サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その5 澎湖の灯台と隠れオススメスポット〜

   





どうも台湾在住のたけぼーです。この澎湖シリーズもいよいよ最後の場所になりました。いままでの記事については以下をご参照ください。

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その1 出鼻を挫かれる〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その2 澎湖についたので観光の準備〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その3 いきなり離島のプライベートビーチ 吉貝島〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その4 トンボロ現象が珍しい奎壁山遊憩区や愛門ビーチなど〜

本日ご紹介するのは、澎湖の最も東にある灯台になります。空港がある馬公から最も遠いところですので、電動バイクでも結構時間がかかりますが、一見の価値ありです。そちらについてご紹介します。

漁翁島灯塔

場所はこの辺りになります。

私が泊まっていたシェラトンホテルからは電動バイクで2時間半くらいかかります。途中寄り道とかしちゃうともっと時間がかかるので、これを見に行くなら1日予定を取って置いた方がいいかもしれません。

さて、私はこの旅で電動バイクを借りて旅をしていました。私が澎湖に行ったのは3月なのでまだそれほど暑くなかったのですが、真夏にこれをやると日焼け対策や水分補給などしっかりする必要があるのでご注意ください。ただ、それをやってでも行くだけの景色が見れると思いますよ☆




馬公から漁翁島灯塔に向かう途中には澎湖の観光地の一つ、澎湖跨海大橋を通ることになります。

両サイドが綺麗な海に囲まれたまっすぐな橋をひたすら走る。これだけでも結構楽しかったりします。もし一人旅ではなく二人旅だったらかなりうぇいうぇい言いながら走ったことでしょうw

そしてこの橋を過ぎても全然目的地に着きません。さらにいうと建物も減ってきて少し不安になったりします。途中に現れるコンビニのなんとこころ強いことか。

ちなみに馬公から漁翁島灯塔までは電動バイクのバッテリー交換なしで行くことができます。帰りはさすがに交換必要ですが。。。

道はほぼまっすぐの一本道なのでひたすら進むと漁翁島灯塔のあたりにつくんです。まぁ途中にこんな感じのオブジェがあったりしますw イカが名物のようです。こわっw

この道をずっとまっすぐ2時間くらい進んで行くと、灯台に行く道と、街に向かう分かれ道があります。私は一度見逃して街におりてしまいましたのでご注意ください。ここ、テストでますよw

この灯台のオブジェが目印。右に進むと灯台です。私は最初さらっと左に進んでしまいました。。。まぁせっかく左に進んだので、そちらを先に紹介するとこんな感じです。

はい。灯台にたどり着けません。。。でも、でもですよ。代わりと言ってはなんですが、それなりにいい景色を見つけました。

大海原が一望できる広場。ここも結構居心地がよくて、数十分はダラダラしてしまいました。ボーッと海を見るってのは贅沢なもんです。




で、気を取り直して道を戻り、いざ灯台に向かうんですが、その途中にこんなところがありました。

大砲の偽物です。航空機からの索敵で誤情報を流させるために作ってたみたいですね。なんだかんだ戦争の遺跡が多く残っているところが切ないです。

ちなみにここまでくれば灯台はもう目と鼻の先です。そのまま進んで行くと灯台の入り口につくので、そこの駐車場にバイクを止めて徒歩で向かいます。

灯台の入り口付近には軍の施設があるので、写真を撮るときは注意が必要と事前情報があったんですが、特に警備もおらずドフリーな状態でした。でも監視カメラはバッチリあるのであまりはしゃがない方がいいでしょう。

で、この灯台の入り口ですが、ポストがあるので、ハガキも送ることができます。もちろん準備していないので出せませんでしたが、珍しい消印押してもらえるかもしれませんので興味がある方はどうぞ。

