サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

豚肉と炊飯器と「コーラ」でお手軽めちゃうま角煮を作って幸せになる

   





どうも台湾在住のたけぼーです。台湾に単身赴任してきており、基本的には外食の日々を送っています。そんな日常を壊す出来事が起こったので、そちらを記事にしてみようと思います。

まず最初に何があったのかというと、台中にあるコストコのメンバーカードをついに作りました。メンバーカードは全世界共通らしく、これで日本のコストコにも行けるようになりましたw いや、そこがメインではなく、コストコでいいお肉を安く買えることがわかったのです。

ちょっと写真がガチャガチャして申し訳ないのですが、この豚肉、同僚と半分にしたんですがこの大きさです。1.5キロくらいあるでしょうか。

このお肉がなんと、全部で666元なんです。私と同僚で半分こしたので、1.5kgくらいで333元。日本円にすると1265円。。。あまりの安さにビビります。100gあたり100円を切ってきますね。。。

 

さて、こんなに安くお肉が手に入るということで、料理をしてみようと思ったわけです。もともと学生時代に同級生と角煮を作っては宴を開いていたので、今回も角煮を作ろうと思い立ちました。




しかし、私の台湾の家には鍋が一つしかありません。。。しかもフライパンです。鍋も買えよって話ですが、まずはあるもので作れないかと色々調べました。すると、角煮は今、炊飯器で作るのが流行っているそうです。

ありがてぇ。炊飯器ならほぼ使ってないし、持ってるということでその案を採用。そして色々レシピを調べるうちに、「コーラ」を使った角煮というレシピがちらほら現れました。

最初は「食べ物で遊ぶんじゃねぇ!」と思いましたが、色々見ているとどうやら美味しいと評判です。そして私の冷蔵庫にはたまたまコーラが常備されている。。。これはもう、僥倖、、、圧倒的僥倖、、、

ということで早速コーラを使った豚の角煮作りにチャレンジして見ました。それでは料理の過程を上げていきます。

必要なものは以下になります。量は基本目分量ですが、味付けは薄めに作って後で濃くすると失敗ないかと。

  1. 豚肉 1kg前後
  2. ネギ 1束
  3. 生姜 1個
  4. コーラ 缶を2本
  5. 酒 少々
  6. 醤油 少々
  7. 炊飯器 1台w

1.豚肉を丸ごとたくさんのお湯で下ゆでして、適当な大きさに切る。

消毒と不要な油を取るために下ゆでしたんですが、まだまだ赤かったです。。。でもこれから煮込むし、オッケーということで。また、こちらの豚肉は皮も付いているタイプでした。皮も煮込めばたべれそうですが、ちょっと気になったので剥いでおきました。これがしんどかった。包丁もコストコ品ですw

 

2.一緒に煮るネギや生姜を切る

レシピを見ると、このネギの青い部分がいいそうです。白い部分は今回使用しませんでした。(後日鍋料理に使いました)

生姜は適当に切りますw

ネギも生姜も肉の臭み消し的な効果を狙っているようです。

個人的にはこのネギがいい味出してました。そしてどうやらこのネギが肉の柔らかさにも貢献しているようなので、ぜひネギを入れてみてください。




3.炊飯器にお肉を入れる

ここで炊飯器の登場です。私が思っていたより炊飯器が小さく、お肉でいっぱいになってしまいます。。。

そして写真に写っている赤いやつが今回の主人公ですw

 

4.背徳感を持ちながら投入

いやー、なんか食べ物で遊んでいるような気がして、、、気がひけるんですが、真面目な料理と言い聞かせてコーラ投入w こんなの初めてw

ちなみにコーラはお肉が隠れるくらいまで入れます。1本では足りず、1.5本くらい使いました。残りは美味しくいただきましたw

 




5.その他の薬味等を投入

お肉と一緒に、ネギ、生姜、ニンニク(チューブのやつ)、酒(冷蔵庫にあった適当な日本酒)、醤油を投入。醤油は味の決めてになるんですが、量はざっくり炊飯器に2週くらい回してかけました。これで若干薄かったので、薄めに作って後で調整するのがオススメです。

 

6.炊飯器で炊く

こんな感じでいざスタートです。奥さんにも過程を写真で共有してました。奥さん曰く、「具材入れすぎ。漏れないように気をつけて。」だそうです。

そして私は、大丈夫大丈夫(根拠なし)と答えていざ炊飯スタート。

 

案の定

煮汁を吹き出す炊飯器さん。。。

 

やらかしたー。やっぱり入れすぎは良くないってことですね。。。皆さん炊飯器の容量は余裕を持ってお願いします。。。

定期的に吹き出す煮汁を拭きながら、1時間程度炊き上がるのを待ちます。

 

そして完成品がこちら。

おぉ、思ったより見た目がそれっぽい。若干薄めだけど、1時間くらいならこんなもんかな。という感じです。

そしてお味は、、、

 

めっちゃくちゃうめぇ。。。。やわらけぇ。。。

 

です。ほんとビビります。素人が適当に材料切って炊飯器に入れてスタートボタン押すだけでこのレベルの角煮が作れるなんて。。。




学生時代、普通の鍋で豚肉煮込んで、一度冷まして油抜いて、汁を交換して味付けしていきながら、2日かけてパッサパサの角煮ができていたあの頃の俺、何やってんだ。。。

ほんとこのお手軽角煮には衝撃でした。そしてコーラのお味ですが、全く残ってません。普通の生姜醤油味の角煮です。逆にコーラどこに消えたw まぁコーラはほんのりとした甘味に変わっているのと、もしかしたらコーラの炭酸が肉を柔らかくするのに一役買っているのかもしれません。

結論はコーラで角煮作るとめちゃくちゃうまい角煮ができました。となります。

コーラ万能やなw

もちろん角煮を食べる際の付け合わせは、、、

 

コーラですw

 

あー、美味しかった。でもまだまだ残ってるんだよなぁ。。。角煮生活の始まりです(すでに若干飽きたw)。

準備の時間は1時間も入らず、あとは炊飯器で1時間ほど炊けば完成という、超お手軽角煮でした。しかも結構美味しくできるので、ビールのつまみや、ご飯のおかずにいかがでしょうか。コストコが近くにある方、豚肉が安く手に入る方には熱烈オススメです。

なお、炊飯器で角煮を作ると、同時にご飯を炊くことができないのでご注意をw

 

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, オススメモノ, 台湾グルメ