-Eスロットが7個付いてます。このスロットが多いほどグラフィックボードという大事なパーツを積めるので重要です。でも本当は下のやつが欲しかった。。。
でも台湾ではもう売ってないよ。。。って言われて諦めました。。。   そして記録なら任せろ SSD Transcend製 SSD 120GB  1500元(5700円。SSD安くなりましたねぇ) 特に取り立てるところのないパーツですw
  実際ここまででパソコンとしての機能は持っています。が、今回のメイン、マイニングのための主人公が残っています。それがこちらのグラフィックボード、略してグラボ! msi製 GEFORCE GTX1080Ti   27500元(104500円)x 2枚!!(209000円。。。) いや、めちゃくちゃ奮発しました。正直後悔、、、しないように心を強くもってます。。。

とりあえずせっかくやるんだからいいものをと思い、最高グレードの一品を。そして1枚から始めようと思ってたんですが、台湾でも結構品薄でなかなか手に入りません。そんな中「最後の2枚だよ」という悪魔の囁き。 しかも私は手持ちがなかったので、諦めようとしたら、店員さんが「そこにATMあるぜ!」って教えてくれたので、、、やっちまいましたw まぁこれからこいつが私の代わりに帳簿をつけるバイトをやってくれるということなので、せっかくだからいい子を雇いましたw

あと、写真忘れましたがwindows10 pro 64bit  4560元(17328円)こちらも正直Proでなくてもよかったなと。。。

そして合計価格74360元。

まとめ買いなので800元割引で、73560元。日本円にすると1元3.8円として、、、

279,528円。。。

 

いやっ!張り切りすぎたっ!!

 

これで利益出なかったら泣いちゃう。。。

 

という感じでロケットスタートを決めてみました。いきなり背水の陣です。誰に追い込まれるでもなく、セルフ背水の陣ですw

これぐらいプレッシャーかけないとモチベーションが維持できないとか強がってみます。 マイニングのコツは電気代を抑えることらしく、日本対比で電気が安い台湾なら勝機があるんじゃないかと思ってます。

あと、パソコンショップのお兄さんもなんやかんや利益出てそうだったので、なんとか利益を出していきたいと思います。 とりあえずパソコンを購入して、即セットアップ。 お気づきになられましたか? ケースなしのむき出しということにw(ちなみにこの写真はグラフィックボード以外で立ち上げ確認中) そう、このマイニングという作業はグラフィックボードからめちゃくちゃ発熱します。その発熱をいかに抑えるかがポイントになるので、空気の流れが悪いケースは不利なのです。だからむき出しなのです。決して買い忘れた訳ではないのです!!(こんだけ言えばOKかなw)

ということでめでたくマイニング用PCが買い揃いました。これからいよいよマイニング作業を初めていきたいと思います。 実際にマイニングをやってみて、どれくらいの利益が出るのか検証してみたいと思います。よろしければしばらくお付き合いください。

目標は利益がでたら仮想通貨にさらに投資して、大金稼いでサラリーマンを趣味にする!(まさかのこんなところでブログタイトルw)

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。 今後とも宜しくお願いします。

マイニングの収支記事は こちら

 - その他, マイニング, 台湾オススメ