サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その4 トンボロ現象が珍しい奎壁山遊憩区や愛門ビーチなど〜

   





どうも台湾在住のたけぼーです。本日は旅の2日目の話を書こうと思います。これまでの記事についてはこちらをご参照ください。

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その1 出鼻を挫かれる〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その2 澎湖についたので観光の準備〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その3 いきなり離島のプライベートビーチ 吉貝島〜

ざっくりあらすじを説明すると、ホテルの予約でなんやかんやトラブったものの、なんとか1日目をスタート。いきなり離島のプライベートビーチに行ったら観光客は私だけ。超絶綺麗なビーチを独り占めして1日目は終了。という感じです。

で、本日は2日目です。特に予定は立てていませんので、朝からどこに行こうかネットで検索です。すると、世界でも珍しい「トンボロ現象」というものが見られるところがあるとのことです。世界でも珍しいとなれば行くしかないですよね。ちなみにトンボロ現象はwikipediaによると

トンボロ現象(トンボロげんしょう)とは普段は海によって隔てられている陸地が、干潮時に干上がった<海底で繋がる現象である。

だそうです。この現象が澎湖でも見れるということなので行ってみることにしました。ちなみに場所はこの辺りです。

私が泊まっていた民宿からはほぼ対角にある場所です。距離にして15kmです。せっかくなので南側を大回りしていろんなビーチに寄りながら進むことにしました。そうすると大体30kmくらいの距離になるので、電動バイク(1日目参照)で移動しても寄り道しながら2時間以上かかることになりました。

寄り道については後で書くとして、まずはトンボロ現象の「奎壁山:クイビーシャン」の紹介から。




 

奎壁山遊憩区

こんな感じで公園のようになっています。そして早速トンボロ現象がこちら!

ちょっとわかりにくいですが、今陸続きになっている部分は満潮時に隠れてしまい、海の底です。それが干潮になると道になるというものです。この日は風が強くてこの道部分には入っちゃいけないよという表示がされていました。

なので写真に写っている人は幻ですw 私は道を歩きたい衝動に駆られながら指をくわえて見てました。ええ、本当です。

こちらは時間帯がよければ道が出来ていく光景も見れるそうです。潮の満ち引きの時刻表については「こちら」をご参照ください。

別角度から見るとこんな感じです。

こんな感じでインスタ映え狙いのポイントもありますのでご利用ください。私も自撮りで使わせていただきました。ほんと一人で自撮りって寂しい。。。

ちなみにこの日はトンボロ現象の道に入ることが禁止されるくらい風が強くて曇りの天気でした。なので海の綺麗さはいまいち伝わりませんが、晴れた日は青い海が割れて道ができるそうです。次は晴れててほしいなぁ。

で、この観光地はここがメインなんですが、私はあえて別の場所をオススメしたいです。それは、このトンボロ現象が見える場所の左側にある、玄武岩の岩壁スポットです。こちらは台湾人の興味をひかないのか、全く観光客がいません。

しかし、玄武岩の壮大な壁や、一部インスタ映えしそうなポイントがあるのでご紹介します。

 

奎壁山遊憩区の玄武岩

まずは玄武岩の壁をどうぞ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

荒々しい表面で、大地の力強さを感じます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真では伝わりにくいのですが、大迫力です。

この壁を見て分かる通り、岩が落ちてくる可能性がありますので、あまり壁に近づかない方が賢明です。ここで地震が来たら海側に逃げた方が助かる気がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

で、玄武岩の壁を散策すると、こんな感じの岩の避難場所?みたいなものが見えます。ここは特に禁止されている感じもないので、入って見ました。すると、、、

なんか、、、いい。

 

これで青空と青い海だったらすごい景色だったんだろうなと思います。個人的にはここに座って1時間くらいぼーっと海の音を聞いていれたらなぁと思うポイントでした。

ただし、落石の可能性がありますのでそのあたりは自己責任で。安全面からするとオススメは出来ません。

このスポットは台湾の観光サイトではあまり取り扱われていませんので、観光客も少なくて綺麗です。というか私は基本的に観光客があまり行かないけど綺麗な場所が好きなようですw せっかくの旅行なんで静かに楽しみたいんですよね。(でも一人は寂しいという矛盾w)

 

という具合でこちらのトンボロ現象が見れる「奎壁山遊憩区」について紹介してみました。こちらにくる際は時間を確認して海が割れていく様を見ることをオススメします。私はそれが見れなかったんですが、それ無しだと30分でトンボロ現象ポイントに飽きます。玄武岩も見て回れば1時間くらいは楽しめる、そんなポイントです。

 

 

そしてトンボロ現象を見に来るまでに実はいくつか寄り道していたのでそちらについても紹介してみようと思います。




 

隘門沙灘(アイメンサータン:愛門ビーチ)

