サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾で新しくGUSTO RCR Team Editionを購入したので価格やパーツの紹介をする件

   





どうも台湾の台中在住のたけぼーです。私の趣味の一つに自転車があるのですが、本日は新しい自転車を購入したのでそちらについてレビューをしてみたいと思います。

ちなみに私の自転車は以前記事にしましたが、GIANT TCR Advanced2 2018の青色です。記事については以下をご参照ください。

・台湾といえばGIANT、台湾でGIANTの自転車を安く買うという話

いやー、いきなり私の自転車紹介から始まりましたし、まるで私が購入したかのようですが、実は私ではなく、会社の同僚(というか上司。でも以下同僚と記載)が買ったんですね。なのでそちらのレビューになります。

もともと私の会社に自転車乗ってる人はいなかったんですが、私が乗り始めてずっと自転車の良さを説明し続けることで、今では四人の自転車乗りが増えました。そこに新たな一人として今回の同僚が加わることになりました。

背景はざっとこんな感じで、まずは買ったお店の紹介を簡単にしましょう。




格林威 KHS 功學社 . YASUJIRO TANGE .

こちらのお店は台湾のブランドを中心に扱っており、日本ではあまり見かけないものをたくさん見ることができます。ざっと、AXMAN、ASTER、KHS、そしてGUSTOなどです。全部台湾製の自転車です。

お店の目印はこんな感じ。

正面はこんな感じです。個人商店感があっていいですね。

子供の自転車やパーツなどもたくさん置いてあります。

お目当のロードバイクもあります。壁が個性的ですw

上の写真右上にGUSTOのゴールドモデルがありますね。私はこれを激推ししたんですがね。。。

このお店に私の同僚を連れてきて、一通り台湾メーカーの自転車について説明をしました。そして、

たけぼー「まぁ色々説明しましたが、見た目が好きな奴が一番です」

と説明をしたところ、あっさり決まってしまいました。それが題名にも買いたロードバイクになります。




GUSTO RCR (Team Edition Pro)

こちらは台湾のATTAQUE(アタッキ)社が作るロードバイクブランド「GUSTO」のフラッグシップモデルになります。

写真はまだ購入前の未完成車なのですが、スローピングがきつくてレーシーな感じ。かつ初期装備でカーボンディープリムのチューブラーホイールがついてきます。色もシルバーに近いグレーと、黒に近いグレーでまとめられており、渋いです。

Team Editionというモデル名も記載されています。

基本性能はこちらになります。中国語ですが感じ取ってくださいw

リアに11/34Tなので登りも楽になりそうです。サイズはSサイズでした。同僚は170cmなのですが、ちょうどいい感じです。

ゴールドモデルもあります。この面の裏側は百式ばりに金色です。ツートンカラーなんですね。ちなみにグレーも半分は明るいグレー、半分は暗いグレーのツートンカラーです。好みが分かれるところかと思いますが、私はめちゃくちゃかっこいいと思ってます。

で、この自転車の主な特徴はこちら。

●非對稱的平衡設計(Asymmetrical Balance Design)

●極光奈米烤漆(Aurora Nano Painting)

● Shimano R8000全套傳動/煞車系統

●Attaque 45mm低風阻碳纖維輪組

●車架三款亮眼色【極光鈦/火焰紅/螢光黃】提供選擇

●XTRM彎把把帶

だそうです。中国語だとなんか迫力がありますね。




ちなみに意味を説明しますと、

●非對稱的平衡設計(Asymmetrical Balance Design)

チェーンステーを非対称設計にして剛性高めてます

 

●極光奈米烤漆(Aurora Nano Painting)

特殊な塗料で40%輝度を向上させ、メンテナンスしなくても綺麗だぜ

 

● Shimano R8000全套傳動/煞車系統

新型のシマノアルテグラR8000系でまとめてます。チェーン以外全部アルテグラです。STIレバー、ディレイラー(前後)、スプロケ、フロントギア、クランク、ブレーキ。

 

●Attaque 45mm低風阻碳纖維輪組

アタッキ製45mmハイトのディープリムカーボンチューブラーを履いてます。

 

●車架三款亮眼色【極光鈦/火焰紅/螢光黃】提供選擇

色も三食あって、灰色、赤、黄色があるよ。蛍光色だよ!