灯台のなかは意外にこじんまりとしていますが、なんとも言えない南国感がたまりません。

建物は全て白色で統一されており、芝生の緑や空の青に映えます。建物がいくつかあって、そこは展示物があります。

こんな感じで当時の写真を見るのもいいもんです。灯台の敷地ですが、嬉しいことに公衆トイレも完備です。

ちょっとわかりにくいですが、壁に化粧室の案内が。海外のトイレ確保って意外に難しいんですよね。ありがたい話です。

ここでもこんな感じでまったり過ごして見ました。ちょうど人が少なかったのでいい感じでした。観光地はどこでもそうなんですが、ゆっくり見れることほどの贅沢はないと思います。

そして灯台の近くの建屋からは海が一望できます。あいにく少し曇っていたんですが、それでもなお綺麗でした。そしてこの灯台あたりを堪能して帰ることにしました。

これが出口の写真。少し軍事施設感がありますね。このひらけた平地感がたまりません。高い建物は何もなく、ただただ平地が続く様は一見の価値ありです。




 

灯台を出たところにバイクの駐車場があり、帰ることになるのですが、、、

こんな感じの横道が出てくるわけですよ。電動バイクで走る道じゃないよな〜とおもいつつ、誰もいないので突撃w

なんかこんなところが見えてきます。その辺りに近づくと、、、なんと、、、

街が一望できました。写真は色を盛ってますが、いいところでした。なんかイタリアみたいな雰囲気ありました。

でもやはり、、、

この辺りも防空壕として使われたであろう遺跡が見つかります。周りに誰もおらず、観光用に整備もされていない状態です。なんとなく沈痛な面持ちになります。。。台湾との未来は明るいものでありますように。。。

 

この辺りはこんな感じで引き返していきました。

 

そして一度横道に味をしめた私はまた別の横道へ。。。

 

するとそこでも。。。

なんかいい雰囲気のベンチ!

もちろん写真の色は盛り盛りで!!でも綺麗でした。

こういう開放的なところでやることといえば、、、

そう、自撮りw

これも取れるまでかなり頑張りましたw 一人だとこの辺が辛いんですよねw

でも少し寄り道をすることでいろんな景色が見れることがわかったので、今度誰かと来るときはドヤ顔で紹介してあげようと思います☆




 

そして時間は過ぎ、帰路につきます。きた道をまた帰り、馬公の港でタピオカミルクティー飲んで一服。

あぁ、一人旅だけど、、、こんなに楽しい旅になるとは思ってもみませんでした。台湾という国がそうさせてくれているのでしょう。いい国です、台湾。みんなもきっと好きになる。はず。

帰りは空港まで電動バイクで行き、そのまま駐車場に乗り捨てOKです。便利ですね。

そして予想外だったのが、台中の夜景がすごく綺麗だったこと。

普段住んでる街も上空から見ると別の世界のようです。

こうして無事台中に戻ってまいりました。

今回の澎湖ひとり旅。控えめに言って、、、、

 

最高でした!!

 

台湾が好きです。本当に。

景色も、人も、料理も、、、何もかも。。。

 

私は運良く仕事で台湾に住んでますが、こういう世界もあることを子供に伝えたい、そう強く思うこの頃です。台湾の熱気、勢い、歴史、温かさ。そう言ったものにもっと多くの日本人が触れて見てくれることを願うばかりです。

この近さでこれだけ楽しめる台湾。

 

なんどでも言いましょう。

皆さんは台湾を、きっと、もっと、好きになる。

 

以上でこの旅は終わりです。長らくおつきあいをいただきありがとうございました。
他にも台湾のいいところをご紹介できればと思い、ブログを続けます。
今後とも何卒宜しくお願いします。

一応前の記事を参考までに載せておきます。よろしければご覧下さい。

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その1 出鼻を挫かれる〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その2 澎湖についたので観光の準備〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その3 いきなり離島のプライベートビーチ 吉貝島〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その4 トンボロ現象が珍しい奎壁山遊憩区や愛門ビーチなど〜

・台湾のオススメ観光地「澎湖」の一人旅レビュー 〜その5 澎湖の灯台と隠れオススメスポット〜




 - その他, 台湾オススメ, 台湾グルメ