サラリーマンを趣味にする(趣味リーマン)

三重と台湾から地域性のある情報を発信していきます。その他色々とオススメのものについて書くブログです。ごゆっくりどうぞ。

PILOT(パイロット)製万年筆 μ701(ミュー701) が壊れたので修理に出してみる件 ~修理後の書き味について~

   





どうも字が下手だけど万年筆大好きたけぼーです。私はPILOT製の古い万年筆「μ701」という万年筆を持っています。下の写真がμ701です。かっこいい。

 

そしてこの万年筆、使っているうちにインク漏れが起きるようになりました。その経緯については過去の記事をご参照頂ければと思います。

PILOT(パイロット)製万年筆 μ701(ミュー701) が壊れたので修理に出してみる件

PILOT(パイロット)製万年筆 μ701(ミュー701) が壊れたので修理に出してみる件 ~実際に修理をしてもらいました~

 

液漏れする状態だったのですが、PILOTの修理センターに送ることで無事修理ができました。「やり」と呼ばれるパーツ交換がメインの修理でしたが、それに合わせて「ペン先調整」もやってもらっていました。

実は修理に出した時にはμ701はペン先がいい状態ではなかったようです。個人的には十分使えるレベルでしたが、プロが見てそういう状態ということで修理をお願いしました。

ペン先修理に当たっては傷が付くという話でしたが、帰ってきたμ701を確認すると全然傷なんて見えないレベルでした。プロの修理すごい。。。

 

そしてこの度久しぶりにインクを入れてμ701を使ってみようと思います。




 

今回使うインクはこちら

今回は台湾の万年筆メーカー「SKB」が販売するインク、「空青」を使います。「青空」じゃないのかと思うかもしれませんが、「空青」が正しい名前です。中国語の発音だと「コンチン」ですw

台湾っぽい外箱でかっこいいですね。SKBのインクは小さくてかっこいい箱に入っているので、集めるのも楽しそうです。こちらは日本であまり売っているところを見かけませんので、台湾にお越しの際は是非購入をご検討ください。台北のSKBのお店がこの辺にありますのでご参考まで。1つ500円くらいです。

 

ちょっと話がそれました。

さて、万年筆にインクを入れて行きましょう。

 

パイロットμ701のインクの入れ方

まずμ701の中の軸を開けて、コンバーターと呼ばれるパーツを出します。ちょっと写真がインク入れた後のものなのでインクついちゃてますが、このコンバーターのネジを一番下まで回して下げます。

そしてペン先をインクに思い切ってつけて、コンバーターのネジを上に巻き上げます。

写真で切れてますが、上の方でネジをくるくるしてます。

そしてペン先をインクからだし、拭きあげて完成です。

いよいよ準備が整いました。




 

実際に字を書いてみよう

久しぶりにμ701で字を書いてみようと思います。さてどうなるか。

 

字が下手なのはみないことにして、見事に蘇りました。いや、もともとペン先は問題ないと思ってたんですが、調整をされたこのμ701は以前に比べてインクの出が安定しています。

具体的に言うと、昔はまっすぐの線を引いても途中で濃淡ができて不安定だったものが、線の引き始めと終わり部分のみ濃淡ができて、安定したと言う感じです。写真だと見えないと思いますが、にやけてしまう書き味です。

 

比較として2年前に書いた字を見てみましょう。

新しいインクを買ってテンション上がった時の感想が書いてあります。この頃コンバーターも切り替えたんでしょうね。懐かしい。

いや、そこがめいんではなく、例えば「銀」と言う字と「玉」と言う字で太さが違うのがわかりますでしょうか。こんな感じでインクの出が不安的で線が安定していなかったんですね。

とはいえこれでも十分実用にたえるので私はガンガン使っていました。でもそれはプロからしたらダメな状態だったんでしょうね。。。ごめんねμ701。。。こんな状態で酷使して。。。

だが時は過ぎ、PILOTでメンテナンスされたμ701は見違えるほど安定して帰ってきました。やはりプロの修理は違いますね。本当に修理にだしてよかったです。(いや、本当はパーツ交換だけのつもりだったのに、こんなによくしてもらってありがとうございます。PILOTさん!!)




 

修理を終えて

今回初めて文房具の修理をしてもらいました。修理すればコンディションが良くなってますます文具への愛着がわいてきます。このμ701はこれからも第一線で使っていこうと思います。

いつか私の子供が「このペンかっこいいね、ちょうだい」と言ってくれる日が来ることを信じて。

子供に万年筆を受け継ぐってなんかかっこいいですよね。まぁ受け継いだあと私は新しいのを買うでしょうけどねw

と、そんな妄想をしつつ、今回の万年筆修理の話はここまでになります。みなさんもし文房具の不調や故障でお悩みの方はどうぞ修理に出してみてください。いいことしか起こらないと思います。少しお金がかかりますが、決して高くはないですし、(金ペンのペン先交換とかは高いかもしれませんが、、、)それに見合った価値が返って来ると思います。

みなさんもどうか文房具との良い時間をお過ごしください。

以上最後まで読んでいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

 

前の記事はこちら

PILOT(パイロット)製万年筆 μ701(ミュー701) が壊れたので修理に出してみる件

PILOT(パイロット)製万年筆 μ701(ミュー701) が壊れたので修理に出してみる件 ~実際に修理をしてもらいました~

 




 - その他, 修理, 台湾オススメ, 文房具