サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

収支報告と同僚をマイニングに誘ってみようという話 〜ある意味クラウドマイニング〜

   





どうもなんとか順調にマイニングが進んでいるたけぼーです。一度パソコンを組み上げてしまえばあとはひたすら放っておくだけという簡単なお仕事です。

情報共有のために現状のご報告です。

1/20 15:00〜から開始して、1/26 0:30ごろの写真がこちらです。5.5日くらいマイニングが進んだ状況で、0.062BTC。今のBTCのレートが大体1BTC120万円くらいなので、7800円弱になってます。やはり先日記事にしたのと同じくらいのマイニングスピードを維持してます。

GTX 1080Ti 2枚を使い、NiceHash Miner を使うと1分1円分くらいの利益になります。1時間60円。1日1440円というところです。電気代を引いても1日1000円の利益を超えるとテンション上がります。2000円超えたらもっとテンション上がるだろうなぁと思い、もう1枚2枚グラフィックボードを追加しようか悩んでおりますw

そんなふうに放っておくだけでビットコインが溜まっていくというのが結構嬉しいんですが、いかんせん周りにこの気持ちを共有できる人がいないのが問題です。その寂しさを打開するための妙案を思いついたので、本日は記事にしてみようと思います。

 

それは同僚をビットコイン沼に引き込もうとしている話です。




ある時ビットコインのマイニングを始めた旨を同僚に話しました。最初は「マイニング?なんだそれ、うまいのか??」状態でしたが、色々背景を説明したり、実際のパソコンの写真を見せたりして、「たけぼーまた変なことやってんなぁ」みたいな認識を持ってもらいました。

そしてもちろん「毎日少しずつ利益がでるし、仮想通貨のレートが上がれば結構儲かるはず」という話を数日かけて刷り込んでいきましたw

すると後日

同僚が「自分なりにマイニングについて調べてみたんだけど、、、ょっと始めてみたいなと思って、、、」的な発言を。

キターーーーー。私のマイニングに対するサブリミナル効果が効いたんでしょうw(サブリミナル効果:意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のこと。今はこんな説明どうでもいいw)

私の地道なロビー活動が身を結び、一般人をマイニングの世界に引きずりこむことに成功しました。さて、ここからどう引きずりこむかがポイントです。PCの自作ごとさせてしまうのが一番楽しいのですが、PC自作の経験はないようで、そこにハードルがあるようでした。

PCを作らずにマイニングを始める方法は、、、

 

そう、私のPCの余ったスロットを貸し出して、そこに同僚が買ったグラフィックボードを刺すという方法です。

ただこれは、トラブル発生時の対応を誤るとPCとともに交友関係まで破壊されてしまうもろ刃の剣。決してオススメはできません。が、空きスロットを貸し出すことで

  1. 同僚がPCを購入することなくマイニングを始めることができる
  2. PCを購入することがない分、同僚の利益の一部を還元してもらうことができる
  3. 2.のおかげで私のPC本体の償却も早くなる
  4. みんな幸せ

という構図が見えてきます。どうせ空いてるスロットですし、電源もグラフィックボード1枚くらいの余裕はあります。私の構成で収入に対するPC本体の価格割合は約20%ほどなので、それと同じだけ負担をしてもらえばいい計算です。




つまり、同僚は自分でグラフィックボードを買い、私のPCにつける。そして私がひたすらマイニングし、得られた利益をグラフィックボードの数で分配する。その中から毎月利用料として20%ほど納めていただく。(電気代ももちろんいただきます!)

ざっくり計算したところ、GTX 1080Ti 1枚で、NiceHash Minerを1ヶ月動かすと、電気代抜きで18000円程度の利益が出る見込みです。電気代がおよそ3000円かかるので、15000円が純利益。そこの20%なので、約3000円をお納めいただきます。すると同僚は12000円程度の利益を本当に何もせずに入手できます。

私はマシンの温度管理をすることで毎月3000円のバイト代を手に入れます。正直リスクを考えると割は良くないのですが、少しは私の利益の足しになること、同僚とマイニングについて話せること、なんなら今後同僚をマイナーとして独立させることができるかもしれないこと、などから、PCの空きスロットを貸そうかと思ってますw

今この時点で税金については全く考慮していないので、年末揉めるかもしれませんがw とにかく私も同僚も新しいグラフィックボードを買う話でウキウキです。こういうのは準備してる時が一番楽しいのかもしれません。

そしてウキウキしすぎて私もグラフィックボードを買おうかなぁと。するともうマザーボード直差しでは隙間がありませんので、ライザーカードを買う必要があります。ライザーカードとは、グラフィックボードをはめ込んで、PCI E16という大きいスロットから、PCI E1という小さいスロットに変換するアダプタです。これを使うことで、マザーボード上の接続部分を小さくすることができ、たくさんのグラフィックボードをつけることができるようになります。


そしてライザーカードでグラフィックボードを増やすなら、電源も。

電源が意外に高いんですよね〜。重要なパーツなのでケチるわけにもいかないし。。。

と色々考えてたら、同僚のグラフィックボードのためにたけぼーがっつり出費してる〜〜〜。という話になりましたw まぁいいんです。そこまでガツガツ利益を求めているわけではないですから(ってグラボ増やそうとしている奴が言うなと言う話w)。まぁ出費は増えますが、時間さえかければ回収できる見込みが高いですし、ビットコインをたくさん持つということは夢がある話です。

その夢に賭けてみようと思います。(もちろん余剰資金の範囲で。借金だめ、絶対)

そして同僚と一緒に夢みてみようとおもいます。この週末は台中でグラフィックボード狩りですw 台中でも品薄な中、一体何枚手に入れることができるのでしょうか。ちなみに空きスロットは4つ。個人的には同僚2つ、たけぼー2つくらいがいいところじゃないかなぁと。

そして、熱くなる私の部屋。プライスレスw




6枚差しだと合計1850Wくらいになるからなぁ。超強力な暖房を南国台湾で使う。この狂気、悪くないwww

どうしても暑すぎてダメな場合は同僚にお引き取りいただこうと思います。そういった交渉ができる人とじゃないとこう言うことはできないのでご注意ください。

マイニングしててスロットが余ってるみなさん、知り合いにスロット貸してみてはいかがでしょうか。これってよくよく考えるとクラウドマイニングみたいなもんですよね。出資してもらって利益をだして、一部を還元する。それを個人でやると言う話です。まぁ規模は小さいんですがね。

そんななんとなく最先端の活動をやってる雰囲気を味わいながら、同僚と夜な夜なマイニングを肴にお酒なぞ飲めればいいなと思っています。

またこちらの詳細については後日記事にしてみようと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。




 

 - その他, マイニング