 

●XTRM彎把把帶

ハンドルも特別使用で軽さと振動吸収性がすごいよ。

だそうです。この中で特にすごいのがフルアルテグラとカーボンディープリムチューブラーホイールです。あと、オススメされてませんが、フレームとフォークもカーボンです。T−1000という高級カーボン使ってますアピールもされてます。

普通に日本でカーボンフレームのアルテグラモデルを買おうと思うと安くても25〜30万くらいが相場ではないでしょうか。

そんな中このGUSTOは台湾で購入すると、なんと、

 

49800元!!(約189000円!!)

 

いや、ちょっと価格破壊がえぐいでしょうwww

ちなみに地味に値引きもしてくれて、800元お安くなりました。もう少し粘れば1000元は行けたかも。。。800元といっても約3000円です。バカになりませんね。





こちらのお店に売っている同格のカーボンチューブラーホイールが25000元(約95000円)、アルテグラR8000系をグループセットで買うと、ざっくり10万円します。

正直このパーツ揃えるだけで定価越えてるんですが、一体フレームはどこから生まれてきたんでしょうかw しかもカーボンフレームとカーボンフォーク。

きになる重さはペダルなしで7.3kg。軽い。。。ディープリムホイールですが、チューブラーということで軽量なんでしょう。

 

同僚に説明する時に何度このGUSTOの値付けがおかしいと説明したことでしょうかw その甲斐あって即決購入でした。納車もめちゃ早で翌日納車。すごいぞ台湾!

 

で、購入して早速色々見せていただきました。その写真がこちらになります。

まずは私のロードバイク(左)と並べてみました。Gスローピングフレームの元祖、GIANTよりもスローピングがきつくなってます。(スローピング、車体の平行四辺形が少し歪んでいること。スローピングがきつければきついほど乗り心地を犠牲にして早く走れると言われてます。ざっくり説明ですみません。。。)

やはりディープリム(ホイールの円周のリムと呼ばれる部分が太い、というか厚い)ホイールはかっこいいですね〜。

反対側の色はこんな感じ。このツートンカラーがめちゃくちゃかっこいい!これだけでご飯3杯食べれる!

真上から見るとこんな感じでツートンになってます。

 

ちょっとわかりにくいですが、チェーンステーの太さが全然違います。(太い方を奥にしたので遠近法で同じに見える。。。)

45mmディープリムかっこいい。。。ホイールの模様も控えめでいい感じです。タイヤはMAXXISのFORZAです。

結構高いタイヤ履いてますね〜。こういうとこ手を抜かないのに安いって、一体どうなってんでしょうね。。。

アルテグラのR8000系ってボリュームがあってかっこいいですね。105よりも太いのに軽いってなんででしょうかw

とても低価格とは思えぬクオリティが随所に見られます。そして見た目も個人的にはめちゃくちゃかっこいいと思います。

こんな自転車が20万円切る価格で買えるなんて、台湾、恐ろしい国です。もしみなさんが台中にお越しの際に自転車界たかったら私がお店を紹介しますよw(安心してください。私は一円もお店からもらえませんw)

 

ということで本日は台湾のオススメロードバイク、GUSTO RCR TLについての記事でした。やはり新しい自転車を買うということはいいもんですね。皆さんも台湾製ロードバイク、GUSTOいかがでしょうか。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願いします。

他の自転車記事はこちらになります。よろしければご覧下さい。

・台湾といえばGIANT、台湾でGIANTの自転車を安く買うという話
・台湾で自転車のケーブルが切れてGIANTで直してもらった件
・海外通販で安くパワーメーターの 4iiiiとサイクルコンピューター(サイコン)Garmin Edge 520を購入した件
・台湾といえばMERIDA(メリダ)、台湾のMERIDAの自転車価格を調べてみた件
・台湾おすすめの自転車クライムコース、武嶺(ウーリン:3250m)展望台コースを走ってきたのでレビューしてみます




 

 - オススメモノ, 台湾オススメ, 自転車