サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中の個人ホイールビルダーのお店「SOLE 車狂之家手編輪工作室」に行ってみた件

   





どうも台中在中のたけぼーです。本日はロードバイク用のホイールについての記事を書いてみようと思います。ロードバイクに乗り始めた方が必ず通るホイールの悩み。そこに一つの選択肢を増やすことになるかと思いますw ただでさえ悩むのに、さらに悩ましくなる。そんなホイール沼へようこそ。

まず、ホイールを買う場合にどういう選択肢があるかということですが、一般的には有名メーカーのホイールを買うことになります。シマノ、カンパニョーロ、フルクラムなどの超有名どころから、マヴィック、ZIPP、DT Swissなどのちょっとロードバイク知ってる感があるメーカーなどがあります。

超有名どころのいいところは、性能が安定していたり、サポートも手厚かったり、使っている人が多いのでどういうホイールかという情報が多いというところでしょうか。何よりこのホイールどや!って感じにもなれますw  で、悪いところというか、もう少し頑張ってもらいたいところは、性能がお値段相応だったり、万人向けになってしまうということです。たくさんの人に売らないといけないので仕方ないんですがね。。。




ではそれ以外の選択肢はどうでしょうか。

まず有名なのはWiggleなどで売っている海外通販会社のプライベートブランドのようなホイールです。Primeなんかが有名です。それらはあまり有名ではない(最近はかなり有名になってきてますが)せいか、価格がお手ごろな割に性能がいいという面があります。割りと大手が手掛けるのでサポートも安定していそうです。

ただ、情報が少ないので本当にいいものかどうかがわかりにくいところはあります。また、一部劣悪な材料を使用して価格を下げているものもあるらしく、安全面で不安があるものもあるそうです。

この辺りはギャンブル的要素もありますが、安くいいものが買える可能性もあり、これはこれで楽しいジャンルかと思います。




そして最後に今日の記事にする、「個人や小さな企業で作って売るホイール」があります。日本にもいくつか個人ビルダーがいるようで、有名どころですと、メカニコさんや、のむラボさん、LWCさんなどがあります。どれも超有名店より低価格で、スペックが良いものを売っています。

また小さな規模で作っているため、いろんな要望に対して臨機応変に対応してもらえることがあります。あとは作り手さんが情熱をもって作っていることが多く、熱い気持ちもついてきますw

そんな個人や小さな企業でホイールを作るメーカーが台湾にもあったのでご紹介します。たぶん日本で初めての紹介になります。

それが「SOLE 車狂之家手編輪工作室」さんです。

台中でホイールを探していたらたまたま見つけて、見た目もかっこいいので気になりました。気になったのなら見に行こうということで、早速いってきました☆

まずはお店外観から。

地図がこんな路地を指してきたので、地図が間違っていると思いましたw でも勇気をもって進むと、

はい、ありました。しかし完全に個人の家ですね。店舗としては営業していないようです。でもせっかく来たので電話したら快く中を見せてくれました。行きなり片言の怪しい日本人が来たのに見せてくれるなんて、ありがたい話です。




家の中には過去のホイールだったり、性能比較用のカンパニョーロボーラワン(高性能ホイールの代表格)がおいてあったりします。

ここでガチで一つ一つ手作りしているとのことでした。すべて受注生産で、注文後4-6週間の納期だそうです。

リムとスポークは汎用品を選んで使っているようですが、ハブはオリジナル設計のものだそうです。お店のサイトをみてもハブの設計について色々と説明してくれてます。重心が大事的なことが書いてあります。

SOLEさんの強みは、カンパニョーロボーラワンの剛性を数値化して、それよりも剛性が高いホイールを安価で売っているということです。

台湾販売サイトはこちら

例えば、45mmリムハイトのチューブラーモデルが重量1230gで25000元(約95000円)とかです。ちなみにカンパニョーロボーラワンは20万前後しますのでその半分くらいの価格で近い性能のものが買えることになります。




これをみて私が興味を持ったといっても過言ではありません。実際にいって話を聞くと、スポーク(ホイールの中心パーツと、外周パーツをつなぐ細い金属の棒部分)は一般的なステンレスの物を使っているということでした。通常軽いホイールには計量スポークが使われるのですが、それに標準的な重さの物を使ってこの軽さ。ってことはリム(ホイールの外周部分。ここの軽さが重要)がめちゃくちゃ軽いんじゃない?と思ってしまいます。

てかいきなり来た日本人にこんなに情熱的に説明してくれるなんて、何ていい人なんだろう。

ということですっかりわたくし虜でございますw

いまSOLEの店主が力をいれているのはリムハイト38mmのカーボンクリンチャーモデルで、1290g 28000元(約106000円)だそうです。軽さからすると安い!

日本の個人企業さんたちと比べると同等くらいですかね。でもせっかく台湾にすんでるので台湾のものを買ってみたいですよね☆

といいながらまだ買う決心はついてないんですけど(爆)。でもしばらく悩んだ後に買ってしまいそうな気はします。そのときはもちろん記事にしますのでお楽しみに!

ということで本日は台中の個人ホイールビルダーさんの紹介でした。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。



 - その他, オススメモノ, 台湾オススメ, 自転車