サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中decathlon(デカスロン)のオススメサングラスについて紹介する件

   





どうも台中在住のたけぼーです。台中にはいいスポーツ用品店としてdecathlonというところがあります。decathlonは日本語だとデカスロン、中国語だと迪卡儂(ディーカーノン)という読み方でしょうか。

場所はこの辺りにあります。

年中無休で台湾としては早い朝9:00時開店、22:00閉店の使いやすいお店です。

こちらでは安くて見た目がかっこいいスポーツ用品を扱っています。スポーツはランニング、自転車、筋トレ、登山、バドミントン、卓球、ゴルフ、水泳などありとあらゆるものがあります。中には「狩猟」というジャンルまで用意されていますので、よほどマイナーな競技でなければ道具が揃いますw

私はデカスロンでサイクリング関係のアイテムにお世話になっています。なんせサイクルジャージはデカスロンオリジナルブランドのB-twinで身を固めていますw

少し話が逸れましたが、台湾の屋外でスポーツをする場合、日差しがかなり強いのでサングラスが欲しくなりました。もともとデカスロンで買った風除け用の透明ゴーグルを使用してたんですが、昼間はまぶしすぎて疲れるということに気づいたんです。そこでスポーツ用品がなんでも安く揃うデカスロンでサングラスを探してみた次第です。

ということですごくいいサングラスを手に入れたので紹介してみようと思います。しかも2種類!!



CYCLING 700 PHOTOCHROMIC

まずはこちらのサングラスです。名前はCYCLING 700 PHOTOCHROMICです。写真はこんな感じです。

このサングラス、なんと調光レンズなのです。調光レンズとは、紫外線が当たるとレンズが黒くなり、サングラスのようになります。紫外線が当たらないと透明です。

つまり太陽が昇る昼間はサングラスとして使用でき、夜になると透明レンズのゴーグルとして使用できる優れものです。

この調光レンズなんですが、結構高いのが問題なんです。日本だとアマゾンで安めの調光レンズのサングラスが2000〜5000円くらいで売ってたりします。が、なんか評判が良くなかったり、怪しい商品だったりします。

有名メーカーだと、かなりお高くなってしまいます。

そんな中、台中にあるデカスロンでは割引セールをやっていて、799元(約3000円)で買うことができました。(定価999元、約3800円)

うーん、安い。

安いけど機能はどうなのかというところについて確認してみようとお思います。確認のために、サングラスの片方を布で包んで、片方だけを太陽の光に当てて、ちゃんと光が当たった方だけ黒くなるか確認してみました。その結果がこちら。

うーーーーん、薄い!?

いや、確かに太陽光に当てた右側だけが黒くはなっているんですが、結構薄い気がしますね。台湾の本気の昼間の光を防げるか若干不安です。が、実際つけてみて自転車に乗ってみたところ、サングラスの機能としてはちゃんと眩しくない程度に暗くしてくれるので問題ありませんでした。

ちなみに太陽光に全力で当てたところがこちら。

屋上で快晴のタイミングですので、これが限界だと思います。サングラスにしてはやや薄目ですが、太陽を直接見なければなんの問題もありません。

そして夜についても、さすがに透明レンズよりは暗くなりますが、十分見えます。なので、ロングライドをしていて昼間サングラスとして使用し、夜はそのまま透明レンズとして使用できます。わざわざサングラスと透明レンズのゴーグルの2個を持つ必要がなくなります。これは便利。

しかし、人によっては暗くなり方が若干物足りなかったり、夜少しでも視界が暗くなるのがいやだという方は2個持ちが無難ですね。私はこれ一個で全く問題ないレベルでした。有難や〜。





このサングラスだけで十分な気がするんですが、最近サングラスの便利さに気づき色々試したくなった結果もう一つ買ってみました。それが

ROADR 900 PACK 4 LENSES

またもやB-TWINの商品になります。写真はこちら。

若干(かなり?)オークリーのジョウブレーカーに寄せてる感じはしますが、オリジナルですw

こちらは黒のサングラスを始め、交換レンズが合計4種ついてきます。快晴、曇り、夕焼けなど場合に応じてレンズを交換できるようです。こちらもお値段999元。日本円で約3800円です。中身はこんな感じです。

結構しっかりした作りと、容器です。メガネのソフトケース(袋)もついてきます。

取り付け方は説明書に記載されています。この辺もジョウブレーカーを意識している感じがしますw

実際の交換はこんな感じです。

こんな感じでメガネのつばの部分のコネクタを開けて、レンズを入れ替えます。すごく簡単。しかもレンズのノーズパッドのところに磁石が付いているので、いい位置に勝手に付いてくれます。有難や。

こちらは先ほどの調光レンズのサングラス対比でしっかり遮光してくれます。また、透明レンズもついてますので、夜はクリアな視界が手に入ります。また、一枚レンズのおかげか、視界が広くなりますし、視界の上の部分が広くみえるのですごくいいです。

サングラスと透明レンズの2枚を携行する煩わしさはありますが、視界の広さはこちらの方が一枚上手な感じです。




ということで、ごく短い期間でサングラスを2個も買ってしまったわけですが、使い分けはしたのような感じになります。

 

CYCLING 700 PHOTOCHROMIC(調光レンズ)

調光レンズで昼〜夜にかけてのレンズ交換の手間がないので、都市圏のロングライドでレンズ交換の手間を省いて使用する。ただし、夜は少し視界が暗くなるので、都市圏の明るいところで使う方が好ましい。

 

ROADR 900 PACK 4 LENSES(レンズ4種)

田舎のロングライドや、目的地を決めないロングライドの時にどんな状況にも対応できるように使用する。ただし、荷物がかさばるので、サドルバッグやボディバッグの容量と相談。

 

私はどっちをメインで使うかというと、レンズ4種ついてる方かなぁという気がします。視界が広いというのが結構楽な気がします。調光レンズは夕方から適当に近場を走行する時には活躍しそうです。こんな感じで便利なサングラスが3000〜4000円くらいで買えるのはありがたいですね。さすが台湾。

この商品が売ってるデカスロンは台北にもありますので、旅行のついでに購入するのもオススメです。

ちなみに自転車用なので上記2種類を買いましたが、登山用、ランニング用、ビーチ用など、decathlonのサングラスはかなり種類が豊富なので、サングラス好きにはオススメです。

ということで本日はオススメサングラスについての記事でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。



 - その他, オススメモノ, 台湾オススメ