サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

台中のおすすめ観光地「高美湿地(ガオメイスーディ)」に自転車観光してきたのでレビューする件

   





どうも台中在住のたけぼーです。本日は台中で有名な観光地である高美湿地(ガオメイスーディ)という場所に行ってきましたので記事にしてみようと思います。

高美湿地ってどんな場所?

まずは地図で場所を確認します。

若干海に入ってますが、湿地帯に道があり、海の方まで出ていけるので間違いではありませんw 台湾港の近くにあり、大きな湿地帯がきれいな場所です。時には台湾のウユニ塩湖と称されることもあります。湿地に日の光が反射して空が映るところから言われているようです。

が、実際はそれほどの景色はかなり条件がよくないと見れません。でもきれいな湿地にいろんな生物が見れたりするのでお勧めです。




実際に台中都市部から高美湿地に行ってみた

私は台中のほぼ中心くらいに住んでいるのですが、そこから高美湿地まで約28kmくらいです。実際のルートを確認してみましょう。

往復で約67km。行きはだらだらした上り、帰りは丘を一つ越えることになります。帰りの疲れたタイミングで登りが少し大変ですね。

ざっくりしたルート説明は、「国道1乙」線(1乙は1号線の複線的な意味かなと思います)を使って高美湿地まで直線的に向かい、帰りは「国道1号」と「向上路(シャンシャンルー)」という道を通ります。

この日は朝の6時に出発しました。朝早く出発するのにはメリットがたくさんあります。

  • 朝早いと都市部の車が少ない
  • 気温が比較的低い
  • 走り終わった後も午後に時間があるので休日をエンジョイできる

というところでしょうか。

安全はやはり重要で、車は少ないに越したことはありません。これだけでもかなり朝早く出発することのメリットがあります。そして暑い台湾では朝は比較的温度が低くて乗りやすいというのもポイント高いです。3つ目は自転車以外も楽しみたい方ならわかっていただけるかとw

ということで自転車の旅、はじまりはじまり。

装備はボトル2本と修理キット、そして何かあったときにタクシーで帰ってこれるだけのお金ですw





都市部は車が少ないとはいえ若干の坂道なので息を切らせつつ進みます。少し涼しいおかげで何とか快適に進むことができます。空港のあたりを過ぎて海側に出るときに急な下りを進むことになります。そのくだりのおかげで結構高いところに来てるんだなと確認できます。それとともに帰りの坂が怖くなりますw

坂を下って海に近づいてくると、周りに高い建物や、山がなくなり平坦な道と空だけが見えるようになります。

こういう何気ない景色がきれいなんですよね~。ちなみにこの道は自転車専用道路です。自転車道が整理されているのが台湾のすごいところです。日本ももっと整備が進んでほしいところですね。

そして海に向かって漕ぎ進めると、高美湿地のシンボル、風力発電施設が見えてきます。大地に整然と並ぶ風力発電機と青空。とてもきれいです。

ちなみに風力発電があるということは、風が強いということです。行きか帰りに必ず向かい風になりますので、そこは覚悟しましょう。

とりあえず風車を見て目的地を確認する我々。(この日は2人で自転車のってました)

そして、高美湿地の目的地に着きました。

こんな感じで海に道が作られており、歩いて先端まで行くことができます。しかし、私はビンディングシューズでしたし、自転車を持ち込むことは禁止されていたので、ここで見るだけにしました。

ここは夕日が特にきれいなんですが、なんせ我々昼前に到着しましたので、夕日は楽しめませんでした。それはまた別の機会に。次にバスかタクシーできたら見に行こうと思います。

看板にはいろんな生物がいることが説明されています。中国語なのでわからないこともありますが、絵が描いてあるので大体何がいるのかはわかります。

近くの自販機で台湾のオリジナルコーラを飲みます。めっちゃドクターペッパーです。よく黒松コーラ(くろまつこーら)と呼ばれたりします。中国語だとヘイソンサースーです。





そしてひとしきりうろうろして、暑くなる前に岐路につきます。

帰り道は行きとは別ルートで帰ります。風力発電の風車の近くを通って風車の大きさを体感します。

帰り道は1号線を南下して、向上路(シャンシャンルー)を使って都市部に戻るルートになります。1号線から向上路に入るあたりにコンビニがあるので、そこで休憩するといい具合に休めます。

台湾はコンビニがたくさんあるので自転車乗るのにほんと便利です。こちらで飲み物や食べ物を補給しつつ、帰りは向上路の坂道をがっつり上ります。帰り道でまぁまぁ疲れているところの坂道なので、結構足にきますw

その坂を何とか上り切れば、あとは下りと平坦で家まで帰ることができます。この日はそこまで暑くはないとはいえ、30度は超えてきます。まだ6月初旬なんですが、さすが台湾。

改めて全行程の記録を見てみましょう。

実際は朝6時に出発して、11時ごろに帰ってこれましたので、5時間くらいかかったことになりますかね。休憩と観光もかねているのでこんなもんでしょう。カロリーも1400kcal程度と男性の1日に必要なカロリーの半分強を消費できました。これは痩せる。

さらにこの日は午後も自由時間なので、買い物に行ったり、飲みに行ったりと時間を有効に使うことができました。飲みにもいったので、カロリーの収支は最終的にプラスまで行ったと思いますw 残念w

ということで本日は台中の有名観光地、高美湿地(ガオメイスーディ)に言った話でした。
最後まで読んでいただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいます。

そのほかにも色々台湾お勧めがありますのでよろしければご覧ください。

台湾の有名観光地、日月潭(リーユエタン)に自転車で行ってきたので紹介する件
台中のオススメ自転車用品ショップ「速度公園」について紹介してみる件
台湾おすすめの自転車クライムコース、武嶺(ウーリン:3250m)展望台コースを走ってきたのでレビューしてみます
台中の個人ホイールビルダーのお店「SOLE 車狂之家手編輪工作室」に行ってみた件




 - 台湾オススメ, 自転車