サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中オススメの文房具屋さん「覓靜拾光」についてレビューします

   





どうも、最近ユーチューバーになりたいと言ったら奥さんにガチ目に「仕事やめやんといて。。。」と言われたたけぼーです。ユーチューバーなんか楽しそうでいいですよねぇ。。。

と、本題と関係ない出だしですみません。本日は以前に紹介した台中オススメ文房具屋さん5選の記事にでてきた「覓靜拾光」というお店の詳細情報を書いてみようと思います。

まとめ記事の時は写真をあまりたくさん載せられなかったので、本日は多めに写真を載せていきたいと思います。

「覓靜拾光」

お店の場所はこの辺です。

営業時間は以下になります。
火曜定休
月水木金 13:00〜21:00
土、日 14:30〜19:00

 

こちらのお店の外観はこんな感じです。まとめにも載せた写真ですが、、、

 

そして中はこんな感じです。万年筆の種類が多く、万年筆好きにはたまりません。

 

そしてインク類も豊富に揃えてあるのも見逃せません。

こちらはインクが展示されているフロアがカフェになっていますので、買った万年筆とインクを早速試すこともできます。




以前の記事でも紹介しましたが、カリグラフィー用のペンやペン先がたくさん売ってます。

 

また、おしゃれ感強めのガラスペンなんかも展示されています。

こう言ったものもお願いすれば試し書きさせてくれますので、どしどし頼んでみましょう。試し書きの合言葉は「我想試寫:ウォーシャンスーシェ(試し書きしたいです)」です。

他にも日本ではあまり見かけない台湾メーカーの万年筆が置いてあります。ちなみにこいつは、、、すみません、メーカー忘れてしまいました。。。

味がありますね。日本でいうNamikiブランドのような感じでしょうか。Namikiほどは高くありませんが。

下の写真は個人的に好きなKawecoの万年筆です。こんな真っ赤っかなKaweco、かっこいいですね。クリップなど小物もちゃんと売ってます。値段は台湾ドルなので、ざっくり3.8をかけた数値が日本円になります。

 




 

そしてこちらのお店の圧巻は、店長が集めたビンテージ万年筆や、お気に入り万年筆たちです。こちらは残念ながら売り物ではないようですが、珍しいものが観れるので、これを見るだけでもかなり楽しいです。

こっそりとパイロットμが入っていますね。これほっしい。。。

 

なかでもこの極太のMontblancの万年筆(?)がすごいものだそうです。私の中国語理解能力ではどれくらいすごいかはわからないのですが、望遠鏡(?)がついてるのか、望遠鏡そのものなのか、、、検索しても出てこないので間違ってるかもです。。。

でも店員さんのテンション的には「こいつぁーやべーぜ!」的な感じでした。無知な私としてはパイロットμの方が欲しいんですけどねw

 

あと、これは売り物ではなさそうですが、活版用の活字たちもディスプレイされています。いろんな漢字が並んでいるところは圧巻です。

台湾の漢字は繁体字(例えば国→國、学→學みたいな難しく書く漢字)と呼ばれる複雑なものなので、それを活字にするってすごいなと思います。

とまぁこう言った魅力溢れるお店なんです。こちらのお店では、試し書きもいろんなペンでさせてくれます。試し書きを一つ見るだけでもなんだか外国にきたなという感じがします。ちなみになんて書いてあるかはわかりませんw

さて、こんな魅力溢れる文房具屋さんが台中にもいくつかあります。

他の文房具屋さんは「こちらの記事」でまとめています。よろしければご覧ください(ブログの宣伝です!)

他にも色々文房具屋さんが眠っていそうですので、台中を探し回ってみようと思います☆ また良いところがあれば紹介します。乞うご期待!

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後ともよろしくおねがいします。



 - オススメモノ, 台湾オススメ, 文房具