サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

新しいマイニング用マシン(マイニングリグ)を組んでみたので紹介してみる件

      2018/02/25





どうも最近マイニングにどっぷりはまっているたけぼーです。先日私はグラフィックボードにGTX1080Tiを6枚使用した豪華なマイニングマシンを作ったのですが、マザーボードの制約上これ以上の増設は不可能でした。

そこで今後増設することを踏まえて新たなマイニング用マシン(マイニングリグ)を組んでみることにしました。今回の目的は、なるべくたくさんのグラフィックボードを積めるようにするということです。

今巷で有名なマイニング用マザーボードといえば、ASUSのマイニングエキスパートというのが有名です。

色々制約はありますが、19枚のグラフィックボードを搭載することができます。モンスターマザーボードですねw

ただこのマイニングエキスパートは本気のマイナー(マイニングする人)に人気なので品薄だったりします。そして困ったことに、台湾では全く手に入りません。ASUSは台湾の会社なのに、、、なんてこった、、、。

で、台湾で手に入るものを色々探した結果、こいつが候補になりました。

日本では流通が少ないためか高めの設定ですが、台湾では3990元(約15000円)で購入することができます。こちらはマイニングエキスパートには及ばないものの、全部で12枚のグラフィックボードがさせるとのことです。今手に入る中で最大枚数が使用できるものでしたので、こちらに決定。

 




そして、残りのパーツは先日組み上げたものと同じような構成で、さらに安いものを探しました。

以下構成になります。
マザーボード  gigabyte(ギガバイト)製 B250 fintech  3990元(15162円)
CPU  Intel Celeron G3930 1100元(4180円)←こいつは前回買ったものを使用
メモリ  Transcend製 DDR4 4GB 1300元(4940円)
SSD  Transcend製 SSD 120GB  1300元(4940円)
電源  LEADEX製 SF-1000F14MP  1000W platina  5700元(21660円)
グラフィックボード msi製 GEFORCE GTX1060   9990元(37962円)
OS  windows10 pro 64bit  4560元(17328円)

電源は以前より若干値引くことに成功w 合計は27940元。日本円にして106172円です。このうちグラフィックボードが38000円程度してますので、グラフィックボード無しの基本構成は約70000円というところでしょうか。メモリも前は8GBのところ4GBにするなど、細かな節約を実施しています。

購入時の風景ですw

以前GTX1080Tiは4枚以上だとCPUに負荷がかかりすぎてうまく動作しない状況に陥りましたので、今回はGTX1060など比較的負荷が少ないもので構成していこうと思います。




まずは基本構成でマイニングマシンを組んでおいて、マイニング報酬が一定量たまってきたらそちらを使用して新たなグラフィックボードに投資していくスタイルにしようと思います。

で、マシンを組む場所も今回は考えました。これまでのマシンと電源を共有するとブレーカーが落ちるので、電源が別の場所。そして、同じ部屋に置くと排熱が大変そうなので、できるだけ熱の影響が小さい場所。。。

その答えは、ここだっ!!

一人暮らしなのに、なぜか部屋に2個あるトイレのうち、一つをマイニング部屋にw

水回りなのでちょっと危ない気もしますが、逆に言えば家事が起きてもすぐ水がかけられる、しかも独立した部屋で常時換気扇を回すことができる、なんか個室感があっていいw ということでトイレマイニングを始めましたw

上の写真は組み立て始めの写真です。トイレの地べたに座ってマシンを組んでました。

でもあまりにもむき出しで放置するのも良くないので、近くのホームセンターみたいなところでラックを買って整頓してみました。

これで用を足しながらマイニング状況がみれるという素敵な部屋の完成です。トイレの後の手洗いは最新の注意を払って水滴が飛ばないようにしますw(特に下のコンセントがやばいw)

まぁここはもうトイレではなく、マイニング部屋として利用するので、トイレと洗面所は封印です。さらにはシャワーもついてますが、こちらは元栓からブロックですw 水が出たら一瞬で終わりですからね。。。

そしてこの写真をよく見ると気づく方もいるかもしれません、、、そう、、、フラフィックボードがなぜか2枚に。。。

これは今後マイニング報酬で買い足していくという自分ルールを課したものの、週末にパソコンショップ巡りをしてグラフィックボードがあれば買ってしまう病を発症した結果ですw

調子に乗ってGTX1070を買い足してしまいました。しかも17000元(64600円。。。超高い)で。。。

でもいいんです。買いたい時が買い時。悩んで機を逃したら次は買えないかもしれませんし。。。てな感じでマシンが順調に育っていきます。(予想より早いペースで。。。)




今後は少し自重しながらコツコツと組んでいこうかとおもいます。ちなみにGTX1070と1060(6G)の2枚構成ですと、ナイスハッシュマイナーで1日約550円程度の収益になります。(2018年2月21日時点。電気代除く) 電気代を除いた純利益だと350円/日というところでしょうか。

今仮想通貨(正確には暗号通貨ですが)のレートが暴落から少し戻してきてますので、マイニングには嬉しい状況と言えます。とは言えいつまた暴落するかという恐怖は常につきまといます。

でも毎日小銭が入る喜びと、いいグラフィックボードを買う口実ができるという点で、マイニングはたまりませんw 明らかにマシンを買うお金で仮想通貨を購入したほうが投資としては簡単なのですが、マイニングにはマイニングのロマンがあるので、そこに投資をしている次第です。

ひとまず今後コツコツ買い足す下地は完成しましたので、今後利益の報告とともに、新しいグラフィックボードを購入したという記事が増えていく予感です。皆様生暖かく見守ってくださいw

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, マイニング, 台湾オススメ