サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その1 出鼻を挫かれる〜

   





どうも台湾の台中在住のたけぼーです。この度は土日に1日休みをくっつけて、3連休にして台湾のオススメ観光地「澎湖」に一人旅してきましたのでレビューをしてみます。

澎湖は台湾のハワイという謳い文句で、海がとても綺麗なところだそうです。ただ、6〜11月がオンシーズンで、今はオフシーズンど真ん中w でも休みがこのタイミングなのでとりあえずワンチャン一人旅をして来ました。

まずは基本情報です。澎湖はこの辺りにあります。(地図の縮尺w)

台湾の中南部から50kmほど離れた離島です。大小90個くらいの島からなる諸島で、澎湖諸島(台湾名:ポンフー、日本名:ほうこ諸島)と呼ばれます。一番大きな島に馬公空港(マーゴン空港)があり、台湾各地から国内線で行くことができます。一部中国やマカオなどから国際線で行くことも可能です。

私は台中に住んでいることもあり、台中空港から国内線で向かうことにしました。予約から色々含めて説明していこうと思います。




航空券の予約について

航空券は私がよく使うexpediaにて予約を行いました。

澎湖に行こうと思いついたのが旅行の週の月曜くらいなので、16日の便を12日くらいに予約しましたw いつも旅行は思いついたタイミングで実行するたけぼーです。(なので計画を組んで行く人に迷惑を掛けがちw 今回は一人なので自由。圧倒的自由。)

澎湖という名前で検索しても、空港の名前が馬公空港なので、マーゴンの「MZG」が出て来ます。Zはどこから来たんや。澎湖で調べたのに変な略称出て来たと驚かないでくださいw

マンダリン空港はチャイナエアラインの子会社なので、そこそこしっかりしているかと思います。日本ではまず聞かない航空会社ですが。いや、もしかしたら沖縄くらいには行ってるかもですが自信ありません。。。

で、肝心のお値段ですが、往復で11600円です。個人的には非常に安いとおもいます。飛行機で離島往復が1万円ちょいなんて、いい時代です。滞在時間をなるべく長く取るようなフライトにしてみました。朝がちょっと早くて辛いですが、行きなら頑張れますw

オフシーズンということもあり、チケットは簡単に取れましたが、シーズン真っ盛りだと週末の航空券は奪い合いになるそうなのでご注意ください。航空券がダメでも船便があるので諦める必要はありませんが。

ということでサクッと航空券の予約は完了です。




 

ホテルの予約について

今回ホテルについてはこだわりたいポイントでした。澎湖は海が綺麗ということで絶対オーシャンビューの部屋を取ると意気込んでました。

そしてだいたい値段のボリュームゾーンは2000〜4000元くらいです。日本円にすると1泊7600円〜15200円くらい。ちなみに台湾の場合部屋貸しなので、この値段で2〜4人程度泊まることができます。まぁ、一人の私には関係ありませんが(泣)

そしてそれを満たせそうな場所を発見しました。今回は名前を伏せますが、中心部から少し離れたホテルで海が近く、私が行きたい観光地へのアクセスが良さそうな場所です。そして、4人部屋で4000元が残り1室!結構人気もありそうです。ということで滑り込みで予約。そして、5分後、、、

 

たけぼー「あ、なんか台湾のどこかから電話だ。仕事かな。」

電話先お姉さん(以下お姉さん)「先ほどインターネットで予約いただいた○◯ホテルのものです」

たけぼー「あ、はい。何かありましたか?」

お姉さん「今オフシーズンなんで、ホテル空いてないんです(てへぺろ)。どうしようもないのでキャンセルお願いします」

たけぼー「!?(なんで予約できたんや?とか文句言いたいけど中国語できず。)わかりました。。。では。。。」

 

という感じで予約できたけどできませんでしたw

しかもネットでキャンセルしようとしたら、直前なのでキャンセル料かかる!?おいおい、泊まれないのにキャンセル料かかるってなんやねん。てかそもそもキャンセルの仕方がサイトのどこみてもわからんがな(中国語サイトなので)。

これはダメだ、、、さっきのお姉さんにとりあえず電話だ。。。

 

たけぼー「なんかキャンセル料かかるみたいなんですが」

お姉さん「そうみたいですね。私もさっき見たらそうなってました(てへぺろ)」

たけぼー「ですよねぇ。」

お姉さん「ちょっとまってください。なんか考えます。また掛け直します。」

 

という感じ。中国語ができたら文句言いまくりですよ!いや、言えないんだけどね!

この適当な感じがなんとも台湾らしいというか、ちょっと日本ではない対応に戸惑いました。




そして数分後、また電話が。

お姉さん「やっぱりキャンセル料とかかかっちゃうかもしれないので、私が澎湖の便利な地域、馬公市らへんで同じランクのホテル予約してもいいですか?」

たけぼー「おぉ、そんなことできるんですか」

お姉さん「はい、できます。んで、申し訳ないので当日空港まで私が迎えに行きます。さらに、レンタカーとか手配します」

たけぼー「お、おぉ、まじすか。いや、ありがとうございます(よく考えたらありがとうは変w)」

お姉さん「ではそれで進めるのでもうキャンセルとかしないでOKです。レンタカー何がいいですか?」

たけぼー「私台湾の免許ないんです」

お姉さん「なるほど、なら免許不要の電動バイクですね。適当なの見繕っときます。当日は何時の飛行機ですか?」

たけぼー「7時45分馬公着です」

お姉さん「夜の?」

たけぼー「朝の」

お姉さん「朝の。。。わかりました・・・。」

という具合に明らかに朝早いことにテンション下がってましたがなんか色々なんとかなる運びとなりました。

 

こういう色々手を焼いてくれるところは台湾人らしいというか、いいところではあります。で、最初の予約しちゃダメなところで予約できちゃうドジっ子属性も台湾っぽいw

出発前か台湾の洗礼を受けつつ、なんとか旅程が決まりました。

 

上記のようなやりとりがあってちょっとトラウマになりそうだったので、もう一泊はめっちゃ手堅いシェラトン予約してやりましたw これなら色々安心でしょうからw

直前で旅の予定を立てるのも良くないのでしょうが、いきなり出鼻を挫かれた感じです。結果オーライなんですけどね。要らぬ一手間二手間がありましたが、なんとか準備は整いました。これから行きたいところを探すかw という行き当たりばったり旅、いよいよ始まります。

これから何度かに分けて書いて行こうと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。




 

 

 

 - 台湾オススメ