サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

たけぼーが日記を書くということのメリットについて紹介する件

   





どうも弱小ブロガーのたけぼーです。本日は私が長年続けていて本当に良かったなーと思う習慣をご紹介しようと思います。

それは「日記」です。

皆さんも一度は日記をつけてみようと思ったことがあるのではないでしょうか。とりあえず始めるために日記帳やノート、お気に入りのペンを買って書き始めます。で、3日くらいであれ?そろそろ書くことなくない??意外に時間かかってめんどくさくない??ってなるんじゃないでしょうか。

まぁ実は私もそんな感じだったんですが、いろんな理由があって何とか乗り越えてきました。そしてどれぐらい私が日記を続けているかというと、2002年から書き始めて、

今ではなんと16年になります。

私は今35歳なので、5年後40歳になったら人生の半分は日記をつけていることになります。なぜこんなに続けることができたのか、私なりに考える継続の方法についてご紹介させていただこうと思います。

皆さんの日記に対するハードルを少しでも下げて、日記をつけることが楽しみになるように手助けができればと思いますので、しばしお付き合いください。

 

どれくらいの文字数の日記を書いているのか

皆さん日記を書くと考えた場合、どれくらいの量を想像しますでしょうか。A4ノートや、ルーズリーフ1枚?半分くらい?? まずそう考えられたかた、

日記大変すぎぃぃぃぃ~

ってなります。よっぽど文字書くのが好きでなければ続けられません。もちろん書き続けられる人もいるかと思いますが、毎日の目標が高すぎるとしんどい思いをすることになります。

そこで、私がお勧めする日記の分量は、

80~100文字程度!!

です。どうでしょうか皆さん、少ないと思いましたでしょうか。ちなみに私のブログは1記事大体2000字程度書いているんですが(今回の記事は長くて約5000文字書いてますが)2000字書くのに大体1時間~2時間かかります。もちろん写真を載せるために加工したりするのでそういったことにも時間を使ってますが、大体2000字に1.5時間としましょう。

すると22.2文字/分くらいで書けるわけです。80~100文字だと大体4~5分ですね。どんなに忙しい人でも1日に5分捻出できないという方は少ないはずです。そうはいってもその5分が難しいんだよ、、、という方は残念ながら向いていないのかもしれません。。。

何とか5分捻出できるという方は読み進めていただければ幸いです。




 

実際どんな日記なのか。どう書いたらいいのか。

たけぼーの日記なんて需要ありませんが、どんな感じで書いているのかをご紹介したいと思います。

字がめちゃくちゃ汚いので見せられたものではないのですが、ざっとこんな感じです。手帳サイズのウィークリータイプのものに、20字 x 4行が基本です。これくらいの量で、その日の出来事を羅列するか、印象に残ったことを書くようにしています。

画像を見るとわかるのですが、間違えて横棒で消したり、左上のほうの空白は書くのを忘れて、しかも特に何も起こらなかった日ということで、書くこと無しとしている部分もあります。

こんな感じでやんわり書くルールにすれば続けることができます。とにかく続けることが重要です。そのために自分で厳しいルールを科すのではなく、できる範囲のことをやりましょう。

これを寝る前の5分や、次の日のどこかで5分程度書くことにしています。

これを続けるコツは、何が何でも1週間書いてみるということです。そうするとページが増えるのでモチベーションが上がります。

そして2週間、1か月と続けばもう後は続けられると思います。とにかく最初の1週間、7日 x 5分 = 35分 頑張ってみてください。その35分が今後の数年、数十年につながっていきます。

ほんとに毎日5分じゃ無くてもOKです。1週間をまとめて35分で書いてもOKですし、2~3日に1回15分程度でもOKです。とにかく時間ができたらその時に書けばいいのです。

あまり自分で厳しいルールを作らず、いいことがあったら書こうとかでもいいのでまずは続けてみて、自分のスタイルをぼちぼち作っていけばいいかと思います。



 

日記には何を書いたらいいのか

これは本当に自由です。「日記は何のために書くのか」によります。

私は自分に起こった出来事や、その時の感情を事実のまま書くようにしています。

例えばですが、ある日の日記では、

「朝からパンが食べたくなったので、桑名の壱番かまどに行った。安くておいしかった。そのまま東員のイオンに行って買い物をした。特に何を買うでもなくぶらぶら。帰って晩御飯にコロッケを作った。味は普通。」(99文字)

自分で書いていてなんて味気ない日記書いてるんだとおもいましたw 日記さらすとかめちゃくちゃ恥ずかしいwww

まぁこの日は特に印象に残ることがなかったので、行動を淡々と書いたんでしょうね。日記をみて、この日は珍しくコロッケをたけぼーが作ったんだなぁと思い出しました。こういうことはたまに読み返すと思い出せて面白いですね。

で、こんな感じの日記が16年分たまってくるわけです。そうすると感動した日とか、記念日に何をしたとか記録が残るわけです。

たとえば子供が生まれた日に雪が降っていたことや、本の「星の王子様」を読んで感動したこと、台湾に住み始めた時の不安と期待、そういったことが記録として残ります。すると、

自分が書いた文章なので、その時の記憶が鮮明によみがえるのです。

これは本当にすごいことなんで、皆さんも試してもらいたいです。自分が書いた文章というのは、いろんなニュアンスから選び抜いた言葉を使っているので、読むだけでその時の細かな気持ちを思い出せるのです。

16年も日記を書いていて、全部思い出せるというわけではないのですが、印象深かった日は覚えているものです。記憶を記録にすることで、いつまでも色あせない自分の人生を再確認することができます。




 