こちらはトンボロ現象を見にいく途中で看板を見つけて適当によったビーチですが、思ったより良かったので紹介です。

場所はこの辺りです。

空港から近いので、タクシーですぐにいくことができます。この近くに民宿もありそうなので、こちらもなかなかオススメだと思います。

ちなみにビーチはこんな感じ。

ちょっと写真は盛ってますが、曇りにもかかわらず青かったので、晴れたらめちゃくちゃ綺麗だと思います。補正無しだと下のような感じでした。それでも綺麗なんですがね。

 

そして台湾人大好きインスタポイント

隘門ビーチの名前からもじって、同じ発音の「愛門」のオブジェです。いろんなところにLOVEって写真ポイントがあるのと同じ感じですね。写真は門がわから撮ってますが、サイドに「愛」って書いてあります。

そしてこのビーチはすぐ後ろに公園もあるんですが、そこが結構整備されていて綺麗でした。ビーチと公園で1日ゆっくり過ごしたい方にオススメです。

公園を突き抜ける回廊です。かなり大きい。そして静かで綺麗。いい雰囲気でした。

 

ちなみに看板に軍人忠霊祠と書いてあったと思いますが、このビーチと公園に併設して軍人さんを祀るお寺のような場所もあります。そこには移動砲台や戦車が置いてありました。

ここは観光場所ではないので、見るぶんには問題ないと思いますが、はしゃがないように気をつけましょう。厳かな雰囲気を味わってください。

こういったものも含めてゆっくり見て回るのにオススメです。ちなみに周りにお店がないので、ここにいくまでに食料など買っていくことをオススメします。

夏場は露店とか出てくると思うので大丈夫だと思いますが、冬場は本当に何もないです。なので観光客も少なくてゆっくり見れるということなんですが。。。まぁゆっくりしたい方にオススメです。

 




そしてもう一つのビーチ。

龍門沙灘(ロンメンサータン)〜あまりオススメではない〜

澎湖の西の方にある大きめのビーチです。場所はこの辺。

ここには特徴的な大きなオブジェがあります。

戦車風。

やはり龍門とかいてロンメンと読むのが、ドイツ軍戦車の「ロンメル」に近いからでしょうかね。

あとは私が大好きなゲーム、メタルマックスに出てくるマンモスタンクに似てるというのもあります。

いや、これが言いたかっただけなんです。すんません。。。

で、こちらのビーチは結構大きいし、マンモスタンク似の建造物もあるのですが、あまりオススメできません。その理由は、

  1. 周りにお店や民宿がない
  2. 場所が遠くて行き難い
  3. 砂浜がゴミだらけ。。。

この3.が致命的です。もしかしたらシーズンまでに掃除をするのかもしれませんが、下の写真のように、砂浜全体がゴミだらけなんです。。。

遠くの人たちがゴミ拾い的なことをしているようでしたが、とても拾いきれる量ではありません。。。

という感じで、ビーチにもオススメできるところとそうでないところがあるということが今回わかりました。基本的に海は青くて綺麗です。ビーチによってはゴミひとつなく白い砂浜があったりもします。でもこういうところもあるので、旅行の計画を立てる際にご参考頂ければと思います。(そしてせっかくの綺麗な砂浜がこんなことになるので皆さんゴミのポイ捨てはだめ、絶対。)




こんな感じで澎湖を一周して2日目は終わっていくのでした。ちなみに2日目のホテルは奮発してシェラトンホテルをとりました。ちょろっと紹介を。

澎湖福朋喜來登酒店(ポンフーシーライドンジョーディエン:ほうこシェラトンホテル)

場所はこの辺りです。

今回は13階建の12階にある1泊2.5万円くらいのキングベッドが置いてある部屋に止まりました。そう、一人で。

部屋は結構広くていい感じでしたが、何よりオーシャンビューを選んで良かったと思う次第です。部屋のベランダにベンチがあり、そこから海を眺めてぼーっとする贅沢。

もしオーシャンビューの部屋でなくても、5階にあるプールからゆっくり海を眺めることもできます。これも贅沢でした。

部屋から見下ろしたプールはこんな感じ。結構涼しいのに誰か泳いでました。意識高いw

シェラトンホテルは部屋自体が観光スポットみたいな感じなので、時間とお金に余裕がある人にはオススメです。(私はちょっと使えるポイントがあって安く泊まりました。次回はこの部屋は無理だ。。。)

ほかにもシェラトンホテルの中で

こんなフリースペースや、

 

こんな読書ゾーン

 

そしてジムがありました。ジムはマシンが少ないのですが、ダンベル等のフリーウエイトとベンチはあるので結構楽しめました。人もいなかったし。

 

といった具合です。シェラトンホテルはやっぱり安定してますね。spgアメックスカードなどをお持ちの方はオススメかとおもいます。

 

そしてシェラトンホテルの夜は更けていきました。

ベランダで晩酌です。

 

そう、一人で。。。

 

 

澎湖一人旅の2日目は以上になります。正直2日目は1日目ほどの感動はなかったですね。ちょっと綺麗な景色に慣れてしまったというのもありそうですw

引き続き3日目をご期待ください。(先に言うと3日目は良かったです☆)

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, 台湾オススメ