たけぼーの日記はこんなものを使ってます

先ほども少し写真に出したのですが、日記に使っている道具を紹介しようと思います。

まず、メインの日記カバーはこちらです。

PORTERの日記カバーを使用しています。もともとは無印のハードケースのようなものを使っていたのですが、奥さんが(当時彼女だった時代に)プレゼントしてくれたのでそれ以来ずっと使ってます。15年は使っていると思いますw

そしてボールペンも奥さんがプレゼントしてくれたものになります。2008年にプレゼントされたので、かれこれ10年つかってますね。モンブランのボールペン「スターウォーカー」です。私には高級すぎますが、いいものなので毎日使わせていただいてますw

こういう感じで自分に合う道具などを見つけることでさらに日記のモチベーションが上がります。みなさんもお気に入りのペンを見つかるといいですね☆

最後は日記の紙です。

どこのメーカーでもいいんですが、とにかくミニ6穴サイズで1週間が1ページになっているものを使用しています。16年の間にいろんなメーカーのものを使っているので、統一感に欠けます。しかし大事なのは記録なので書ければOKです。こちらは台湾で14元のものです。50円くらいですね。安い。

これを手帳に挟むと大体3~4年分くらいは挟むことができます。それ以上の分は保管用のファイルを準備して保管しています。いずれ読み返したくなった時に読めるようにしておきます。(あんまり読み返すことないんですけどねw)

こんな感じの道具を使って毎日少しずつ日記を書き溜めています。




 

どうやって日記を続けることができたのか

これはあまり参考にならないかもしれませんが、こんなきっかけもあるということをご紹介しようと思います。

たけぼーが日記を始めた理由は、奥さんとの交換日記がきっかけでした。当時はまだ付き合い始めで交換日記を書くなんて純粋なことをしてたんですねw まぁ奥さんからすれば私の行動を把握して、変なことをしないか監視する目的もあったのかもしれませんwww

で、交換日記としてお互いに始めたわけですが、すぐに奥さんからの日記がなくなりますw まぁ飽きたんでしょうねw でも私は日記を書くように指示されましたので、淡々と書き続けたわけです(思えばこの辺で力関係が決定しましたw)。最初はA4ノートを使って結構な量を書いていましたが、それではやはり続かないということで、どんどん文字数が減っていき、今の量に落ち着いたわけです。

そうこうしている間に手帳カバーをプレゼントされたりして、今まで書き続けている次第です。奥さんの術中にがっつりはまってますw

でも今となってはとってもいい習慣をつけてもらえたなぁと思います。理由はこの後で。

 

日記を書くことで起こるいいこと

16年日記を書き続けているわけですが、日記を書いててよかったなと思うことはたくさんあっても、書かなければよかったと思うことは一つもありません。ほんといいことばかりです。なのでいいことを紹介してみようと思います。

・文章を書くということに抵抗が少なくなったこと

これは日常生活において最も大きな影響を与えていると思います。仕事でレポートを書いたり、こうしてブログを書いたりすることへの抵抗が少ないです。文章の質においては皆さん思うところはあるでしょうが、言いたいことを多少なりとも文字にすることはできていると信じてますw

 

・長期間継続した実績があるので、頑張ればどんなことでも続けられると思えること

こちらもかなりいい影響を与えています。なんせ16年も続けてこれたんです。これから何かを始めるにしても、コツコツやれば続けられるという自信がつきました。おかげでブログをここ数年続けることができています。

 

・自分の考えを振り返ったり、昔考えていたことが今できているか確認できること

ある時いいことを思いついても、何日かすると忘れてしまうことがあると思います。日記を読み返すとその時強く思ったことが書かれているので、「あぁ、この時こう考えてたなぁ。今それができてるかなぁ」とか振り返ることができます。思い出すことで再チャレンジすることもできます。自分に向き合うという意味ですごくいい影響を与えてくれてます。

 

・もしたけぼーがこの世から去ったとき、どんな人間だったかわかってもらえる(と思う)

これは子供に向けたメッセージですかね。ちょくちょく子供についての考えを書いているので、もし何か起こった時にお父さんはこう考えていたんだよ。みたいな記録を残せるのかと思います。いや、まだ80年は生きるつもりですけどねw

 

・日記を長期間続けていることを人に言うと驚いてもらえる

たまたまたけぼーの手帳を見かけて日記の存在に気付く人がいて、その人に説明するとかなりの確率で驚かれます。そしてみんなこう言うんです。

「字が汚いねw」

いやそれ日記と関係ないからっ!!

そんな感じで話のネタになります。これは期間が長ければ長いほど驚かれますので、皆さん今日からレッツスタート☆




 

最後に

さて、たけぼーの日記についての思いを色々書いてみました。1日5分の投資としてはかなりパフォーマンスがいい習慣だと思います。この記事で皆さんが日記を書くきっかけになることができれば、これ以上のことはありません。

記事のまとめを書きますと

  • 日記は1日80~100文字くらいでOK。続けられる分量が大事。
  • 1日5分くらいでOK。毎日書いても、何日かでまとめてもOK。続けることが大事。
  • 最初の1週間頑張れば次の1週間が頑張れる。それが続けば何年も頑張れる。
  • 道具を買うなどしてモチベーションアップ。
  • 日記がたまったらたまに過去を振り返ってみよう。

という感じですね。上の5点が大変と思って何もしないか、とりあえず1日5分出しやってみようと思うかはあなた次第です。何度もいいますが、たけぼーは本当に良かったと思っています。皆さんにもこの思いを感じてほしいと願っています。

 

逆にすでに日記を書いている人で、もっとこうすればたけぼーの日記の価値が高まるのに、、、とお考えの方!こっそりコメントで教えてもらえると嬉しいです。日記書いてる知り合いが皆無で、皆さんの日記の書き方に興味があります。

以上本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。




 - その他, オススメモノ, 文房具